ホンダ・S660(6MT車)試乗 シンプル・イズ・ザ・ベストのインテリア(3/7)

S660のエクステリアに続いて、次はインテリアの紹介になります。

ホンダ・S660 試乗車 α (MT)

ホンダ・S660 試乗車 α (MT)

試乗車は2グレードあるうちの上級グレードにあたる「α」です。
車両本体価格はMT、CVTともに218万円~となっており、オプション次第で価格に違いが出ます。

シンプルだけどワクワク感も!これがスポーツカーのインテリア

早速、インテリアを見ていきましょう。

ホンダ・S660 試乗車 α (MT)

ホンダ・S660 試乗車 α (MT)

ドアを開けてみて思ったのはスイッチ類の位置が低い!

ホンダ・S660 ドア

ホンダ・S660 ドア

実際に座ってみて分かったのですが、それだけ着座位置が低いということですね。

ドアの内側に関してもソフトパッドの部分はなく、触れるところ全てが硬いです(汗)

ホンダ・S660 ドアスイッチパネル

ホンダ・S660 ドアスイッチパネル

ドアハンドルはメッキになっており、ペダル類はステンレス製になっていました。
この辺は他の車種とは一線を画し、スポーティーに仕上がっていることが分かりますね。

運転席は意外にも未来的とも言えるようなデザインですが、これはこれで悪くはありません。

ホンダ・S660 運転席

ホンダ・S660 運転席

メーターですが、見下げ角や光の入り込みまで検討を重ねたというもの。

ホンダ・S660 メーター

ホンダ・S660 メーター

これは、ドライビング時に発生するストレス要素を排除することを考えた上での設計だそうです。
ただ走るだけを考えてない点でも、高評価のポイントですね。

メーターの横に目を向けてみると、エンジンをスタートするボタンとは別に「SELECT」のボタンがあります。
こちらをONにすることで、アンビエントメーターがデフォルトの白色から赤色に変化!

ホンダ・S660 メーター 「SELECTスイッチ」ON時

ホンダ・S660 メーター 「SELECTスイッチ」ON時

中央のリング照明がレブインジケーターとして機能し、瞬間燃費表示もターボブースト表示に変わります。
こちらのSELECTボタンは、試乗車である6MT車に装備されたものです。

それに対し、CVT車はボタンが異なり「SPORT」ボタンが付いています。
6MT車の「SELECT」ボタンは走行モードの切換えはありませんが、CVT車では走行モードを切換えることが出来ます。

説明によると、より素早いアクセルペダル操作にも応えるレスポンスが得られるようになっているとのことです。
私が伺った店舗ではCVT車の用意はなかったので、どんな感覚かは未確認ですが、ここは気になるところですね。

インテリアの各パーツを見てみても、派手さはなくシンプルに仕上がっています。

ホンダ・S660 内装

ホンダ・S660 内装

オートエアコンの操作スイッチも流行のタッチパネル式ではなく、一般的なボタン式になっています。

ホンダ・S660 センターパネル

ホンダ・S660 センターパネル

あまり最先端を取り入れてないインテリアがスポーツカーらしくて良いのでしょうか。
逆にこのシンプルさが高級車などと違ったワクワク感があります。

スポンサーリンク

専用開発されたスポーツシート

シートは本革&ラックススエードのスポーツレザーシートになっています。

ホンダ・S660 シート

ホンダ・S660 シート

シートそのものはたっぷりとしており、触れてみるとラックスエードの手触りの良さを感じます。

こちらのシートですが、妥協なきスポーツシートとして専用開発されたものとなります。

ホンダ・S660 シート

ホンダ・S660 シート

横Gを受けるワインディング走行時でも正確な運転操作が出来ることを考えたそうです。
試作を何度も繰り返した上で、身体とのわずかな隙間にも目を向け、形状や硬さともに最適なものに仕上げたもの。

それ以外にも長時間座ってても疲れにくいクッション性の獲得を目指すなど、シートの内部にも工夫が施されたものになっています。

シートにレザーが使われていますが、他にもステアリングやシフトの部分がレザーになっています。

ホンダ・S660 ステアリング

ホンダ・S660 ステアリング

ホンダ・S660 シフトレバー

ホンダ・S660 シフトレバー

もちろん、オプションなどといったこともなく、標準装備です。

ほぼ無いに等しい収納スペース

S660の収納スペースも確認してみました。

一番目立つ部分で言えばグローブボックスになりますが、開けてみるとこんな感じ・・・

ホンダ・S660 グローブボックス

ホンダ・S660 グローブボックス

車検証を入れることが多いかとは思うのですが、その車検証がクリアファイルに入って折られて収納されていました。

他にはドアの部分に気持ちばかりのスペース

ホンダ・S660 ドアポケット

ホンダ・S660 ドアポケット

シフトの前後にはドリンクホルダー

ホンダ・S660 ドリンクホルダー前

ホンダ・S660 ドリンクホルダー前

ホンダ・S660 ドリンクホルダー後ろ

ホンダ・S660 ドリンクホルダー後ろ

サイドブレーキの横にもわずかなスペースがある程度です。

ホンダ・S660 サイドブレーキ横収納

ホンダ・S660 サイドブレーキ横収納

収納スペースは無くはないのですが、ほぼ無いと言うのが正直なところかもしれません。
でもS660を検討する方ですと、収納スペースが購入の判断材料にはならないと思いますが・・・。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのS660を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのS660を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

S660の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

S660を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでS660の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る