日産ノートMEDALIST(メダリスト)居住性とラゲッジスペースについて(4/8)

ノートを購入した主な理由は、デザインと経済性ですが、家族4人で、子供もすでに高校生と大学生ですので、大人4名が乗車した時の居住性もポイントでした。その点、ノートはコンパクトカーとしてはかなり広々とした車内空間を持っていると思います。
また、仕事でも時々荷物を積んで利用することがあるため、ラゲッジスペースの使い勝手も重視したポイントです。

気持ちの良いヘッドクリアランス

ノート購入に当たって最も迷っていた競合車種は、トヨタのアクアでした。
全体的な大きさや形もなんとなく似通った両車ですが、燃費面は圧倒的にアクアに軍配があがります。それでも最終的にノートにしたのは、全体的なデザインの好みもあるのですが、アクアがなんとなくぺしゃんこで、実際に運転席に座ってみても圧迫感が強かったのに対して、ノートは広々、非常に開放的だったからです。
一ヶ月に千数百キロは乗る私にとって、この居住性は、もしかすると燃費以上に価値があるかもしれません。
例えばノートとアクアで、リッター当りの走行距離が5km違うとすると、私の場合ガソリン代にして月約3000円の違いです。3000円なら、毎日乗るものですので、窮屈な思いをするよりも、開放感がある方がいい、という判断でした。

広大なリアシートの足下スペース

ヘッドクリアランスだけでなく、特に、ノートの後席の足下スペースは「広大」と呼べる部類に入るのではないでしょうか。

ノート 後席の足下スペース

写真の通り、足を組んでもまだ余裕があります。ちなみに、前席のスライドシートは、ちょうど真ん中当りにセッティングした状態です。もちろん、足の長さも関係しますが・・。

一方仕方のない事ではありますが、リアシートが固定なのは残念です。

ノート リアシート

ノートはコンパクトカーながら、相当な長距離でも楽々走れて、高速道路でも十分流れをリード出来ます。燃費も良いので、家族5人でとは言いませんが、4人くらいなら遠出もどんどんしたくなるところです。ただ、いくら足下が広大でも、子供が小さいうちはまだ良いと思いますが、大人4名乗車で長距離は、リクライニング機構付きのミニバンなどに慣れてしまうとかなりの苦行ですね。若干でもリクライニングすれば、随分違うと思うのですが。

スポンサーリンク

大型荷物も積めるラゲッジスペース

ノート購入にあたって、最も重視したポイントの一つは、このラゲッジスペースの広さでした。ただいたずらに容積があるだけで、形がおかしな感じだと、実用性に乏しくなってしまいますので、実際に大きめのダンボールをディーラーに持ち込んで、うまく載せる事ができるかどうかを購入前にチェックしました。

ノート ラゲッジスペース

写真で荷室に積み込んでいるのは、45x70x70cmという巨大なダンボール箱です。このサイズのものを時々仕事で運ぶのですが、ご覧のとおりラゲッジスペースの中に(シートを倒したりせずに)ぴったり収まります。写真ですと角が飛び出ていて、リアのハッチが閉まらないのではと思えてしまいますが、これも素晴らしいことにちゃんと締まります。リアガラスの取り付け角度がフラットではなく、多少のでっぱりはうまく収納してくれるのです。ただ、写真のダンボールの場合、角が少しだけひしゃげますので、固いものだと、もうワンサイズ小さくないと収まらないでしょう。

実質タダで頂いた「マルチラゲッジボード」も使い勝手抜群です。

ノート マルチラゲッジボード

荷室を上下に仕切ることが出来るこの板のおかげで、家族4人分の荷物+ペットを運ぶ時など、ペット用品は荷室の下側に、普通の荷物は上側にと、分けて収納が可能になります。

自転車も、一応、収納可能

最後の一枚は、趣味の自転車を積み込んだところ。

ノート ラゲッジスペース

さすがに立てたままは載りませんが、シートを倒せば、かなり大型の自転車も一応積載が可能です。ただ、この状態ですと自転車のフロントスポークがヘッドレストあたりに引っかかって、出し入れはしにくいですし、自転車も不安定ですので、緊急時用といった感じでしょうか。

まとめ

ラゲッジスペースの広さだけなら、最近の軽のワンボックスなども良い選択肢でしょうし、もちろんミニバン、ワンボックスなどの方が優れています。でも、取り回しも楽で財布にも優しいノートは、なかなか良い選択だったと思っています。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのノートを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのノートを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ノートの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ノートを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでノートの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ヒロシ

ヒロシ認定ライター

投稿者プロフィール

50代 男性 千葉県在住
昔はスピード大好きでしたが、最近は安全第一。車もファミリーユース中心で、実用性と燃費重視です。2児の父。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る