レクサス・IS200t F SPORT試乗 飽きのこない外観エクステリア(1/5)

2015年8月3日、レクサスISに2000cc直噴ターボモデルとなるIS200tが追加になりました。
こちらでご紹介するのはIS200t”F SPORT”のエクステリアです。
早速みてみましょう。

レクサスといえばスピンドルグリル

格好良さとしては、国内外でも定評があるとされるレクサスISのエクステリア。
フロントから見てみるとこんな感じの迫力のあるフェイスです。
レクサス・IS200t F SPORT

更に間近で見ればこんな感じです。
レクサス・IS200t F SPORT

やはりこのスピンドルグリルに視線を奪われがちになります。
レクサス・IS200t F SPORT スピンドルグリル

スピンドルグリルとは、レクサスが現在すべてのモデルで採用している特徴的なグリルです。
2012年から採用されており、一目でレクサスだと理解出来るデザインかと思います。

スピンドルグリルデザインですが「グリルが大きい=高級車」的なイメージを変えたかったことと。
ロワーグリルから多くの空気をとりこみために下側の台形型を発展させていた結果、現状の形になったのだとか。
今後もどんな進化を遂げるのか注目したいところでしょう。

コンパクトそうで意外と大きい?レクサスIS

レクサスISのボディサイズです。
全長4,665mm×全幅1,810mm×全高1,430mm

レクサス・IS200t F SPORT

斜め前から見るとこんな感じです。
レクサス・IS200t F SPORT

斜め後ろから見るとこんな感じ。
レクサス・IS200t F SPORT

リヤビューです。
レクサス・IS200t F SPORT

見るからに大きいのがタイヤ&アルミホイール!
アルミホイールは”F SPORT”専用です。
レクサス・IS200t F SPORT アルミホイール

そして、タイヤのサイズがフロントとリヤで違うのです。
フロント:225/40R18
レクサス・IS200t F SPORT アルミホイール

リヤ:255/35R18
レクサス・IS200t F SPORT アルミホイール

こうして見たくらいでは分からないのですが、試乗で差は感じることが出来るでしょうか?
ISはパッと見るとコンパクトなイメージがあったのですが、そんなことない(汗)
そう見えるのは、恐らく全高が低いからかも知れませんね。

スポンサーリンク

ヘッドランプの造形も美しい

レクサスのヘッドランプはどれも似たりよったり・・・なんて話もあります。
レクサス・IS200t F SPORT

実際にレクサスNXのヘッドランプと比較してもあまり変化ないですよね。
こちらがレクサスNXのヘッドランプです。
レクサス・NX300h

IS200t”F SPORT”の標準装備になるヘッドランプはプロジェクター式ディスチャージ。
レクサス・IS200t F SPORT ヘッドランプ

でも試乗車も展示車もオプションとなるLEDに変えてました。
実際に間近で見るか点灯しないと分からないくらいの差ですが、でもLEDにこだわる人はこだわりますからね。

ただこのヘッドランプの造形美は国内外問わず、レクサスのみが作り出せるものでしょう。
前から走って来たら「あ、レクサス!」と分かるくらいにヘッドランプも特徴的です。

なお、フォグランプは全モデル&全グレードでLED
レクサス・IS200t F SPORT フォグランプ

リヤコンビネーションランプ(テール・ストップ)も同様に全モデル&全グレードでLEDです。
レクサス・IS200t F SPORT リヤコンビネーションランプ

10色から選択可能なボディーカラー

ボディカラーは匠の技術とされるソニッククォーツをはじめ10種類。

  • ソニッククォーツ
  • プラチナムシルバーメタリック
  • ソニックチタニウム
  • マーキュリーグレーマイカ
  • ブラック
  • スターライトブラックガラスフレーク
  • レッドマイカクリスタルシャイン
  • マダーレッド
  • ホワイトノーヴァガラスフレーク
  • ヒートブルーコントラストレイヤリング

こうして見ると色々ありますね。

レクサス・IS ボディカラー

展示車がブラックでしたし、”F SPORT”がブラックを多く取り入れていることからブラックが個人的には良いかなと思ったのですが・・・
やはり一番人気はソニッククォーツだそうです。
なお、10色のうちの「ヒートブルーコントラストレイヤリング」は”F SPORT”専用です。
レクサス・IS200t F SPORT ヒートブルーコントラストレイヤリング 

確かに格好良いですが、かなり目立ちそうな気が・・・。
そして金額も驚きの162,000円(汗)
私が伺ったレクサスディーラーでは、この色での契約はまだ無いと話していました。

レクサスISは、またNXシリーズとは違う格好良さですね。
やはりこちらもずっと眺めていても飽きなそうです。

今回試乗した【レクサスIS】のスペック
車名 IS メーカー名 レクサス
グレード名 200t F SPORT 車両重量 1,620kg
発売日 2015年8月3日
新モデルとして追加
全長×全幅×全高 4665× 1810× 1430mm
乗車定員 5人乗り ホイールベース 2800mm
排気量 1998cc 最小回転半径 5.2m
駆動方式 FR 最高出力
(kW[PS]/rpm)
180[245]/ 5800
ミッション 8AT 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
350[35.7]/ 1650-4400
燃料 ハイオク エンジン 直列4気筒DOHCICターボ
JC08モード燃費 13.2 km/L 型式 DBA-ASE30-AEZLZ(F)
現行モデル発売 2013年5月~
[2代目]
タイヤサイズ [前]225/40R18 88Y
[後]255/35R18 90Y
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのISを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのISを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ISの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ISを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでISの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る