ジープ・新型ラングラー試乗レビュー 4WDには二種類しかない、それはジープかジープ以外の4WDか(1/6)

今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラングラーです。
世界中にSUVにカテゴライズされるクルマは星の数ほどありますが、ジープほど知名度の高いクルマは他に無いでしょう。

日本では年配の人の場合「四輪駆動システム」自体が「ジープ」だと思っている方もまだまだ多いのではないでしょうか?

ある芸能人の方は愛車の「メルセデスベンツゲレンデヴァーゲン」の事を、テレビ番組内で「ベンツのジープ」と紹介していたという話もあります。
筆者が子供の頃読んでいた自動車図鑑ですら「スバルレオーネ4WD」の事を「乗用車型のジープ」と紹介していた記述を見たことがあるので、ある年代までは日本では四輪駆動車自体がジープと認識されていた事がうかがい知れます。

後述しますが、日本で1998年まで販売されていた三菱ジープは、当初ジープを製造していたウィリスオーバーランド社(後にクライスラーが吸収)からライセンス契約を結んで国産化したものです。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport 試乗車

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport 試乗車

今回試乗したのはベーシックグレードとなる「アンリミテッドSport」です。
「キープコンセプト」という言葉がありますが、これほどまでキープコンセプトという言葉が相応しいモデルチェンジも無いでしょう。

第二次大戦中にアメリカ軍に制式採用されていらいの基本デザインを変えない当たり、もはやオフロードのモーガンと言っても良い趣かもしれません。
ジープのCIでもあるガイコツグリルは勿論、ボディから独立したフェンダー等1940年代から基本デザインは今に至るまで一切変わっていません。

とはいえ、年々厳しくなる衝突安全基準に対応すべくフェンダーやバンパーは樹脂製となり全体的にRが多くなっていますが、それすら誤差の範囲に思るくらいです。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport ヘッドランプ

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport ヘッドランプ

なんと、ヘッドライトは今なおΦ180mm丸型の規格サイズのセミシールドビームH4ハロゲン(!)です。
かつてアメリカでは破損しても容易に修理交換が可能という理由でシールドビーム式と呼ばれる同一規格のヘッドライトを使用する事が義務化され、その義務のない国でも北米が最大の輸出市場であるため、実質その基準に準拠していた事があります。

現在ではその基準はありませんが、ジープというクルマの性格上、出先でヘッドライトを破損した際に入出と交換が容易に行えるセミシールドハロゲンを使用するのがジープの流儀なのでしょう。
ちなみに旧型は昔ながらのレンズカット入りのHELLA製ガラスレンズを使用していて仰天しました。
それでも、上位モデルではこの形状のままLED仕様になるのが、またなんとも今時のクルマらしいところです。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport 右サイド

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport 右サイド

スポンサーリンク

流石に昔のようにフロントウィンドーを前に倒してドアまでフループンというわけにいかないのは、時代の流れでしょう。
現在は前後ドアを残してリアクオーターから後ろと頭上がオープンになる構造になっています。
今回は4ドアの試乗車ですが、他にもよりオリジナルのデザインに近い2ドアもラインナップされています。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport 右斜め後ろより

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport 右斜め後ろより

やはり、どんなに時代が変わってもこの背面タイヤ式のスペアタイヤはジープのアイデンティと感じるのですが、世界中のSUVがこの背面タイヤを模倣するというあたり、何かしら合理的理由があるのだとしてももはや、ジープというブランドを超えて自車がSUVであることを示すアイデンティティのような物なのかもしれません。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport ボディアップ

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport ボディアップ

ジープを見るとヒンジやキャッチがボディむき出しになっています。保安上の心配をされるからもおられるかもしれませんが、持ちろん外側からネジを緩めることは出来ない構造になっています。現在の基準ではありえない話ですが、元々は軍用車というすべてが合理性優先のシンプルさで、いざとなれば出先で最低限の工具で直せるクルマでなければならないというジープだからこそのデザインでしょう。むしろ独特の美学すらそこにあるように思えてきます。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport フロントスクリーンガラス

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport フロントスクリーンガラス

フロントスクリーンガラスを見るとこんな遊び心も・・・どうやらアメリカ人にとってジープはただのSUVとかクロカン車に収まらない思い入れがあるのでしょう。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのラングラーを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのラングラーを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ラングラーの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ラングラーを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでラングラーの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

天上院 聖璃華認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性

愛車は1973年型トヨタセリカLB2000GTと1969年型スバル360スーパーDXを所有する無類の旧車マニア。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る