フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント試乗 質感と完成度の高さを感じる内装インテリア~後編(6/10)

ここまでは新型パサートヴァリアントの外観・エクステリアと内装・インテリアの一部を紹介してきました。
装備や機能も充実、質感の高さもあって、盛り沢山な内容となりそうな新型パサートヴァリアント!

この後は内装・インテリアの続きとなります。

ステアリングとメーターを確認

ステアリングはTSI R-Line(Rライン)のものは、前項の専用装備の項目でお伝えしましたが、他のグレードはどうでしょう?

TSI Comfortline(コンフォートライン)

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Comfortline(コンフォートライン) ステアリング

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Comfortline(コンフォートライン) ステアリング

TSI Highline(ハイライン)

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Highline(ハイライン) ステアリング

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Highline(ハイライン) ステアリング

どちらも本革にはなっており、スイッチ類も装備されています。

ゴルフ7ヴァリアントは、TSI Comfortline(コンフォートライン)にはスイッチ類の装備がないのですが、新型パサートヴァリアントは違うようです。

違いという部分ですとメーターですね。
真ん中にマルチインフォメーションディスプレイが装備されているのですが、ここがモノクロかカラーかで分かれます。

TSI Comfortline(コンフォートライン)はこんな感じにモノクロ。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Comfortline(コンフォートライン) メーター

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Comfortline(コンフォートライン) メーター

こちらがTSI R-Line(Rライン)のものですが、こうして見ると分からないですね。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI R-Line(Rライン) メーター

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI R-Line(Rライン) メーター

私自身はそこまで大きな違いは私は感じない部分でした。
ただし、この辺に拘りがある方ですと、気になってしまうかもしれません。

シートはTSI Highline(ハイライン)以上でレザーシート

4グレードのうちの2グレードはファブリック、もう2グレードはレザーを使用しているシート。

TSI Comfortline(コンフォートライン)のシートはファブリック。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Comfortline(コンフォートライン) シート

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Comfortline(コンフォートライン) シート

試乗車のシートカラーはチタンブラックでした。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント シートカラー「チタンブラック」

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント シートカラー「チタンブラック」

他には「サントロペ」というホワイトに近いベージュのカラーも選ぶことが出来ます。
その下のTSI Trendline(トレンドライン)はブラックのみとなり、選択は出来ません。

TSI Highline(ハイライン)は、ナパレザーを使用したシートになっています。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Highline(ハイライン) シート

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Highline(ハイライン) シート

こちらのカラーはチタンブラックですが、他にナチュラルブラウンからも選ぶことが出来ます。
こちらもなかなか良い色ですね。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント シートカラー「ナチュラルブラウン」

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント シートカラー「ナチュラルブラウン」
(Photo by Volkswagen Webcatalog)

TSI R-Line(Rライン)も同様にナパレザーを使用しています。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI R-Line(Rライン) シート

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI R-Line(Rライン) シート

フリントグレーとチタンブラックのコンビとなっています。
実際に座ってみましたが、やはりレザーは良いな・・・そう思えるようなシートに仕上がっています。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント シート素材「ナパレザー」

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント シート素材「ナパレザー」

ナパレザーとはどんなレザー?と思われる方もいると思いますが、カリフォルニアのナパバレーという地名が由来だそうです。
革をなめして柔らかくし、よく伸びることが特徴になります。
手袋の素材にも使用されるとして知られています。

スポンサーリンク

シートにマッサージ機能つき

TSI Comfortline(コンフォートライン)は、シートを前に出す際には手動となります。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Comfortline(コンフォートライン) シートスライド

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Comfortline(コンフォートライン) シートスライド

リクライニングとランバーサポートはスイッチにて操作可能です。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Comfortline(コンフォートライン) シートスイッチ

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Comfortline(コンフォートライン) シート操作スイッチ

ここまでは普通というか、こんなものかな?という感じでしょう。

TSI Highline(ハイライン)とTSI R-Line(Rライン)は、そこに運転席&助手席が8WAYのパワーシートになります。
前後、高さ、角度、リクライニングの操作が出来て、メモリースイッチも装備されます。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI R-Line(Rライン) 8WAYパワーシート

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI R-Line(Rライン) 8WAYパワーシート

シートヒーターが装備されているのもTSI Highline(ハイライン)とTSI R-Line(Rライン)のみです。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI R-Line(Rライン) シートヒータースイッチ

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI R-Line(Rライン) シートヒータースイッチ

運転席&助手席に装備され、操作はエアコンのパネル内にあります。
温度調節が三段階になっていて、寒い日のドライビングでも快適になるかと思います。

寒い日は良いけど、では暑い日は?となるかも知れません。
そんな時はTSI Highline(ハイライン)のみになりますが、シートベンチレーション機能が装備されます。
シート内にファンが内臓されているので、座面や背面の蒸れを抑えてくれます。
夏の快適性もこれで幾分アップするのではないでしょうか。

そして、私が驚いたのがシートマッサージ機能!

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Highline(ハイライン) 運転席はマッサージ機能付き

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント TSI Highline(ハイライン) 運転席はマッサージ機能付き

運転席のみとはいえ、マッサージ機能がつくとは思いもしなかったです。
マッサージの専用の機械に比べれば穏やかなものですが、ブルブルと動いて長距離ドライブに疲れた時なんかは良さそう。

新型パサートヴァリアント・・・
ここまで見てますが、想像以上の内容になっています。

車両本体価格は決して安いとは言えませんが、それに見合った内容にはなっていると思います。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのパサート ヴァリアントを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのパサート ヴァリアントを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

パサート ヴァリアントの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

パサート ヴァリアントの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

パサート ヴァリアントを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでパサート ヴァリアントの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
  2. 日産・リーフ
    新型リーフの内装インテリアですが、私事ながら先代リーフは筆者の母のクルマが日産車ということもあり、何…
  3. 日産・リーフ
    世間ではゼロエミッションカー、電気自動車、自動運転が話題になっていますが、その尖兵とでも言うべき日産…
  4. スズキ・クロスビー
    現在スズキのクロスビーを購入するかどうかと考えている方も少なくはないでしょう。 しかし、ハスラーと…
  5. スズキ・クロスビー
    車の金額って購入を検討する際には、かなり重要なものですよね。 購入するにあたってどんなにいい車でも…
  6. スズキ・クロスビー
    スズキから新たに発売されたクロスビーですが、その見た目からハスラーをイメージしてしまうという方も多い…
  7. スズキ・クロスビー
    スズキから新たに発売されたクロスビーの内装インテリアはどのようなものか気になりませんか。 というの…
  8. スズキ・クロスビー
    スズキから2017年12月にデビューしたクロスビーですが、CMを見てハスラーの大きいタイプ?と思って…
  9. マツダ・CX-8
    発売から数か月が経過し、少しずつ人気が出てきたマツダのCX8ですが、とにかく金額が高いというのがこれ…
  10. マツダ・CX-8
    2017年9月に発売されたマツダのCX8ですが、購入を検討しているという方も多いのではないでしょうか…
ページ上部へ戻る