トヨタ・ハリアー試乗、ビッグマイナーチェンジでターボモデル追加

2013年にフルモデルチェンジされて登場した3代目トヨタ・ハリアーが2017年6月8日、ようやくマイナーチェンジされました。

3代目ハリアー後期型 前

3代目ハリアー後期型

3代目ハリアー後期型 後

3代目ハリアー後期型

3代目ハリアー後期型 前後

3代目ハリアー後期型

3代目ハリアー後期型 前アップ

3代目ハリアー後期型

ハリアーはトヨタ車の中でも人気の車種で、当初から納期が長く納車まで3ヶ月以上?も待たなければ新車を購入できませんでしたが、このマイナーチェンジでさらに納期が延びるのではないでしょうか。

リセールバリューもアルファード・ヴェルファイアーなどと並んで抜群に良く、これを買っておけば間違いがないという車種です。

そういう意味ではおすすめのクルマですね。

今回のマイナーチェンジでは、レクサスNXで初めて採用された2.0リッター直噴ターボエンジン(8AR-FTS)が搭載されることになりました。これは大きな変更点になります。

アイドリングストップ機能も備わり、JC08モード燃費はレクサスNXと同じで、FF車で13.0 km/Lです。悪くないですね。ただし、燃料はハイオク仕様となり、これもNXと同じです。

8AR-FTS

8AR-FTS

もう一点の大きな変更箇所は、自動ブレーキなどの安全装備として、「トヨタ・セーフティ・センスP」が装備されました点です。

トヨタ・セーフティー・センス・P

トヨタ・セーフティー・センス・P

写真のように、バックミラーの裏に単眼カメラが、フロントグリル内にミリ波レーダーが装着されています。

スポンサーリンク

残念な点は、すでに開発が完了しているTNGA・FF用8速ATの採用は見送られました。したがってハリアーのターボモデルのトランスミッションは現行のレクサスNXやRXに採用されているFF用6速ATと同じものです。

ハリアーのシフトレバー

シフトレバー

新型8速ATはおそらくレクサス車から採用されていくのでしょう。2017年秋に予定されているNXもしくは2018年秋のRXのマイナーチェンジで搭載されるのかもしれませんね。

外観の変更点については、パッと見てわかるのはフロントグリルでしょうか。あとは、C-HRでも採用されているLEDシーケンシャルターンランプです。

ハリアーのフロントグリル・上部

フロントグリル・上部

ハリアーのフロントグリル・下部

フロントグリル・下部

ハリアーのLEDシーケンシャルターンランプ

LEDシーケンシャルターンランプ

ハリアーのLEDシーケンシャルターンランプ

LEDシーケンシャルターンランプ

内装については、ステッチの色や素材など細かな点が変更され、さらに高級感が増しているようです。

ハリアーの内装・ブラック×レッド

内装・ブラック×レッド

個人的には黒い内装色に赤いステッチがスポーティーな印象があって好きです。

ハリアーの内装・ダークサドルタン

内装・ダークサドルタン

タン色も落ち着いた感じでなかなかいいですね。長く乗っていても飽きないと思います。

ターボモデルを追加するにあたって、フロント・リアのサスペンションにパフォーマンスダンパーを装着し、車両の剛性を上げています。

ハリアーのパフォーマンスダンパー

パフォーマンスダンパー

個人的には電動パーキングブレーキになったのも大きな変更点で、ホールド機能も備わっています。これで信号待ちでブレーキペダルから足を離すことができます。これがすごーくラクチンなんですよね。一度味わうとオートホールドなしでは辛いです。

ハリアーの電動パーキングブレーキ

電動パーキングブレーキ

細かな点では、Tコネクトナビのモニターがアル・ヴェルと同じ9.2インチになったところ。

それから、前列だけですが、シートにベンチレーション機能がオプション設定されました。もうほとんどレクサスNXと同等の装備に近づきましたね。

というか、NXのほうは自動ブレーキが旧型なので、今買うならハリアーターボのほうが良さそうです。もちろん、もうしばらく待てばNXにもレクサス・セーフティ・プラス(セーフティ・センスPと同等)が標準装備されるはずですが。。。

近々ハリアーターボを試乗するのが楽しみです。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのハリアーを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのハリアーを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ハリアーの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ハリアーを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでハリアーの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ゼロ

ゼロ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 奈良県出身、京都府在住
クルマ大好き人間です。乗り心地に強い拘りを持っています。スポーツカーからミニバンへ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る