三菱・eKスペースカスタム試乗 収納とラゲッジルームの使い勝手について(3/6)

広さだけでなく乗っている上での使い勝手も車の購入の際に大きな判断材料となってきます。
ただ装備されているだけではなく、目的に応じた使い方が出来れば尚更良いかと思います。

こちらではeKスペースカスタムの収納やラゲッジルームについて説明していきましょう。

三菱・eKスペースカスタム

三菱・eKスペースカスタム 収納とラゲッジルームの使い勝手はどうか?

1つ1つは小さめだけど使いやすさのある収納類

大容量というわけではないのですが、軽自動車の限られたスペースを上手く使って収納を設置していると思います。
まずはグローブボックスです。

三菱・eKスペースカスタム グローブボックス

三菱・eKスペースカスタム グローブボックス

開けてみると車検証と説明書専用の収納スペースという感じかも知れません。
センタートレイが装備されており、こちらにはボックスティッシュやバラバラにならない程度の小物が置けそうですね。

三菱・eKスペースカスタム グローブボックス

三菱・eKスペースカスタム オープントレイもあるので小物収納が可能

ステアリングの下にも収納スペースがありました。
少し手を奥に入れるイメージなのですが、何を収納するのでしょう・・・。

三菱・eKスペースカスタム

三菱・eKスペースカスタム ステアリング下の収納スペース


ただ収納はあったらあったで何かしらに使う場面はありますので、購入後に考えれば良いのかとも思います。

インパネの上にはインパネアッパーボックスが設置されていて、ここも好みに応じての使用が可能です。
深さはないことと直射日光を受ける場所ではありますが、手を伸ばしてスッと使える手軽さはあります。

三菱・eKスペースカスタム インパネアッパーボックス

三菱・eKスペースカスタム インパネアッパーボックス
(Photo by MITSUBISHI Webcatalog)

オーバーヘッドコンソールは大体ルームミラー付近にあるのが一般的ですが、eKスペースカスタムは後部座席のサーキュラーの裏に位置するように装備されています。

三菱・eKスペースカスタム オーバーヘッドコンソール

三菱・eKスペースカスタム オーバーヘッドコンソール


これは個人的には前にあった方が良いような気がするのですが・・・でもサングラスやメガネだけでなく、サイズ的にウェットティッシュも入りそう。
後ろに位置するので、開閉は停止中に行うことがベストかと思います。

ドアポケットは運転席も助手席もドリンクホルダーを兼ねています。

三菱・eKスペースカスタム 運転席側ドアポケット

三菱・eKスペースカスタム 運転席側ドアポケット


三菱・eKスペースカスタム 助手席側ドアポケット

三菱・eKスペースカスタム 助手席側ドアポケット

スイッチ付近にも小さな小物スペースがあるので、ここを使うことも可能です。

三菱・eKスペースカスタム ドアスイッチ

三菱・eKスペースカスタム ドアスイッチ

ドアポケットだけでなく、ドリンクホルダーは運転席、助手席共にプッシュ式での設置もあります。

三菱・eKスペースカスタム ドリンクホルダー

三菱・eKスペースカスタム ドリンクホルダー

サンバイザーの裏にはチケットや駐車券を挟むためのクリップがありました。

三菱・eKスペースカスタム サンバイザー

三菱・eKスペースカスタム サンバイザー

そして、あると嬉しい収納の1つとされているのがラゲッジアンダートレイです。

三菱・eKスペースカスタム ラゲッジアンダートレイ

三菱・eKスペースカスタム ラゲッジアンダートレイ


私の周りもこの収納はかなり重宝しているみたいで、靴をしまうためなどに使っているそうです。
冬などはブーツとパンプスを履き替えたりする場面もあるので、私もこの収納はあったら良いなと思うものの1つです。

スポンサーリンク

助手席の後ろ側にはバックテーブルの設置あり

運転席も助手席も裏にシートポケットはないのですが、その代わりに助手席には折り畳み式のテーブルがあります。
ドリンクホルダーやコンビニフックもあるので、軽い食事くらいでしたら済ませることが出来そうですね。
ただし、プラスチックで出来ているので勢いよく出すと割れてしまいそうなので加減には気を付ける必要があります。

三菱・eKスペースカスタム 助手席シートバックテーブル 

三菱・eKスペースカスタム 助手席シートバックテーブル 

こちらは助手席のみにしかないのですが、ここはせっかくだから運転席の裏にもあっても良いのかな?と思いました。
子供が二人居たら喧嘩になってしまいそうな・・・そんな気がします。

自転車を積むことも可能なラゲッジルーム

ラゲッジルームは後部座席の広さがあるので、こうして見ると少し容量は小さめかと思います。

三菱・eKスペースカスタム ラゲッジルーム

三菱・eKスペースカスタム ラゲッジルーム


後部座席をスライドすることで多少のスペース確保は可能ですが、この辺は軽自動車として仕方ない程度のものです。

後部座席をこんな感じに埋め込んでしまうことも出来るので、自転車が積めるのだそうです。

三菱・eKスペースカスタム ラゲッジルーム

三菱・eKスペースカスタム 左右独立でのシート格納が可能


もちろん自転車だけでなく、他にもサーフボードなども積むことが出来るのでアレンジ次第で幅が広がるということでしょう。

色々と装備充実なeKスペースカスタムですが、パワーバックドアは装備されていません。
今後装備されれば良いものの1つかと思います。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのeKスペースを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのeKスペースを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

eKスペースの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

eKスペースを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでeKスペースの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る