ポルシェ・ボクスターS(987前期型)でこだわりのオプション

ボクスターは結局、4年乗って手放すことになりましたが、それは赤ちゃんが産まれたからであって、ポルシェに飽きたわけではありません。

ポルシェ・ボクスターS 987
オープンエアでのドライブは最高です。

維持費に関しても普通の国産車と比べてべら棒に高額になるわけでもなく、3年目の車検時にかかった費用は正確には覚えていませんが、たしか25~30万円くらいだったと思います。

オイル交換時は普通の車に比べるとオイルの量が多い(8リッターくらいだったかな・・・)ので3万円程度かかります。

故障は一度だけ。ラジエター液が漏れたくらいです。最初はなかなか原因がわからなくて2週間ほどポルシェセンターに預けたのですが、結局のところ、タンクのネジが緩んでいただけのようでした。

やっかいだったのは、漏れ出したのが、旅行の最中だったことです。

長野県から石川県方面への二泊三日のドライブ旅行だったのですが、長野県だったかどこかわすれましたが、現地のポルシェセンター(スバルが経営していたようです)でチェックしてもらって、とりあえず、ラジエターを継ぎ足し継ぎ足しでこの旅行は凌いでくださいということになりました(笑)。2リッターのペットボトル数本にラジエター液を入れてもらい、出発。

ポルシェ・ボクスターS 987
石川県は能登半島まで行きました。その時の写真です。

他にトラブルはなく、事故もなく、屋内ガレージにずっと保管していて、4年間の走行距離は1万キロちょっとだったと思います。

時間があるときは出来るだけ乗るようにしましたが、眺めているだけで楽しくなるような芸術品としての価値があるクルマです。

スポンサーリンク

さて、本題に入りますが、私がポルシェ・ボクスターを購入するにあたって、どうしても付けたかったメーカーオプションがあります。正式な名称は正確に覚えていませんが、

スポーツクロノパッケージ

ストップウオッチです(笑)。
ハンドルについているレバーで操作できます。サーキットを走る人が使うのでしょう。私は楽しいから回していましたが、これ自体は飾りのようなものです。時計の機能もあればよいのでしょうが、987にはありませんでした。今のモデルにもなさそうです。

ポルシェ・ボクスター・スポーツクロノ

ケイソクストップ(笑)

ポルシェ・ボクスター・スポーツクロノ

ただスポーツクロノはストップウオッチの機能だけではなく、シャシー、エンジン、トランスミッションをコントロールすることができ、スポーツモードにすると、エンジンのレスポンスは明らかに良くなり、サスペンションも固められ、マフラーもスポーツモードになり、爆音になります(笑)。

私はマニュアル車だったのですが、オートマの制御も高回転まで引っ張るようになるようです。

絶対に付けたいオプションです。

スポーツエギゾーストシステム

マフラーのテールがカッコよくなるのと、エンジンを高回転まで回した時にフラップが開いて爆音になります。

PASM

これは、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステムのことで、ダンパーが電子制御されます。路面の状況をリアルタイムに読み取り対応します。ダンパーの減衰力は無段階です。

また”ノーマル”と”スポーツ”の二つのモードを選択することができ、普段の街乗りではノーマルに設定していました。

スポーツモードにするとかなりハードに固められます。結局のところ、このモードにすることはほとんどありませんでした。

一方で、ノーマルモードだとかなり乗り心地が良くなります。このモードでもサスペンションは全体的に固めではありますが、角がない固さというか、上質な硬さになります。

他につけたオプションは、スポーツシートとレザーインテリアだったかな。。。

ポルシェのオプションはどれも高額です。オプションだけで200万円は軽く超えました(汗)。
カーナビなども付けて結局、乗り出し価格は一千万円を超えました。

ここまでくると、もうちょっと頑張れば素の911カレラに手が届きます。

しかし、オープンカーが欲しかったのと、911よりボクスターのほうが軽快感があったのでステータス性では当然911がよいですが、運転したときの楽しさはボクスターのほうが上回っていると個人的には感じました。

他にもつけたいオプションはいろいろありましたが、欲張るとキリがなく、とんでもなく高額になってしまうので、どうしても付けたいオプションだけに留める理性が必要です。

付けなかったために後悔したのは、スポーツタイプのステアリングくらいでしょうか。ノーマルのステアリングはグリップが細めなので、これは交換したほうがよかったです。5万円くらいのオプションでしたし。

ちなみに、値引きはありませんでしたが、10万円相当のガラスコーティングをボディとホイールにサービスしていただきました。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのボクスターを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのボクスターを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ボクスターの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ボクスターを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでボクスターの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ゼロ

ゼロ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 奈良県出身、京都府在住
クルマ大好き人間です。乗り心地に強い拘りを持っています。スポーツカーからミニバンへ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る