30系新型アルファードへ 買い替えのきっかけ

トヨタ新型アルファード S Aパッケージ

乗り心地の良さを求めて買い替え検討

30系アルファードの前に乗っていた車はMクラスミニバンのステップワゴンで、買い替えの一番の理由は乗り心地が良くないことでした。
乗り心地に満足度は得られないものの5ナンバーサイズは普段使いに最適で、街乗りからちょっと長距離までどこへ行くにもオールマイティーに使えて、本当に便利。
しかし、ある程度の長距離になってくると、乗り心地の悪さが積もり積もって、乗っていて疲れる・・・。
ボディサイズ的に仕方のないことでしたが、今年ステップワゴンが初回車検を迎えるにあたり、それなら車検前に買い替えよう!ということで本気で乗り換えを検討することになりました。

ミニバンか?SUVか?

まず買い替えにあたり、7人(8人)乗りでスライドドアのミニバンにするか、5人乗りのSUVにするか、車種タイプでかなり迷いが・・・。
買い替えの主な理由が乗り心地だったので、もしミニバンにするならLクラスサイズのエルグランド、アルファード、ヴェルファイアあたりが候補。
しかし、買い替え検討時点ではいずれも末期モデル。アルファードとベルファイアは年明けに6年ぶりのフルモデルチェンジをするということがわかっていたので、それまで待つか・・・。
エルグランドはまだモデルチェンジは先で、末期モデルではあるけど、その分値引きが相当期待できるのでは?とか・・・。

小さな子どもいる我が家では、まだしばらくチャイルドシートは必須。
核家族で普段は子供と夫婦3人だけの乗車ですが、時々おばあちゃん達を乗せて出かけることもあるので、5人乗車になることも。
となると、乗車定員5人にチャイルドシート付けて5人乗るとなるとかなり狭くなる。
しかし5人乗るのはきっと年に数えるだけのことで、基本は3人乗車。
普段は3人なのに3列目要る?と・・・。
じゃあ別にミニバンでなくてもいいか・・・とも思い始め、5人乗りのSUV車も視野に入れて迷っていました。

Ashburnで新車を最安値で購入する方法を教えます!

スポンサーリンク

SUVならハリアーが候補に

SUVだったらハリアーがいいかなと思い、2014年の秋頃、試乗に行きました。
実際に試乗した感想は、乗り心地が良くて、しかもデザインが内外共に上品でかっこいい。
ディーラーに行くまではそれほど真剣に考えていませんでしたが、現車を見て試乗をさせてもらい、一気に購入意欲が高まりました。

次買い替える車には絶対付けたい!と思っていたムーンルーフをオプションで付けたハリアーが、ちょうどお客さんに納車する新車でたまたま入庫していたので、タイミング良く現物を見せて頂きました。
屋根全体がパノラミックルーフになっていて、ものすごく良かったですね。それを見てますます欲しくなりました。
真剣にハリアーを検討しましたが、納期がその時注文しても4か月待ちだったかな?
もう発売されてから1年以上経つのにそんなに待たないといけないのか・・・とちょっと残念。
しかも値引きが8万円と決まっているとはっきり言われました。
値引きも厳しく納期が遅い・・・。ちょっと購買意欲が薄れてしまうことに。

4か月も待てば、新型アルファードが出るじゃないかってことになり、一旦ハリアーは白紙に。
きっとあの時、納期が1ヶ月程で値引きももうちょっとあれば、注文していたかもしれません。

ミニバンが最終候補に

普段使いのことを考えると、毎日の保育園への送迎時や、スーパーの駐車場でチャイルドシートに子どもを乗せたり降ろしたりの動作は、少々時間もかかる上にドアの開き具合を気にしながら、もし突風でも吹けば隣の車にドアパンチなんてことも十分にあり得る話。
となると、ミニバンのスライドドアはやっぱり便利です。

そして、何より3列シートだと多少余計な荷物も常時乗せておけるし(小さな子どもがいると何かと予備荷物が多い)、5人乗車の時でもゆったりしていて快適だろう!
ということで、最終的に車種タイプはミニバンで検討することになりました。

さてミニバンとなると日産エルグランドかトヨタのアルファード、ヴェルファイアになってくる訳ですが、アルファード、ベルファイアなら、我が家はアルファードの方がデザイン的に好み。
モデル末期のエルグランドにするか、フルモデルチェンジ後のアルファードにするか、買い替え時期や予算も踏まえて悶々と悩む日々が続いたのでした。

>>30系新型アルファード 購入を決めた理由 に続く

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルファードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルファードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルファードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルファードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルファードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る