マツダ・アテンザワゴン試乗 2.2Lディーゼルターボエンジンの走行インプレッション

アテンザの売れ筋はディーゼルターボモデル

8月にマイナーチェンジを控えているアテンザですが、アテンザにはセダンタイプとワゴンタイプの2種類があります。
そしてエンジンは、2Lと2.5Lのガソリンモデルと、2.2Lのディーゼルターボモデルの3本立てでモデル展開されています。

また、このクラスの車でオートマ車だけでなくマニュアル車(ディーゼルのみ)もまだ存在するという貴重なモデル。
人馬一体をコンセプトに掲げるマツダの徹底したこだわりを感じますね。

今回試乗させてもらったのは、アテンザワゴンのディーゼルエンジンモデルでした。
グレードは一番売れ筋となるディーゼルモデルの中間グレード「XD PROACTIVE」。

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE

そして試乗後に、車の後ろにまわってオーナメントパネルを見た時に初めて気付いたのですが、2WDのFF車ではなく、AWD車でした。

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE(AWD)

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE(AWD)

AWDとはいわゆる4WDですが、最近はAWDというのが一般的になりつつあるようですね。
マツダのAWDは完全に自動制御されているので、ドライバーが手動で2WDに変えたり4WDに変えたりということはできないシステムになっています。

確かに室内にどこにもそれらしきスイッチ類が見当たらなかったので、余計にAWD車だということに気付きませんでした。
外観では「ATENZA」のオーナメントパネルの下に「AWD」となっていることでしか見分けることができません。

私の住む地域では、真冬でもそれほど雪が積もるということもありませんので、AWDが必要になるということは滅多にありません。
現にお邪魔した店舗で販売されているマツダ車のほとんどが2WD車ということで、何でAWDの試乗車なの!?って感じでしたが・・・

「メーカーとしてはマツダのAWD技術をよりアピールし、世間に知ってもらいたいという意向があるそうで、試乗車が時々AWD車になります。」
との営業さんからのコメント。
「i-ACTIV AWD」という新世代の4WDシステムだそうです。

ただ、試乗の日は天気もよく路面もドライだったので、AWDが作動するような状況では全くなく、基本FF車に乗っていたという感じですね。

スポンサーリンク

2.2Lディーゼルターボはガソリンエンジンの3.5L並みのパワー

これは営業さんからの案内ですが、今回試乗したアテンザの2.2Lディーゼルターボエンジンは、ガソリンエンジンでいうところの3.5L並みのパワーがあるとのこと。

私自身、3.5Lもの大排気量の車を運転する機会がないので、何ともイメージがつきにくかったのですが、
3.5Lとなるとすごく大きな車!というイメージがあって、ちょっとビックリ。

今回試乗したコースは、交通量の多い街中の国道と、信号がほとんどなく交通量の少ない国道の両方を走ることができました。

エンジンスタートボタンはメーターの左側にあります。

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE エンジンスタートボタン

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE エンジンスタートボタン

アクセルペダルはオルガン式です。

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE フットペダル

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE フットペダル

個人的にオルガン式のペダルの車をあまり運転したことがないのですが、何となく踏み込みやすいような気はします。
これは長距離を走ってみないと何とも言えませんが、足のかかと部分からペダルに接点があるので疲れにくそうな感じがします。

そして、走り出してからの印象ですが、
普通に出だしの加速では、ビュンと飛び出るようなことはありませんが、上品にジワジワと力強く加速していくという、ディーゼルエンジンの特徴的な走りだったように感じます。

ジワジワと・・・という表現の仕方はちょっと違うかもしれませんが、
決して加速に時間がかかるという意味ではなく、
力強さを感じる、まさにトルクフルな走り、といった感じです。

そして、力強さの上に何とも言えない上品な加速、走りをしてくれたのが印象的でした。

ディーゼルターボエンジンとだけ聞くと、
ガソリンエンジンに比べると、多少なりともガラガラ音がして、ちょっと荒いイメージ・・・
というのが、いまだに何となくあったのですが。

以前CX-5の出始めの頃に、ディーゼルエンジンモデルに試乗したのですが、
やっぱりディーゼルだな・・・
と、感じた記憶が残っていたので、余計にそのイメージがありました。

しかし、今回試乗したアテンザのディーゼルターボは全くそのようなことはなく、本当に品のある走りで、音も全く気にならず、高級車という位置づけに納得できる走りでした。

加速に関しては、恐らくグッと踏めば体がシートに張り付く程の加速をするようですが、試乗ではなかなかそこまでの加速を試すことができなかったので・・・。

マツダのディーゼルターボは、高速域での加速にかなり定評があるようなので、高速道路に乗る機会が多い人にはぜひチェックしてもらいたいところですね。

6速ATは気持ちのいいフィーリング

試乗していて一番に感じたのが、アクセルを踏み込んでタコメーターを見ていると、2000回転以上にはならず、2000回転まできて下がり、また上がりを何度か繰り返すというところ。

アテンザのミッションはCVTではなく6速ATなので、回転数を上げて引っ張るCVTと違い、6速ATで素早く変速していくところが、スポーティーで何とも言えない気持ちのいいフィーリングでした。

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE シフト

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE シフト

ステアリングシフトスイッチ(パドルシフト)が全車標準装備

ステアリングシフトスイッチという、いわゆるパドルシフトがアテンザには標準装備されています。
(AT車のみ)

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE ステアリングシフトスイッチ

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE ステアリングシフトスイッチ

全車標準装備というところに、マツダのこだわりを感じますね。

パドルシフトが装備されているということは、スポーティーな運転をしたい人や、より自分の好みに合った変速を楽しみたい人には嬉しい装備ですよね。

私は個人的に下り坂などでシフトダウンをしたい人なので、パドルシフトはありがたいです。

電動パーキングブレーキだがブレーキホールド機能はない

アテンザには電動パーキングブレーキが採用されていますが、残念ながらブレーキホールド機能がありません。

マツダ・アテンザワゴン 2.2Lディーゼル XD PROACTIVE 電動パーキングブレーキ

マツダ・アテンザワゴン XD PROACTIVE 電動パーキングブレーキ

30系アルファードでブレーキホールド機能の良さを日々感じているので、ぜひブレーキホールド機能があればいいのに・・・
いずれ追加されることを期待したいところです。

ただ、ブレーキホールド機能そのものが、マツダの方針に沿うものかどうかハテナ?ではありますが。

マツダの電動パーキングブレーキは、基本的にスイッチを操作して解除する方法を推奨しています。
スイッチ操作なしで、アクセルを踏み込むことでパーキングを解除することも可能なのですが、結構ガクッとボディが揺れるそうです。

試乗の際に、営業さんからパーキング解除に関しては
「スイッチで操作して下さい。」
と指示されましたので、実際に試してはいませんが・・・。

マイナーチェンジ後のGベクタリングコントロールで走行性は変わるか?

今回のアテンザの試乗、ディーゼルターボの力強い加速と、ちょっと意外だった上品な走行性は、運転していて楽しかったです。

この8月にはマイナーチェンジとなり、マツダの新しい技術「Gベクタリングコントロール」が採用されることが決まっているアテンザ。
普段の街乗りではあまり恩恵はなさそうな感じですが、カーブの多い峠道や都心の高速道路などでは期待できそうですね。

これまでマツダ車のチェックはあまりしてこなかったというのが正直なところなのですが、ここ最近のマツダ車は要チェックだらけで、出し惜しみのない商品改良が楽しみです。


Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアテンザを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアテンザを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アテンザの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アテンザを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアテンザの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・新型クラウン
    以前、マツダロードスターのレビューでも書きましたが、クルマというのは数値上のスペックが優れていればそ…
  2. トヨタ・新型クラウン
    かつて「いつかはクラウン」というキャッチコピーがあったように、トヨタ社内でもクラウンのヒエラルキーは…
  3. トヨタ・新型クラウン
    コンサバで変化を感じさせないのが正義の一方で、常に新しい技術を模索するのもまたクラウンの使命であり、…
  4. トヨタ・新型クラウン
    ある意味、クラウンとカローラほど走行インプレッションのレビュワー泣かせのクルマも無いと思います。 …
  5. トヨタ・新型クラウン
    旧来のユーザーに違和感を与えないという不文律は当然、外観以上にインパネデザインには重要になってきます…
  6. トヨタ・新型クラウン
    クルマが好きな人でなくてもモデルチェンジの度に話題になり、時に新聞の一面を飾るほどのニュースになるク…
  7. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  8. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  9. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  10. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
ページ上部へ戻る