マツダ・CX-5 XD マツダのクリーンディーゼルは現在も世界一の技術が採用されている(3/5)

とにかくパワフルな2.2Lクリーンディーゼルエンジン

CX-5の一番の特徴である2.2Lディーゼル。
現在はCX-3の1.5Dに乗っているけど、パワーの差は歴然。
2012年初期モデルなので現在の2.2Dはどうなのか知らないけど、アイドリングの騒音や振動はまったく気にならないレベル。
1.5Dだとさらに静かにになるけど当時は比較対象もなかったし、比較する気も起きないくらい満足していた。
で、パワー。
とにかくパワフル☆
とはいっても、全域でパワフルではないです。
特に出足は重いです。
恐らく制御の関係だと思うけど、あまり過度な期待をするとアレ?っとなります。

この車はスポーツカーとかサーキットを走る車ではないので、ちょっとアクセル踏むとグイグイ進むとかの印象を持っている人が多いと思うけど、そうではなく普通に進みます。
普段使いだとこれくらいがちょうどいいという結論に至ったのか、ギアボックスを労わるためかは知りませんが。
もちろん深く踏みこめばそれなりに出ます。
ただ、ドッカンターボのようにラグが少しあってからいきなりでます。

マツダ・CX-5

一定速度からの加速が素晴らしい鬼トルク

この車を3年乗った経験上、一番気持ちよく走るステージは高速道路です。
合流や追い越し等の一定速度からの加速はクセになりますね(笑)
これは1.5Dでは味わえない感覚です。
おかげで長距離の走行は全然疲れなかった。
しかも燃費もすごい。
高速と一般道、峠の複合で17.5キロが出たときは、ハイブリッドを超えるんじゃないか!?と思いました。
しかも燃費を気にしながら滑空モードとか、何もしなくても出た数値でした。
ただ一般道のみだとかなり落ちます。
環境もあるので仕方ないですが。

よく鬼トルクとか言われますが、一番発揮するのは高速走行時や上り坂です。
特に上り坂はトルクの影響が大きいので、上り坂なのにシフトアップしながらグイグイ上っていきます。
TDIチューニングは未経験ですが、無くても充分です。

ちなみに2.0Sも試乗しましたが、印象は乗り易かった。
ディーゼルに乗る前の試乗だったこともあるけど、出足は2.2Dと同等くらい。
けど、加速はやはり普通。
ダメってわけではなく、ただ普通って感じた。
個人的には2.0Sユーザーになったとすれば、2.2Dにすれば良かったと後悔する可能性は100%。

マツダ・CX-5 マフラー

スポンサーリンク

約3年で経年劣化が否めない足まわり

次に足周り。
CX-5の初期の初期型は、実はリアは一番硬い設定だそうです。
私のはその一番硬いロットでした。
確かに後部座席に座ると硬い印象はありました。
ただ運転席だと全然気にならない。
このあたりのバランスが難しいのかもしれないけど。

でもそれは納車から数ヶ月の間だけで、手放す直前くらいになると逆にリアがヘタってきた感じがあった。
沈み込むスピードとバネが戻るスピードに、少し違和感を感じるようになった。
その時はほぼ3年ほどだけど、まだ2万キロに達していない状態だったのにも関わらずなので、経年劣化と考えるほうが正しいかもしれない。
常に車体は地面に接しているので、その年数が影響しているのだろう。
乗り続けるなら保障で交換しますとサービスには了承を得ていたけど、結局手放してしまった。。。

そして、MC後はさらに熟成しているという話なので、どれほどよくなっているのか少し興味があるので実際に乗ってみた。
その結果・・・
そんなに変わらないような・・・?
当時の記憶が薄れているのもあるけど、おおっ!ていう感動は無かった。
それより気になったのは内装の質感や静寂性、その辺りが良くなった。
というか、変わったな~という印象。
足回りを体験できるほどの試乗でなかったけど、ステアリングの重さやキレは同じように感じた。

マツダ・CX-5

ハンドリングの良さは秀逸

そして思い出したのが、ハンドリングの良さ。
交差点や進入などでアンダーやオーバーステアが出にくい。
ステアリングの戻りがアクセルでコントロールできる。
やはりマツダ車と感じた。

1.5Dの燃費とパワーのバランスは、2.2Dの効率をさらに高めた感があって今はCX-3にしたわけだけど、その分背中を押されるような感覚はスポイルされている。
両方の特徴を知っているだけに、2.2Dのパワーで1.5D並みの燃費が稼げたらいうことないエンジンなんだけど、その辺りマツダさんに期待したい(笑)

VW問題を払拭して欲しい、マツダの技術に期待

そして、話題のVW問題。
専門的な話はわからないし、そういうことは他の偉い方々が説明されているのであまり書きませんが、
ディーゼル=悪
と、決め付けてくる人が多いのにびっくりです。

こんな風評被害的なことで、ディーゼル車のリセールバリューが下がるんじゃないかとオーナーとしては不安です。。。
数年後は乗り換えるんだから、それまでにマツダさんにはこの話題を払拭できるくらい頑張ってくれることを祈ってます。

マツダ・CX-5

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのCX-5を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのCX-5を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

CX-5の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

CX-5を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでCX-5の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

N・マンセル

N・マンセル認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 兵庫県在住

兵庫県在住の一児のお父さんやってます。関西人だけど、人見知りの小市民です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る