フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント試乗 新型の特徴と競合車との比較(4/10)

フルモデルチェンジ後の新型パサートは、先代と比べて横に広く見えるデザインになりました。
先代モデルはもう少しゴルフに近いような・・・そんなデザインでしたが、新型で一気に高級感が増しました。
かと言って高級感が全面に出ているわけではありません。

なお、パサートの車名はドイツ語で「貿易風」を意味する言葉だそうです。

再設計されたパサートのボディ

パサートヴァリアントのボディサイズを確認してみましょう。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント

  • 全長:4,775mm
  • 全幅:1,830mm
  • 全高:1,510mm(TSI Highline、TSI R-Line)、1,490mm(TSI Comfortline、TSI Trenndline)
    →Discover Proパッケージ装着で1,510mm
  • ホイールベース:2,790mm

なお、先代モデルのパサートヴァリアントのボディサイズはこんな感じでした。

  • 全長:4,785mm
  • 全幅:1,820mm
  • 全高:1,530mm
  • ホイールベース:2,710mm

「MQB」の導入に伴い、全面的に再設計されたパサートのボディです。
サイズそのものには大きく目立つ変更はない中、ホイールベースは80mm拡大されています。

前後のオーバーハングに短さが出て、ノーズの比率も長くなりました。
そのことでダイナミック、かつ伸びやかなスタイリングが実現されていますね。

また、室内長は33mmほど拡大されています。

他車ステーションワゴンと比べて大きめのパサートヴァリアント

他車のステーションワゴンのサイズはどんな感じでしょう?

メルセデス・ベンツ C-Class(C200 STATIONWAGON Sport)

メルセデス・ベンツ  C-Class(C200 STATIONWAGON Sport)

メルセデス・ベンツ  C-Class(C200 STATIONWAGON Sport)Z
(Photo by MercedesBenz Webcatalog)

  • 全長:4,730 mm
  • 全幅:1,810 mm
  • 全高:1,460 mm
  • ホイールベース:2,840mm

BMW 320i Touring

BMW 320i Touring

BMW 320i Touring
(Photo by BMW Webcatalog)

  • 全長:4,645 mm
  • 全幅:1,800 mm
  • 全高:1,460 mm
  • ホイールベース:2,840mm

これからと比べると、全長はパサートヴァリアントが一番長いことになります。
パサートヴァリアントはFFになりますが、結構サイズが大きいことにも驚きました。

スポンサーリンク

お勧めカラーは軽く10万円超え!

新型ゴルフ・トゥーランにはオプションカラーは存在しませんでした。
さて、パサートヴァリアントは???となることでしょう。

カラーは全9カラーから選べます。

・タングステンシルバーメタリック
・ピュアホワイト
・ディープブラックパールエフェクト
・リフレックスシルバーメタリック
・ナイトブルーメタリック
・ハーバードブルーメタリック
・ブラックオークブラウンメタリック

ここまでは追加なしで選択出来るカラーです。

オプションカラーは下記2カラーです

・クリムゾンレッドメタリック:64,800円
・オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト:129,600円

一般的にオプションカラーって4、5万円レベルかと思っていましたが・・・・
オリックスホワイト マザーオブパールエフェクトは軽く10万円をこえています(汗)

ちょうど展示車でありましたが、こんな感じです。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント オプションカラー「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント オプションカラー「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」

何層にも重ねているため、作業に手間と時間がかかるカラーなのだそうです。
光に当たると凄く綺麗で高級感のあるカラーではありますが・・・値段が相当なものです。

オプションカラーでなくても白系ですとピュアホワイトがありますので、こちらを選ぶのもありかも知れませんね。

私のゴルフ7・ヴァリアントになりますが、ピュアホワイトはこんな感じです。

ゴルフ7・ヴァリアント ボディカラー「ピュアホワイト」

フォルクスワーゲン・ゴルフ7・ヴァリアント ボディカラー「ピュアホワイト」

画像で見るとよく分かりませんが、間近で見れば光り方などを含めて結構な違いがあります。

これは販売店で是非チェックしてみると良いかと思います。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのパサート ヴァリアントを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのパサート ヴァリアントを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

パサート ヴァリアントの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

パサート ヴァリアントを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでパサート ヴァリアントの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る