スバル・レヴォーグ(A型)に試乗しました

免許を取得してもう25年ほどになりますが、スバル車は一度も所有したことがなく、また運転もしたことはありません。ということでスバル初体験です。

今回レポートするのはスバル・レヴォーグの1.6リッターGTとGT-Sになりますが、2015年4月21日にマイナーチェンジを受けたB型ではありません。

先にB型では大きく何が変わったのかを書いておくと、アドバンスドセーフティーパッケージというメーカーオプションが設定されました。これはスバル自慢の安全装備であるアイサイトを補うものです。

アイサイトはフロントウィンドウにステレオカメラを装着し、前方の安全をカメラで撮像した画像を解析しています。自動でブレーキをかけたり、前方の車両に自動追従したり、車線をはみ出していないかどうかを見たりしています。

他社の自動ブレーキは赤外線やミリ波を使ったものがほとんどですが、スバルのアイサイトはステレオカメラで高性能かつ低コストなのが特徴です。

ただ、自動ブレーキの開発で遅れを取っていたトヨタも単眼カメラ+ミリ波、単眼カメラ+赤外線レーダーといった組み合わせで性能向上させ、全車種に搭載していくことで低コスト化を図ってきています。

少し話が脱線しましたが、B型レヴォーグに設定されたアドバンスドセーフティーパッケージはアイサイトで監視していない側方と後方を監視するシステムになります。

ドアミラーの死角となる斜め後ろを監視してくれているのです。安心ですよね!
私が試乗したレヴォーグはB型ではなかったのですが、レクサスNXやメルセデスベンツ・Cクラスでの試乗で同じ機能をもった安全装備は体験済みです。
次に購入する車は絶対にこの安全装備(トヨタやレクサスではブラインドスポットモニターと呼ばれています)の設定がある車種にしようと思っています。

スポンサーリンク

さて、レヴォーグの試乗体験をしたわけですが、まず

乗り心地について

GT-Sのほうは足回りがビルシュタインダンパーで固められていてゴツゴツした印象です。それに対してGTのほうはまあ許容できるレベル。自分が運転するだけならスポーティーでどちらもいいですが、後席に人を乗せるのはちょっと躊躇しますね。
短時間ならいいですが、長距離乗せるのはかわいそうです。ましてや2歳の娘の保育園への送迎には使いたくありません。柔らかいほうのGTでさえもです。
マイナーチェンジ後のB型ではGTの乗り心地が改善されているとのことなので、そこが気になる方はB型のGTを実際に試乗してみることをおすすめします。
同乗した営業マンが言うには、GTよりもGT-Sのダンパーのほうが収まりが早く乗り心地は良いとのこと。いや、それは違うでしょ・・・と思いましたが。(笑)

次にエンジン・走行性能について

1.6リッターのダウンサイジングターボです。レヴォーグには2リッターのモデルも設定されていますが、車重はそれほど重くないので1.6リッターのほうで十分だと感じました。とても軽快で、上り坂も太いトルクでそれほどアクセルを踏まなくても余裕をもって登っていきます。フォルクスワーゲン・ゴルフの1.4リッターターボと比べると滑らかさや燃費性能が若干劣りますが、レヴォーグクラスの車重との組み合わせではなかなか出来の良いエンジンだと思います。
あと、アイドリングストップのフィーリングもなかなかよいですね。復帰時の音・振動があまり気になりませんでした。ちなみに、2リッターのほうにはアイドリングストップ機能は付きません。私の場合、アイドリングストップがないということで候補から外れてしまいます。

外観について

これは個人的な主観が入りますが、とてもかっこいいです。スタイリッシュです。もし購入するなら白がいいですが、つい先日高速道路のPAで黒のレボーグを見かけたのですが、めちゃくちゃかっこよかった。思わず、「あれ欲しい!」とつぶやいていました。(笑)

内装はGTとGT-Sではかなり違ってきます。GT-Sのほうは青いステッチがいろんな箇所に入っていてカッコイイです。ただ、ゴルフに比べると高級感はイマイチで、表現の仕方は悪いですが、ちょっと子どもっぽいなと感じるところがあるのも事実です。

総評

かなり良いクルマだと思いますが、実際に買うとなると私の場合はセカンドカーとしてはいいかもしれません。何せ乗り心地が硬すぎです。2歳の子どもを乗せたくはありませんね。硬いといっても上質な硬さではありますが。
子どもがもう少し大きくなったときに検討したいと思います。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのレヴォーグを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのレヴォーグを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

レヴォーグの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

レヴォーグを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでレヴォーグの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ゼロ

ゼロ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 奈良県出身、京都府在住
クルマ大好き人間です。乗り心地に強い拘りを持っています。スポーツカーからミニバンへ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る