フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント試乗 試乗してみて感じた走行性や最新装備(9/10)

今回、1日体感キャンぺーンでパサートヴァリアントのTSI Comfortline(コンフォートライン)とTSI R-Line(Rライン)を利用。
販売店に用意されたTSI Highline(ハイライン)を試乗し、主要となる3グレードは全て体感しました。

新型パサートの日本導入モデルは1.4LのTSIエンジンが搭載され、トランスミッションは7速DSGが組み合わされています。
最大出力は150ps、最大トルクは25.5kgm、燃料消費率(JC08モード)は20.4km/Lとなります。
車両重量は1460kgとやや軽めな印象かも知れません。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント

また、新型パサートヴァリアントですが、外観・エクステリアと内装・インテリアがグレード間で違います。
でも、搭載されているエンジンなどは全く同じものになりますから、走行性には差はないと考えて良いでしょう。

走り出しから快適ドライブを体感

乗り込んでみると、いつも乗っているゴルフ7・ヴァリアントよりもゆったりとしていますね。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント 運転席

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント 運転席

私はこの高さに慣れていますが、ミニバンなどを乗ってきた方ですと低めに感じるかも知れません。

パーキングブレーキの解除は自分で操作するようになります。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント パーキングブレーキ

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント パーキングブレーキ

レクサスのようにDレンジに入れることで解除にはなりませんが、この辺は許容範囲です。

走り出してみると新型ゴルフ・トゥーランと同様に静粛性には優れています。
でも違いとして言えるのは、窓から入ってくる音やロードノイズに関してはパサートのほうが防がれていることです。

少し走りだしてみましたが、スタート時の不自然さもなく良く走ってくれます。
走り出しから感触が良かった車は、そのままずっと乗りたいという気持ちにもなるものです。

これで本当に1.4L?と確認したくなるほどの走行性

ゴルフ7・ヴァリアントでも感じたことなのですが、1.4Lには思えないくらいの余裕があります。
既にゴルフ7・ヴァリアンとに乗っていたので分かってはいたのですが、これが初のフォルクスワーゲン!という方は驚かれるかも知れません。

試乗は主に街乗りがメインではありましたが、トルクフルでなかなか良い感触です。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント

新型ゴルフ・トゥーランよりも着座位置が低いので、路面状況なんかはダイレクトに伝わってくるのが分かります。

少し横に広く感じるボディも操作性はどうなの?と思いましたが、この辺も難なくクリアです。
実際には気になることはなく、ちょっと細い道に入ってもすれ違いなどで戸惑うことはありませんでした。

走っている中で一番感じたのは1.4Lとは思えない走行性ですね。
2.0Lと言われても私は信じてしまいそうです。

スポンサーリンク

いつ停止したの?と思えるアイドリングストップ機能

新型ゴルフ・トゥーランと同様に、完全停止する直前にエンジンがストップしています。
信号待ちに入る前に意識はしていたのですが、やはり気付くことなくストップしていました。
これは良く出来ていますね。

ゴルフ7・ヴァリアントでは感じることがないので、尚更素晴らしさを感じるのでしょう。

ブレーキホールドも標準装備

信号待ちや渋滞の際にブレーキを踏んだり離したりが面倒・・なんて場面もあると思います。
そこで活用したいのがブレーキホールド!
停止中にブレーキをから足を離しても進んだり・・ということがありません。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント パーキングブレーキ

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント ブレーキホールド

アウディの車ですとブレーキホールドをすることでアイドリングストップが解除されることがありますが、新型パサートヴァリアントではその心配もありません。
ブレーキホールドとアイドリングストップが両立できる制御になっているのも理想的な形ですよね。

スタート時にアクセルを踏むことで、エンジンが始動して走り出します。
一度この感覚を知ってしまうと次にブレーキホールドなしの車には乗れないかも・・・。

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのパサート ヴァリアントを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのパサート ヴァリアントを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

パサート ヴァリアントの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

パサート ヴァリアントを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでパサート ヴァリアントの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 3月 30日
  2. 2016年 3月 30日
  3. 2016年 3月 30日
  4. 2016年 3月 30日
  5. 2016年 3月 30日
  6. 2016年 3月 30日
  7. 2016年 3月 30日
  8. 2016年 3月 30日
  9. 2016年 3月 30日

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る