新型セレナ ハイウェイスター試乗 2トーンカラー設定でルーフに特徴あり(2)

8月にフルモデルチェンジした5代目セレナ(C27)のハイウェイスターを見てきました。
まだ入庫したばかりで試乗車は走れるように準備はされていましたが、展示車はまだ工場の中で整備終了したばかり。
見どころ満載の新型セレナについて、前項に引き続きいち早く実車の写真を交えながらインプレッションをお伝えしていきます。

日産・セレナ ハイウェイスター ポジションランプ

日産・セレナ ハイウェイスター

ボディカラーに2トーンが新設定

今は2トーンカラーというは珍しくもないのですが、ミニバンの2トーンというのはまだまだ珍しいですね。
つい最近、マイナーチェンジしたトヨタのエスティマがミニバンとしては初の2トーンカラー設定をしたといわれていたので、セレナはエスティマに続いてということになります。

しかしよく考えると、というかよく見ると、ミニバンの屋根の色って正直見えないんですよね(汗)
背の高い方だと見えるのだと思いますが、身長162cmの私にはルーフカラーは近くからは見えないし、気にもなりませんでした。
軽自動車とかだと、カラフルで2トーンも見栄えしますが、セレナほどのミニバンサイズになってくると、少し車から離れて意識して見ないと、2トーンだとは気づかないというのがちょっと微妙なところです。

今回の新型セレナの2トーンはカラー展開が多彩で、ルーフカラーがブラック、シルバー、ブラウンの3色の設定になっています。

日産はジュークやキューブなどで2トーンカラーの設定がありましたが、ルーフカラーが3色もの設定になるのは新型セレナが初めてではないかと思います。

実車で2台見せて頂いたセレナはいずれもブラックルーフの2トーンカラーで、「マルーンレッド×ダイヤモンドブラック」「ブリリアントホワイトパール×ダイヤモンドブラック」でした。

日産・セレナ ハイウェイスター マルーンレッド/ダイヤモンドブラック(2トーン)

日産・セレナ ハイウェイスター マルーンレッド/ダイヤモンドブラック(2トーン)


日産・セレナ ハイウェイスター ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック(2トーン)

日産・セレナ ハイウェイスター ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック(2トーン)

ブラックルーフはこの2色のみで、「マルーンレッド×ダイヤモンドブラック」についてはハイウェイスター専用色になります。(オプション料金:75,600円)

シルバールーフの2トーンは「ダイヤモンドブラック×ブリリアントシルバー」という組み合わせのみです。(オプション料金:86,400円)

日産・セレナ ハイウェイスター ダイヤモンドブラック/ブリリアントシルバー(2トーン)

日産・セレナ ハイウェイスター ダイヤモンドブラック/ブリリアントシルバー(2トーン)
(Photo by NISSAN Webcatalog)


これはコントラストがきいているというか、ありそうでなかった組み合わせですね。

そして、ブラウンルーフの2トーンは「カシミヤグレージュ×インペリアルアンバー」という組み合わせのみになります。(オプション料金:75,600円)
茶色いルーフカラーってちょっと珍しいですよね。

日産・セレナ ハイウェイスター カシミヤグレージュ/インペリアルアンバー(2トーン)

日産・セレナ ハイウェイスター カシミヤグレージュ/インペリアルアンバー(2トーン)
(Photo by NISSAN Webcatalog)


一見変わった印象のように思いましたが、ルーフカラーとボディカラーがブラウン系の同系色なので、意外としっくりくる感じがします。

ちなみに2トーンになると、ドアミラー部分もルーフと同じカラーになります。

単色では、「マルーンレッド」「カシミアグレージュ」が新色として追加されて、2トーンカラー4色と単色9色の計13種類のカラー展開となっています。

日産・セレナ 「マルーンレッド(左)」「カシミアグレージュ(右)」

日産・セレナ 「マルーンレッド(左)」「カシミアグレージュ(右)」
(Photo by NISSAN Webcatalog)

スポンサーリンク

クリア塗装のスクラッチシールドとは?

セレナは旧モデルから「スクラッチシールド」というクリア塗装が採用されていましたが、新型セレナにも引き続き採用されています。
スクラッチシールドというのは、トヨタやレクサスでいうところの「セルフリストアリングコート」と同じような塗装で、いわゆる自己修復力のある塗装のことです。

スクラッチシールド 塗装面イメージ図

スクラッチシールド 塗装面イメージ図
(Photo by NISSAN Webcatalog)

ボディに軟質樹脂を配合したクリア塗装をすることで、ちょっとした小傷程度なら時間がたてば復元するというもの。また、一般のクリヤー塗装と比較して、傷がつきにくくなったことで水はじきも良く、ツヤ、光沢も持続してくれるという塗装だそうです。

セレナの場合、全色にスクラッチシールドが施されているのではなく、ボディカラーが限られていて、ダイヤモンドブラック、インペリアルアンバー(茶色)、ホワイトパールの3色だけにスクラッチシールドが施されています。
その他のカラーは対応なしです。

スクラッチシールドに関する実際のユーザーの声は色々あるようですが、ボディカラーがダイヤモンドブラックの場合はいずれにしても注意が必要だと思います。
ブラックはどうしても傷が目立つカラーなので、スクラッチシールドだからといって洗車キズがつかないとも言い切れないようです。

ちなみに、スクラッチシールドは日産では他にもエルグランドエクストレイル、シーマ、フーガなどにも採用されています。

フローティングルーフ採用

新型セレナはルーフが浮いたように見える「フローティングルーフ」を採用しています。
ピラー部分をブラックアウトすることで、ルーフが浮いたように見える?フローティングルーフ。
レクサスのRXでもこのフローティングルーフが採用されていましたが、これは最近の流行りなのでしょうかね。

日産・セレナ ハイウェイスター マルーンレッド/ダイヤモンドブラック(2トーン)

日産・セレナ ハイウェイスター

フローティングルーフにすることによって、車そのものの広さを感じさせる効果があるとも言われています。
実際のボディサイズよりも視覚的に大きく見せるためのデザイン、ということでしょうか。

このフローティングルーフは2トーンだけでなく、単色でも全てボディーカラーでピラーがブラックアウトされたデザインになっています。

そして、サイドのキャラクターラインは旧モデル同様、フロントフェンダーからリアフェンダーにかけてうねるようなシュプールラインが刻まれています。
新型セレナはフローティングルーフとこのシュプールラインの組み合わせで、エモーショナルな動きを表現するデザインにしたそうです。

確かにフローティングルーフによって、シュプールラインが後ろに流れるような動きがより効果的に見えるようになっていると思います。

Aピラーをスリム化して視認性アップ

新型セレナではAピラーを細くすることにこだわっていたそうです。
三画窓は元々大きく見やすかった方だと思うのですが、一番前のAピラーを更にスリム化することで、運転席からの視界の広がりを向上させているというもの。

日産・セレナ ハイウェイスター 三画窓

日産・セレナ ハイウェイスター 三画窓

ピラーを細くすることで強度が落ちてしまうと意味がありませんが、強度はもちろん従来通りのままでスリム化させているそうです。
死角が少しでも減るというのはありがたいですね。

運転席からの前方の見はらしや車の周囲、後方の見えやすさにとにかくこだわって、ミニバンクラスではNO.1だそうです。

外観エクステリアはどこをとっても、上手くまとまっているとしか言いようのない新型セレナ。
旧モデルの良かった部分を上手く継承しつつ、新しく生まれ変わった、という正統なフルモデルチェンジとしてのデザインだと、個人的にはかなり好印象でした。

引き続き、新型セレナについてのインプレッションをお伝えしていきます。

日産・セレナ ハイウェイスター

日産・セレナ ハイウェイスター

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのセレナを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのセレナを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

セレナの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

セレナを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでセレナの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る