トヨタ・新型カローラスポーツ試乗レビュー総評 スポーツというには帯に短し襷に長し?(6/6)

おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれません。
スポーツの名前に昔のレビンや兄弟車のトレノのようなスポーツカーのキャラクターを期待すると中途半端で、コンパクトなハッチバック車というにはちょっと大きすぎて「ヴィッツで十分なんじゃないか?」という印象も否めない部分がありました。とはいえ、リアシートが狭い事を除けばファミリーカーとしては申し分なくそこは流石カローラと言ったところでしょう。
さて新型カローラスポーツの五段階評価です。

外観4

一時期の国産車のベーシックカーといえば標準状態ではあまりに見すぼらしく、オプションのエアロを買わせるためにわざと標準の外装は素っ気ないデザインにしてるんじゃないか?と疑ったくらいですが、今やそんな邪推をさせるような要素は一切なく、特にヘッドライトはかなり凝った造形になっていますが、ただ、人によって好みが分れそうなフロントノーズ回りのデザインや威嚇するような大きなフロントグリルのアクの強さは、カローラとしていかがなものかという事で4にしました。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ 外観

内装5

近年のトヨタ車の内装デザインの良さは目を見張るものがあります。
革巻きステアリングや赤いステッチ入りのバケットタイプのシートなど、スポーツカーを思わせる物があります。
いくら外見がカッコよくても、オーナーが自分の愛車と接する時間の大半は車内が占めるという事を考えれば内装、特にダッシュボード周りのデザインが素っ気ない物では興ざめです。このあたりは「ワクワクするクルマを作りたい」という現社長の思想がよく出てるように感じます。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ 内装

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ 内装

走り4

いつもトヨタ車の試乗でお世話になってるディーラーさんには申し訳ないのですが、試乗コースが直線ばかりで変化が無いため、短時間で走りの善し悪しを見極めるのは難しく、走りは特にこれと言って印象に残る物は無いと言ったら実も蓋も無いのですが、むしろカローラはそれが正しいのかもしれません。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ 試乗車

エンジン5

ハイブリッドと言えば、トヨタ車のアイデンティティ同然の技術、ハイブリッドエンジンにケチをつける余地はないと言っても良いでしょう。ガソリンエンジンと電気モーターで理論上は最大で122PSというパワフルさと驚異的な燃費を両立している事も見逃せません。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ エンジンルーム

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ エンジンルーム

スポンサーリンク

乗り心地4

10年ほど前のトヨタ車は「トヨタ車のフニャ足」と酷評された反動か無理にバネを固くして、路面の凹凸を拾ってボンボン跳ねるという印象があったのですが、固めのサスペンションながらも不快な突き上げも無く滑るように走ってくれます。
個人的にはもうちょっとソフトなサスペンションを望みたいのですが、「スポーツ」であればこれが妥当でしょう。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ タイヤ・アルミホイール

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ タイヤ・アルミホイール

安全装備5

流石、世界中全ての国の衝突安全基準をクリアする事が求められるとあって、衝突安全に関しては抜かりはありません。
全車フロントエアバッグ、サイドエアバッグ合計7個のエアバッグシステムを標準装備。
予防安全装置に関しても衝突回避システム、レーダークルーズコントロール、車線キープアシストを全車標準装備するなど文句なしです。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ エアバッグ

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ エアバッグ

燃費5

ハイブリッドであれば、リッターあたり30km近く、エコターボでも15km近く走るという経済性はファミリーカーたるカローラにとって大きな魅力になる事でしょう。

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ メーター

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ メーター

価格4

昨今の原材料費の高騰、年々厳しくなる安全要件など、いくらコストダウンしても価格に転嫁せざるを得ない要素が増えているというのはわかっているのですが、いざ価格表を見ると今やカローラでも最廉価モデルが約214万円スタートでハイブリッドの最上級モデルで約270万円、オプションや諸費用を入れると250万円~300万円オーバーはみておかなければいけないと思うとカローラも随分高くなったものだなという印象は否めません。
若いユーザー向けというのであれば、せめてエントリーモデルは180万円スタートくらいにしてほしかった気もするのですが・・・

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ ハイブリッドエンブレム

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ ハイブリッドエンブレム

総合評価4

総合評価ですが、

  • 全幅が3ナンバーサイズになってしまった
  • リアシートが少し狭い(ただしハッチバックのパーソナルユースモデルと割り切れば問題なし)
  • 出来れば最廉価モデルは200万円以下に抑えて欲しかった

この三点を除けば、これと言って不満に感じる点は全くない総合性能の高さはやっぱりカローラです。

殆ど真っすぐの幹線道路をほんの10分ほど乗ったところで、特に何も感じないという事こそカローラの真骨頂でしょう。
カローラの良さというのは毎日使い込んでこそ、その人にあった良さが見えて来るものなのだと思います。

満足度評価
【カローラスポーツ ハイブリッドGZ】
総合評価 ★★★★☆
外観 ★★★★☆ 乗り心地 ★★★★☆
内装 ★★★★★ 安全装備 ★★★★★
エンジン ★★★★★ 燃費 ★★★★★
走り ★★★★☆ 価格 ★★★★☆
トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ

トヨタ・新型カローラスポーツ ハイブリッドGZ

最初の記事

今回試乗した【カローラスポーツ】のスペック
車名 カローラ スポーツ メーカー名 トヨタ
グレード名 ハイブリッドGZ 発売日 2018年6月26日
新型
車両重量 1340kg 全長×全幅×全高 4375×1790×1460mm
乗車定員 5人乗り ホイールベース 2640mm
排気量 1196cc 最小回転半径 5.3m
駆動方式 FF 最高出力
(kW[PS])
85[116]/5200
ミッション CVT 最大トルク
(N・m[kgf・m])
185[18.9]/15000
燃料 レギュラー エンジン 直列4気筒DOHC
JC08モード燃費 18.0km/L 型式 3BA-NRE210H
現行モデル発売 2018年6月~
[初代]
タイヤサイズ 225/40R18
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのカローラスポーツを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのカローラスポーツを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

カローラスポーツの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

カローラスポーツを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでカローラスポーツの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

天上院 聖璃華認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性

愛車は1973年型トヨタセリカLB2000GTと1969年型スバル360スーパーDXを所有する無類の旧車マニア。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る