ジープ・新型ラングラー試乗レビュー 全ては道なき道を行くため(4/6)

前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1995cc、最高出力は200kw(272馬力)最大トルクは400N・m(40.8kg・m)という強力なエンジンが搭載がされています。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport エンジンルーム

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport エンジンルーム

オフロードは勿論、高速走行でもパワー不足に感じる事も無いでしょう。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport エンジンルーム

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport エンジンルーム

ちなみにSportとアンリミテッドサハラエディションは、今時のV型6気筒DOHC1995cc、209kw(284馬力)最大トルク347N・m(35.4kg・m)、今回試乗した2Lモデルは3.6Lと変わらないパワフルさ。
むしろトルクに関しては3.6Lを上回っているので体感的な加速では非常に力強く感じました。

燃費はカタログ値で3.6が9.4L/km(サハラは9.2L)、2.0が11.5L/km、車格を考えるとなかなかの燃費かと思います。アメリカ車が財布の中身の中を気にしながら走るというのも最早過去の物です。

21世紀に入り電子制御化が一層進み、ユーザーが手を入れる余地もなくなりましたが、ジープラングラーはあえて油脂類や消耗品等はユーザーがDIYで補充、交換がしやすいようマーキングと色分けし見やすい位置にレイアウトされています。
このあたりは四方何もないアメリカの僻地でも十分維持できるようにという配慮によるものです。

スポンサーリンク

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport ヘッドライト マルチリフレクター

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport ヘッドライト マルチリフレクター

ヘッドライトは旧型までガラスレンズだったのがいよいよ現行型から樹脂レンズのマルチリフレクターとなりましたが、ジープのアイコンともいえる丸型二灯ライトは新型でも健在です。
Sportとアンリミテッド Sportはハロゲン(画像の車両はハロゲン)、アンリミテッドサハラエディションはLEDとなります。

近年はむしろ上級グレード車がHIDではなくLEDを採用するケースが増えているように感じます。
特に省電力かつ強力な照射能力を持つLEDは、悪天候下でも確実に照らすライトとなっています。

新型ジープ・ラングラー パンフレットより

新型ジープ・ラングラー パンフレットより

内装は簡素ですが、寒いほど効く冷房と、暑いほど効く暖房のエアコンシートヒーターやヒーター付きドアミラー、ステアリングホイール等、極限の使用環境に必要な装備は充実しています。

新型ジープ・ラングラー パンフレットより

新型ジープ・ラングラー パンフレットより

またフルオープンで走行する事が前提のため、内装はもちろんスイッチやサブウーファーまで水濡れを考慮した耐候性仕様となっています。

安全装備は運転席と助手席に前方エアバッグと側面エアバッグを装備、今やSUVでもモノコックボディが主流ですが、ジープもまたボディはガッチリとしたラダーフレームシャシーにレーシングカーのようなセーフティケージが組み込まれオープンボディながら堅牢で安全な車体となっています。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport サスペンション

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport サスペンション

サスペンションも堅牢さと走破性を優先し昔ながらのリジットコイルを採用どんな悪路でも走破できる一方で、絶妙なセッティングで舗装路でも乗り心地は悪くありません。

予防安全装備は近接アラームや車庫入れ時のブレーキアシストとスタビリティコントロールと坂道発進のアシスト程度で、衝突回避システムはありませんが、「トレーラースウェイコントロール」という、トレーラーけん引時に横風等に煽られたときに発生するトレーラーのふらつきをおさえ、自車とトレーラーが安全に走行できるように制御できるシステムを備えています。

またエアバッグ作動時は乗員が早急に発見、救助されるよう自動的にドアロックが解除され、ハザードランプが作動するようになっています。

ジープの設計思想からすれば「安全、安心」は機械や電子制御で担保するものではなく、ドライバーに操作に対してどんな条件下でも確実に動作する事で担保することが前提なのでしょう。
ある意味スポーツカーに非常に近い物があります。むしろ基本設計が第二次大戦時のものを踏襲しつつ現在の使用環境に合わせてアップデートを続けてきたという点では並みのスポーツカー以上にピュアでストイックかもしれません。
欧州のバックヤードビルダーの手作りスポーツカーほどではないにしろ、乗るにはそれなりの覚悟がいるかもしれません。

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport 右サイド

新型ジープ・ラングラー アンリミテッドSport 右サイド

ちなみに実はジープのエンジンの搭載位置は全輪軸より後ろ、燃料タンクも車体中央にありスポーツカーでいうフロントミッドシップと同様のレイアウトをとっています。
これは悪路で前後重量配分が偏っていればぬかるんだ路面で重い方のタイヤが嵌ってしまうためで、オンロードでもオフロードでも高い走行性能を得るためには理想的な重量配分が必要になるという普遍の真理があるようです。
その点でもある意味ジープはオフロードのスポーツカーのような存在と言えるのではないでしょうか。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのラングラーを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのラングラーを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ラングラーの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ラングラーを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでラングラーの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

天上院 聖璃華認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性

愛車は1973年型トヨタセリカLB2000GTと1969年型スバル360スーパーDXを所有する無類の旧車マニア。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る