マツダCX-3 XDツーリング マイナーチェンジで改善して欲しいところ(9/9)

今後の年次改良やMCで改善して欲しい部分はいくつかある。

外観エクステリアについて

エクステリアは別記事でも書いたけどほとんど文句ありませんが、やはり気になるのはリア周りのデザイン。

マツダCX-3 XD ツーリング

決して悪くはないけど、デミオとのもっと大きな差別化が欲しかった。
あとはリアバンパーの突出部、少し出気味で、下アゴが出ているように見えるときがある。
MCでバンパー形状を変えることはよくあります、でも大きく変えてしまうと全長が変わることになってしまうのであまり期待できないかもしれない。
フロント周りに関してはウインカー部周辺の処理、コストの面もいあるだろうけど全車フォグランプの標準でいいのではと思う。
それ以外は無い。今でもスタイルはとてもイイと思うし、見ていて飽きません。

内装インテリアについて

次にインテリア。ここは改善点がいっぱい(笑)
デザインそのものには特に不満はありません。
が、それはデミオならの話。
まずは上からいくとサンバイザー。バニティーミラーは付いているけど照明は無い。
しかし、サンバイザーを外すとパーツ流用のせいか照明用コネクターが刺さるようになってます。
ここまでしてくれるならあとは配線だけなのに、どうして止めたの?
と言いたくなる。今や軽でも採用されているのにこれはないだろう。

次にルームミラー。
ここも自動防眩にしておくべき、アテンザやアクセラ、NDロードスターと、全部共通なんだから出来ない訳がない。

インテリアではないけど、レインセンサーワイパーの正確さ。
CX-5の頃から付いていた機能
しかしやはり使いものにならない。
大雨でも間欠時間が長かったり、小雨でも連続稼動という迷走っぷり。
しっかり間欠モードに変更しておいた。

グローブボックスのダンパー。
久しぶりにダンパーの無い車に乗ったけどすごく残念。そして容量も少ない。
車検証とティッシュBOXを入れるともう入る余地が無い。
そして、運転席側にはスイッチ系のブランクパネルが無い。
電装品を追加してスイッチを付ける場合に設置する場所がない。
すっきりしていいのかもしれないけど、何もなさすぎる。
収納ばかりのヘンテコな内装も嫌だけど、もう少しバランスを見て欲しい。

そして問題のセンターコンソール。
OPのアームレストはカップホルダーが犠牲になります。
肘を置くだけのためだけに2本のカップホルダーが消失します。
もちろんアームレストは跳ね上げ式なので、上げれば使えます。
その代わり跳ね上げると、アームレスト内の収納はひっくり返ります。
小物を入れられるようになっているが、小物は雑に扱われる仕様です。
列挙するだけで萎えますね(笑)
おまけに高いです。その上、後方の小物入れは無くなります。
実際には触れたことはないけど、金額の割りに作りはイマイチとよく聞きます。

そして右ハンドルなのに、サイドブレーキが助手席側に寄っているのはダメです。
担当の話によると、「左ハンドル仕様で全て共通にしている」とのこと。
『はい、やりなおし』と、言いたいくらい。

マツコネについて

問題のマツコネ。
これはバージョンアップで段々改善するだろうけど、まだ足りない。
古くならないシステムと言っているけど、ハードの性能がもうすでに古い。
せめてアンドロイドタブレット並みのレスポンスが欲しい。

あと、知り合いの指摘で、シートの調整レバーが貧弱とのこと。
せめてLパケは電動シートにしてほしいところ。
プレミアムコンパクトとして欧州勢と戦う気があるなら、それくらいは付けないとダメでしょ。

照明関係もまだダメだと思う。
ドアスイッチパネル照明やリアルームランプの単独スイッチ、この辺りは要改善だと思う。
こういうコストカット見え見えの戦略は非常に残念。

そして1.5Dのレスポンスアップ。
これはディーゼルなので無理かもしれないけど、ターボラグの改善はもう少しなんとかならないかな。。。

足周りのセッティング。
「関東まで運んでテストした」というわりには硬すぎる。
とくにリアが。
収束は早いけどやっぱりバタつく。
重量の関係かトーションビームを採用したのは間違いだと思う。
4輪ディスクブレーキを採用された以外は不満が多い。
曲がるときはリアに踏ん張りがあまりない、AWDだと違うかもしれないけど。

アテンザやCX-5が大きくMCしたのだから、CX-3でも大変更があるかもしれない。
大変更が出たら出たで悲しいかもしれないが、今後に期待したい。

マツダCX-3 XDツーリング

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのCX-3を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのCX-3を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

CX-3の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

CX-3を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでCX-3の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

N・マンセル

N・マンセル認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 兵庫県在住

兵庫県在住の一児のお父さんやってます。関西人だけど、人見知りの小市民です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • masa
    • 2015年 9月 15日

    はじめまして。
    CX-3乗りのmasaと申します。
    私も同様の不満を持っていましたので凄く共感しながら読ませていただきました。
    リアのバタつき、夜間のスイッチ類の見難さ、随所に要改善箇所が見受けられますよね。
    ただエクステリアだけは気に入っているのでマイチェンによって不満箇所が改善されればまたcx-3にするかもしれません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る