ホンダ・N-BOXスラッシュ 購入の決め手は「車酔いしない車」でした(1/4)

私はある事情があり、ホンダ車はなかなか乗ることができませんでした。
数年前までは、仕事の関係から車での長距離移動をすることがなくなったことや会社の車を使うなどの理由から、私の車は三菱シャリオから軽自動車のホンダゼストに変わることになったのです。
それからゼストの9年目の車検を前に、今のNBOXスラシュにバトンタッチをすることになりました。

ホンダ・N-BOXスラッシュ

ホンダ・N-BOXスラッシュ G・Lパッケージ

    

スバル・R2 → 三菱・シャリオ → ホンダ・ゼスト → N-BOXスラシュに買い替え

私の軽自動車の経歴は、約40年前のスバルR2から始まります。
名車スバル360の後継車種として発売されました。
360cc2サイクル、リアエンジン、リアドライブで伝統の4論独立懸架のスバルクッションを採用していて、とても乗り心地の良い思い出の車でした。
4名フル乗車で雪山へ友達とスキーに行ったとき、上り坂や、雪道などお構いなくとても力強く走りました。

次にホンダゼストに乗ってみて、昔の軽自動車とは性能・装備などに雲泥の差があることに驚きを感じました。
今でも、ゼストはとても良い車だと思っています。
低重心で走りはとても安定していて、運転中の室内は静かで軽自動車とは思えないほどでした。
また、高価な音響機器がなくてもすばらしい音が聞こえてきました。

しかし、この先のカーライフを考え、9年目の車検を受ける前に新しい車を買うことにしました。

ホンダ・ゼスト

ホンダ・ゼスト

候補車はN-WAGONとN-BOX、N-BOXスラッシュの3車種

馴染みのホンダディーラーには、試乗車としてN―WAGON、N-BOXN―BOXスラシュを準備してもらい、いざ試乗。

新しい車を買うときは、いつも辛口の妻を同伴するのが常です。
ゼストの時もそうですが、ホンダ以外にスズキワゴンR、ダイハツムーブ、スバルステラと競合車を妻といっしょに試乗してから、最終判断をしました。
妻は車酔いがひどく、特に後部に乗ることが多いので、必ず後部座席の感覚を確認します。
その中でゼストは満足できる車ということで購入決定。
ただ、個人的にはゼストの後から見た下部のデザインがやや個性的かな?と思っていました。
   

スポンサーリンク

車酔いしない車がN-BOXスラッシュでした

本題のN-BOXスラシュは、試乗するまでは購入の候補ではありませんでした。
ゼストの後継車のN―WAGONかN-BOXのどちらかを購入するつもりでいました。
但し、事前情報としてハイト系は横揺れが大きく車に酔い易いということから、ついでにN―BOXスラシュもお願いしました。

案の上、妻はN-BOXの後席に乗り、試乗するやいなや「これはダメ」と一言。
私も営業マンも絶句しました(汗)

次に、N―WAGONに試乗し、酔うことはなく無事終わったのですが、助手席下の燃料タンクの出っ張りに違和感があるのと、助手席に座ったとき、ゼストに比べ圧迫感があると否定的な意見。

最後に本命でなかったN―BOXスラシュに試乗。
用意されていた車はノンターボのXグレードのダイナースタイルで、室内は赤一色で私の年齢からするとやや違和感がありました。

サウンドマッピングシステムとやらでスピーカーが9個もついていて、音量を下げていた運転中の室内はとても静かに感じました。
ハンドルにはヒーターがセットされていて、まだ寒さが残る3月でしたので、なんとも言えない暖かさが伝わってきました。

ホンダ・N-BOXスラッシュ G・Lパッケージ ステアリング

ホンダ・N-BOXスラッシュ G・Lパッケージ ステアリング

後席の妻は大丈夫か!?と思いきや、酔うこともなく耳元から聞こえてくる音楽に満足そうな表情でした。
後から分かったことですが、N-BOXより110mmも全高が低く、専用のサスペンションにしていることにより、横揺れが改善されているとのこと。

室内の広さや運転中の静かさ(今回のXグレードはピュアアサウンドブース仕様のため、ドアパネルやテールゲートなどに吸音材や制振材が埋め込んである)や、酔わないことなどから合格!
N-BOXスラシュの購入を決定付けました。

ホンダ・N-BOXスラッシュ G・Lパッケージ 後席

ホンダ・N-BOXスラッシュ G・Lパッケージ 後席


     
購入した車のグレードはG・LパッケージでNAエンジン、メーカーーオプションのストリートロッドスタイルパッケージ、ボディカラーはブラック、オプションとしてリアカメラ装着。
N-BOXスラシュは、一般的にXグレードを買う人が多いのだそうですが、ここは一つ我慢してこのグレードにしました。

ホンダ・N-BOXスラッシュ G・Lパッケージ

ホンダ・N-BOXスラッシュ G・Lパッケージ

【次の記事】

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのN-BOX SLASHを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのN-BOX SLASHを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

N-BOX SLASHの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

N-BOX SLASHを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでN-BOX SLASHの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

Mr.A

Mr.A認定ライター

投稿者プロフィール

60代 男性 愛知県在住

免許を取って約40年、最近まではずっとマニュアル車に乗っていました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る