マツダ・CX-5 CX-3への乗り換えで比較した結果(5/5)

私は2012年からCX-5に乗りはじめて、2015年の車検切れと同時にCX-3へ乗り換えました。
経緯はCX-3の方で書かせてもらいましたので、ここではより具体的な比較を書きたいと思います。
(関連記事→ マツダCX-3 XDツーリング エクステリアは過去最高かも

全幅7.5cm減少で駐車が楽に、乗降性も向上

もともとCX-5は幅が少し大きいという不満というか、妻が乗るので不安もありました。

マツダ・CX-5 モニター画面

さらに後部座席には、チャイルドシートを乗せた3歳児が一人います。
私の住居の周辺の駐車場はそんなに狭いわけではなかったのでそこまで気を使うことは無いですが、自宅の駐車場スペースが少しきついです。
メイン車とサブ車を止めるように構成してますが、サブ車は道路に面して縦列で駐車するようになっていて、そちらの方が幅は余裕があるのでサブ側に止めていました。
しかしサブ側はカーポートから少し外へ出てしまうので、雨が降ると片側だけが雨に打たれるので少量の雨だと非常に汚くなってしまいます。

別にそれがCX-3へ乗り換える理由となるわけではなかったけど、CX-3だとメイン側に止めてもそれほど苦労しないことが分かり、うれしい誤算でした。
たった7.5センチの幅の減少ですが、フェンダーの張り出し等も加味するともう少し余裕ができているのかもしれません。

それと乗降性がCX-3になって良くなりました。
CX-5はランバーサポートを擦りながら降りていたけど(それで生地が傷んでいた)、CX-3だとあまり擦ることなく降りることができます。

マツダ・CX-5 シート
(CX-5 XD シート)

妻も身長が低いので、乗り降りがしやすくなったと言ってます。
以前クルーガーに乗っていましたが、CX-5よりさらにシート座面が高いのでステップボードを必要としていたくらいです。

ちなみにシートはリフターで一番上まで上げています。
その分天井とのクリアランスは少なくなりますが、視界が良くなったのでそのままの高さで、夫婦では前後のみの調整で乗り分けしています。

この乗り方は過去の車でも同じなので特別な対処ではないです。
CX-5の時は一番上から2ノッチほど下で運用していました。
初期型乗りの人はご存知でしょうが、シートが時間が経つと下がる現象やシートがギシギシ音が出る不具合がありましたが、現在は対作品に変えられているので問題はないようです。

運転中の視界はCX-5の方が若干広いので良好です。
ガラスが歪んで見えるとかありましたが、私は何も感じなかったです。

CX-5と3では視界の差はそれほどありませんが、乗降性はかなり違うので比較検討は充分されることをおすすめします。

スポンサーリンク

後席、荷室はダントツCX-5が広い

次に後部座席。
CX-5の方が間違いなく広いです。
しかし、シートのクッション性はCX-3の方が好みです。
座面の長さも違うと思いますが、比較して乗ってみないとわからないレベルだと思います。

それとISO-Fixのチャイルドシートのアタッチメントバーの位置ですが、CX-3は高さが丁度良い高さにあります。
これのおかげでシート座面にストレスがかからないので跡が残りにくい。
CX-5は座面へ押し付けるように装着となるので、売却時はしっかりと跡が残ってました。

チャイルドシートはマツダOPのレーマー製です。
MC後は未確認ですが、CX-3になってここは良く考えられているなと思います。

ラゲッジももちろんCX-5の勝ちです。
当時はベビーカーを常に乗せていて、さらに荷物が載るのでとても余裕がありました。

CX-3となった今は子供も歩けるようになり、ベビーカーには滅多に乗らないので載せてませんが、遠出などで載せる用事があったときはかなり窮屈でした。
それでもディーゼルエンジンのおかげで、遠出も楽しくドライブできたのは言うまでもない事実です☆

クリーンディーゼルエンジンが存在していなければ恐らく検討しなかった2台ですが、このエンジンのおかげで私はCX-5とCX-3に乗る機会に恵まれました。
2.2Dと1.5Dという素晴らしいエンジンに出逢えたことにマツダさんには感謝しています。

エンジン性能や乗り心地は試乗で充分比較できることなので割愛しますが、オーナーになってみての使い勝手などを中心に書いてみました。
車選びは楽しいですが大きな決断が必要とされるので、これが何かの役に立てれば幸いです。

マツダ・CX-5

満足度評価
【マツダ・CX-5/XD】
総合評価 ★★★★☆
外観 ★★★★★ 乗り心地 ★★★★☆
内装 ★★★☆☆ 安全装備 ★★★☆☆
エンジン ★★★★★ 燃費 ★★★★☆
走り ★★★★★ 価格 ★★★★★
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのCX-5を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのCX-5を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

CX-5の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

CX-5を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでCX-5の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

N・マンセル

N・マンセル認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 兵庫県在住

兵庫県在住の一児のお父さんやってます。関西人だけど、人見知りの小市民です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 21日

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る