ジープ・新型ラングラー試乗レビュー 4WDは数多くともジープは世界にただ一つ(5/6)

おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。
ある一定の年齢層より上の世代の日本人には4WD=ジープという人もまだまだ多いと聞きます。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport ボンネット

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport ボンネット

ジープはその歴史もまた、でこぼこ道のような数奇な歴史であり、1940年ナチスドイツがポーランドに侵攻、所謂「電撃戦」を敢行し、ドイツが小型で高性能な軍用車を開発していることをアメリカが察知すると、アメリカ政府は国内の自動車メーカーに小型で頑丈な4輪駆動の自動車の開発を打診します。

アメリカビッグ3は納期の短さから断念し、小型車を得意とするウィリス社とバンタム社が入札、ウィリス社は納期に間に合わず入札を辞退、当時倒産の危機に瀕していたバンタム社が起死回生を図り、11日後に設計図を完成、49日後には試作車を納入という無謀とも言える軍からの要望に応えるべく、元GMの技術者「カール・ブロブスト」を招聘、僅か5日で設計を終えたと言います。
試作車は連日工場に泊まり込みで製作、締め切り二日前に完成します。

完成した試作車は「ブリッツバギー」と呼ばれブロブスト技師の運転で軍に引き渡されますがその際、ブロブスト技師はブリッツバギーの面白さに気づき、わざと道路を外れてオフロード走行を楽しんだと言います。
軍用車として開発されたジープですが後に世界中のアウトドア愛好家を魅了するオフロードカーになる片鱗はこの時点であったようです。
これで、軍から大量発注が見込めるとバンタム社が安堵したのもつかの間、軍はビッグ3やウィリスにも図面を渡し、同じ「ブリッツバギー」の生産を命じます。当然バンタム社は抗議しますが、図面は軍の帰属となり聞き入れられず、ジープの量産は生産能力の高い他社に託され、バンタム社にはジープでけん引するためのトレーラーの生産のみで、終戦後間もなくバンタム社は消滅してしまいます。

1953年型ウィリスジープ

1953年型ウィリスジープ

スポンサーリンク

一方、日本では朝鮮戦争勃発時にアメリカからジープのノック生産の要請があり、三菱重工がノックダウン生産の指名を受け、ジープの国産化に着手します。
そのため初期の三菱ジープは「WILLYS」のロゴと三菱の「スリーダイヤ」両方のマークを掲げ、国産車ながら左ハンドル仕様が存在するという特殊なクルマでした。
さらにウィリスの後身であるフレイザーカイザー社(後にアメリカンモータース、最終的にはクライスラー)が日本市場でも展開していたため、アメリカ本国生産のジープと三菱のライセンス生産のジープ両方が販売されるという非常に稀な展開をしていたブランドでもあります。

初期のライセンス生産の三菱製国産ジープ

初期のライセンス生産の三菱製国産ジープ

また、ジープが日本の四輪駆動車に与えた影響も計り知れない物があり、トヨタランドクルーザーとスズキジムニーの車両型式にある「J」は「JEEP」の「J」を意味するともいわれ、実はスズキジムニーのトレッドとホイールベースの比はジープと同じ比率だそうで、日本市場を苦手とすると言われているアメリカ車でも、ジープに関してはもっとも日本市場で親しまれている外国車に一つかもしれません。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport ステアリング

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport ステアリング

ジープが日本で成功した要因として大きいのはなんと言っても右ハンドル仕様が存在することでしょう。
1990年代クライスラーはホンダと提携し、貿易摩擦解消のためジープチェロキーをホンダのディーラーで販売していた時期があるのですが、思わぬ副産物でチェロキーは郵便車として納入されていた事から右側通行のアメリカでも路肩から郵便物の集配をしやすくするという目的で右ハンドル仕様のチェロキーが存在しました。

郵便車仕様を日本市場向けに転用する事で、戦後初の右ハンドル仕様のアメリカ車となりに「ジープ」の知名度の高さと相まって、他のアメリカ車が日本市場で不振にあえぐ中、チェロキーはクリーンヒットとなり、ついにはラングラーなどジープブランド車全て右ハンドルをラインナップしたそうです。

セールスマンのは話によるとジープの売り上げは年々伸びていて、フォードが日本市場を撤退し、GMもクライスラーもラインナップが縮小する中、ジープだけは好調な売り上げを見せるという日本ではアメリカ車は売れないという常識を覆す存在となっています。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport 試乗車

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport 試乗車

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのラングラーを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのラングラーを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ラングラーの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ラングラーを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでラングラーの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

天上院 聖璃華認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性

愛車は1973年型トヨタセリカLB2000GTと1969年型スバル360スーパーDXを所有する無類の旧車マニア。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る