ホンダ・S660(6MT車)試乗 現代版ビートとも言われるS660のエクステリアを確認~前編(1/7)

2015年3月30日の公式発表後、売れに売れているというホンダのS660に試乗してきました。
東京モーターショー2013にて次世代軽オープンスポーツモデル「Honda S660 CONCEPT」として出展され、発売を心待ちにしてた方も多いモデル。
特別仕様車「CONCEPT EDITION」が2015年4月2日に販売されましたが、こちらは即日完売となっています。

S660の試乗車を扱う店舗が少ないのも現状です。
ホンダの店舗は沢山ある中、私の住む地域では2店舗のみの扱いでした。

軽自動車らしくない迫力のあるエクステリア

実際に見てみるとS660はボディサイズも小さく車高も低いです。

ホンダ・S660

ホンダ・S660

低く構えたフロントフェイス

ホンダ・S660

ホンダ・S660

張り出し感のあるフェンダー

ホンダ・S660

ホンダ・S660

こうして見てみると最近のホンダのデザインではあるものの、格好良さや洒落た雰囲気は上手く出せてるように感じます。
軽自動車なんだけど、軽自動車らしくないという印象です。

最近のホンダの車のエクステリアで高評価と思えるものがなかったのですが、S660はデザイン力も高くて率直に良いと思います。

ボディサイズはこんな感じになっています。

ホンダ・S660

ホンダ・S660

全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,180mm
ホイールベース:2,285mm

ホンダでは1990年代に発売されていたビートというオープン2シーターの軽自動車がありました。
人気が高く、1996年の発売終了から20年が経過する今でも大切に乗っているユーザーもいるそうです。

S660ですが、ビートの後継車として発売されています。
ビートの雰囲気をしっかりと残しつつ、現代版として新しく生まれ変わっていますね。
実際にこれまでビートを大事に乗って来て、S660へと乗り換える方もいるそうです。

口コミなどを見ているとサイドビューとリアビューが格好良い!との声が多くあります。

ホンダ・S660 左斜め前から

ホンダ・S660 左斜め前から

ホンダ・S660 真後ろから

ホンダ・S660 真後ろから

コンパクトなんだけど、密度が高くなっているというのでしょうか。
一回見たら忘れられなくなるような、弾丸にも似た迫力さえも感じます。

スポンサーリンク

横に長い薄型LEDヘッドライトとポジションライト

ヘッドライトに関してはホンダのデザインとも言える横に細長いタイプになっています。

ホンダ・S660 ヘッドライト

ホンダ・S660 ヘッドライト

キューブ調のヘッドライトにアイライン調に細長く光るポジションライトが装備されています。

こちらはいずれもLEDになっています。

ホンダ・S660 ヘッドライト

ホンダ・S660 ヘッドライト

点灯はしていないのですが、こうして間近で見ると綺麗さがありますよね。
ただし、ハイビームに関してはLEDではなくハロゲンになっているそうです。

ライトも低い位置に設置されていますので、夜間の視界が気になるところかと思います。

もし本格的に購入を考えるのでしたら、昼だけじゃなく夜間の試乗もしてみた方が良いかなと個人的には感じます。

ドアミラーは手動式!その理由は?

S660を目の前にしてみると、エクステリアで気になる部分は幾つか出て来ます。

まず、目についたのがドアミラーですね。

ホンダ・S660 ドアミラー

ホンダ・S660 ドアミラー

横に長いヘッドライトに合わせているかのように、ドアミラーも細くて長いデザインになっています。
視界に関しては思った以上に悪くないです。

しかし、驚いたのがこのドアミラーが電動格納式でないということです。
今時、ドアミラーが手動式の車が少ないですよね・・・。
いくらボディサイズが小さいとはいえ、狭い場所に駐車するときは電動格納式は必須とも言えるでしょう。

この理由について確認してみると「デザイン重視」によるもの。

電動格納式ドアミラーにすることで、ミラーの付け根の部分が太くなってしまってデザイン性が劣ってしまうのだそうです。
言われてみて納得出来るような、出来ないような・・・。

とにかく、デザイン性にはとことんこだわっているということですね。

今回試乗した【S660】のスペック
車名 S660 メーカー名 ホンダ
グレード名 α(MT) 車両重量 830kg
発売日 2015年4月2日
ニューモデル
全長×全幅×全高 3395×1475×1180mm
乗車定員 2人乗り ホイールベース 2285mm
排気量 658cc 最小回転半径 4.8m
駆動方式 MR 最高出力
(kW[PS]/rpm)
47[64]/6000
ミッション 6MT 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
104[10.6]/2600
燃料 レギュラー エンジン 水冷直列3気筒DOHC12バルブターボ
JC08モード燃費 21.2km/L 型式 DBA-JW5
現行モデル発売 2015年4月~
[初代]
タイヤサイズ [前]165/55R15 75V
[後]195/45R16 80W
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのS660を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのS660を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

S660の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

S660を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでS660の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る