投稿者プロフィール

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

初めて車に関心を持ったのは小学生の低学年の頃と記憶しています。
もともとは車好きの兄が居たことがきっかけだったと思いますが、中でも赤いスポーツカーがお気に入りでした。大人になったら乗りたい!と子供ながらに憧れの気持ちを抱いていたことを思い出します。
それから月日が流れて大人になり、その当時は私にはこの上ないスポーツカーブーム!どのメーカーにも名前を出せばすぐに分かる代表的なスポーツカーが存在していました。
私はR32スカイラインやS14シルビアやレガシィB4などの車を所持し、専ら加速を楽しむ日々でした。
年を重ねるに連れて自分自身の環境も変わり、エスティマやヴェルファイアなどのミニバンにも乗り換えました。
今はまた少し環境も変わって来たことや、車に対して落ち着きや安定を求めるようになってきました。その中で、輸入車の魅力を感じたことから、ここ数年の間でドイツ車の魅力に目覚め、フォルクスワーゲン車を乗り継いでいます。

おみりゅう一覧

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る