投稿者プロフィール

ricky

ricky認定ライター

スズキのジムニーを生まれて初めての車に選ぶ異色女子。
しかも・・・なぜか車高超にして乗っているというその姿は、周囲のおじさまにカッコイイといわれる始末でした。
その後マークⅡクオリスを経て、STEPWGNののち、平成9年式のハイラックスサーフに乗っています。どうも大きい車が好きのようです。
燃費度外視で車の外見と車の車内に異常なこだわりを見せており、電装系を自分でいじってしまう本当にダメな非モテ女子です。
ですが、車や電装系が得意ということで、女子には異常なモテ具合を見せています。
今乗りたい車はランドクルーザーと更に大きい車種。エルグランドでもいいな・・・と思っています。
しかし、ランドクルーザーでできればキャンピングカーを牽引して走る、というどこへ向かっていっているのか自分でも迷走中です。
オイル交換とタイヤ交換は必ず自分でするというのがこだわりです。
相反して小動物が好きいう可愛らしい一面も持ち合わせていますが・・・そのことに関しては誰もノーコメントです^^;

ricky一覧

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る