ホンダ・アコードハイブリッド試乗 内装インテリアインプレッション~前編(2/6)

アコードハイブリッドという車が正直、どのくらいのグレードかは把握していませんでした。
そんな感じの中、内装・インテリアを目にしたのですが「思った以上に全然良い!」という印象です。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

ホンダ・アコード ハイブリッド EX

高級と言えるほどの質感ではないのですが、上質と語れるレベルには仕上がっています。
2012年9月に販売終了となった、ホンダのセダン・インスパイアのイメージに近いでしょうか。

年々進化を遂げたアコードの内装・インテリア

ドアを開けてみると、ホンダらしい近未来的とも言えるメーターまわりが目に入ります。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 運転席

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 運転席

ホンダ・アコード ハイブリッド EX メーター

ホンダ・アコード ハイブリッド EX メーター

木目調のパネルはクラウン・シリーズほどの質感はありませんが、落ち着いた色調で悪くはありません。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 運転席ドア

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 運転席ドア

ホンダ・アコード ハイブリッド EX シフト周り

ホンダ・アコード ハイブリッド EX シフト周り

あまり明るい木目調ですと、その部分が強調されてしまいますからね(汗)。

ステアリングは本革巻きです。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 本革巻きステアリング

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 本革巻きステアリング

艶感のあるブラックとシルバーの加飾がされていて、ここも悪くはないです。
口径ですが、ここは小さくもなく普通なタイプになっています。

エアコンの周辺を見てみると、囲われるようにシルバー加飾が施されています。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX センターパネル

ホンダ・アコード ハイブリッド EX センターパネル

木目調パネルで落ち着きを演出しているのに、このシルバー加飾の部分が多少浮いてるような気もしますが・・
でも、この辺は許容範囲ですしトヨタのカムリ・ハイブリッドと比較すれば質感は上です。

こちらのエアコンは、GPS制御偏日射コントロール式のフルオートエアコンです。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX エアコン

ホンダ・アコード ハイブリッド EX エアコン

GPS制御偏日射コントロール式がどんなものか?というと、日射しの強さや方向を判断して、設定温度や風量を運転席側と助手席側のそれぞれを独立して自動制御するというもの。
片側だけ陽が当たり続けるなんて時でも、快適さを得ることが出来ます。

アコードもモデルチェンジを重ね、車両本体価格も375.4万円~の車です。
値段も値段ですから、このくらいの装備になるのかもしれませんが・・・

他にも「車速連動オートドアロック」が装備されるなど、全体的に満足度は高くなっているかと思います。

 

スポンサーリンク

シートは広くてゆったり感がある

運転席&助手席ともにパワーシートが標準装備となっています。
運転席には電動ランバーサポートが標準装備です。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 運転席パワーシート

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 運転席パワーシート

広さは十分かと思います。
適度にゆったりしてますし、窮屈さもなく過ごすことが出来ます。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 前席

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 前席

後部座席も足元や膝元のスペースがしっかり確保されていましたし、頭と天井の間にも余裕があります。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 後席

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 後席

カタログにも「基準身長185cmのゆとり」との記載があります。
大柄な体格を基準にした余裕の後席空間作りがされており、185cmの身長を基準に居住空間を設計したのだそうです。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 後席

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 後席

実際に座ってみると前方の視界も広がっていますし、開放感も高まっていますね。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 後席からの視界

ホンダ・アコード ハイブリッド EX 後席からの視界

また、シートの質感は柔らかめで、くつろぎる感じるものになっているかと思います。

通信出来るナビゲーションが標準装備

アコードハイブリッドは2013年発売のモデルなので、決して新しいというわけではありません。
標準装備となっているナビゲーションはHondaインターナビという名称。

ホンダ・アコード ハイブリッド EX Hondaインターナビ

ホンダ・アコード ハイブリッド EX Hondaインターナビ

8インチワイドVGAのディスプレイは少し奥まった位置にあります。
こちらにはリンクアップフリーという渋滞情報の他、防災・気象情報を通信費無料でタイムリーに受信することが出来ます。

また、インターネットリンクというオススメグルメスポットなどを検索してくれる機能も装備されています。
レクサスの車などにも装備されていて、今ではお馴染みかもしれませんが・・・
ホンダにもこのような充実した電子装備があったということですね。

地図は無償で更新が可能ですが、所定の時期に1回だけになっているので、詳しいことは販売店に確認してみると良いかと思います。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアコード ハイブリッドを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアコード ハイブリッドを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アコード ハイブリッドの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アコード ハイブリッドを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアコード ハイブリッドの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る