投稿者プロフィール

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

初めて車に関心を持ったのは小学生の低学年の頃と記憶しています。
もともとは車好きの兄が居たことがきっかけだったと思いますが、中でも赤いスポーツカーがお気に入りでした。大人になったら乗りたい!と子供ながらに憧れの気持ちを抱いていたことを思い出します。
それから月日が流れて大人になり、その当時は私にはこの上ないスポーツカーブーム!どのメーカーにも名前を出せばすぐに分かる代表的なスポーツカーが存在していました。
私はR32スカイラインやS14シルビアやレガシィB4などの車を所持し、専ら加速を楽しむ日々でした。
年を重ねるに連れて自分自身の環境も変わり、エスティマやヴェルファイアなどのミニバンにも乗り換えました。
今はまた少し環境も変わって来たことや、車に対して落ち着きや安定を求めるようになってきました。その中で、輸入車の魅力を感じたことから、ここ数年の間でドイツ車の魅力に目覚め、フォルクスワーゲン車を乗り継いでいます。

おみりゅう一覧

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る