30系アルファード特別仕様車タイプブラック 展示車インプレッション(外観)

7月4日に発売となったアルファードの特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)の展示車が入ってきたので、見に行ってきました。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)

30系アルファードとして初の特別仕様車となるタイプブラックですが、このタイプブラックはガソリン車の2.5L(S“Aパッケージ)と3.5L(SA)のみの設定となっていて、ハイブリッド車には設定がありません。

ヴェルファイアの方も同じ設定で「ゴールデンアイズ(GOLDEN EYES)」として発売されましたが、アルファードと少し仕様が変わっている部分もあります。

今回、展示車として入ってきたのは「S“Aパッケージ・TYPE BLACK”」のホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉です。
まさに我が家のS Aパッケージがベースとなっているモデルで、色もパールホワイトと同じ。
自分の車かのような感覚で見てきました(笑)

正式発表前から担当営業さんにわかる範囲での詳しい情報を聞いていて、発売後もカタログやWEBでよく見ていたのですが、やはり実際の展示車を見ると、ちょっと思っていたのと違うなぁという点があったり・・・。

もし特別仕様車が良いパッケージングで展示車の印象が良ければ、S Aパッケージから買い替えもありか!?というところまで話が出ていた我が家。
展示車が入ってきた次の日に早速見に行ってきたので、個人的なインプレッションをお伝えさせて頂きます。

特別仕様車タイプブラック専用フロントエンブレム「ゴールド」

標準モデルか特別仕様車かを見分ける一番のポイントとなるフロントエンブレムの「α」マーク。
ベースグレードはシルバーのエンブレムでしたが、特別仕様車のタイプブラックでは「ゴールド」になります。

↓ こちらが特別仕様車のゴールドエンブレム

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) フロントエンブレム

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) フロントエンブレム

↓ こちらはベースグレードのエンブレム

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” エンブレム

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” フロントエンブレム

今回の特別仕様車の名称が「タイプブラック(TYPE BLACK)」なので、エンブレムはブラックにすればいいのに・・・
と思ったのは私だけでしょうか・・・

旧モデルの20系の特別仕様車は「タイプゴールド(TYPE GOLD)」だったので、ゴールドエンブレムでもよかったんですが、今回は「タイプブラック(TYPE BLACK)」なので。

ゴールドエンブレムは個人的にはできれば避けたい方なので、ちょっと・・・なのですが、このゴールドが特別仕様車!という差別化にもなっているので、やはり必須なのでしょうかね。

スポンサーリンク

特別仕様車タイプブラック専用フロントグリル「スモークメッキ」

外観エクステリアで一番目立つ部分となるフロントグリル。
ベースグレードはシルバーのギラギラメッキでしたが、特別仕様車のタイプブラックでは「スモークメッキ」という少しグレーがかったようなメッキになっています。

↓ こちらが特別仕様車のスモークメッキグリル

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) フロントグリル

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) フロントグリル

↓ こちらはベースグレードのフロントグリル

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” フロントグリル

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” フロントグリル

このメッキがシルバーかスモークメッキなのかの違いは、正直パッと見ただけではわかりません。
ジーっと見ればもちろん違いはわかるのですが。

私は毎日、子供を保育園に送り迎えするのにトヨペット店の前を通るので、その度にタイプブラックの展示車を見ていますが、何度見てもパッと見ただけでは「どっちかな?」くらいの感覚です。

以前にエスクワイアの特別仕様車のスモークメックも見せてもらったことがあるのですが、その時もシルバーメッキとの違いがそれほどないなぁとは思いましたが、アルファードでもやはり同じ印象でした。

違いがよくわかるのは、お天気がいい日よりは少々曇っている時の方がよくわかります。
お天気がいいと、スモークメッキも輝いて見えるのでシルバーメッキとほとんど違いを感じないですが、曇っている時だと、スモークメッキの方がやはり落ち着いている印象を受けます。

あとはボディカラーの違いでも、印象がかなり変わると思います。
今回展示されていたのはパールホワイトですが、少しクリーム色っぽい「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」だと、スモークメッキがよりスモークに見えるような気もします。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ボディカラー「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ボディカラー「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」
(Photo by TOYOTA WEBcatalog)

またボディ色がブラックになると、よりスモークが際立つように思うのですが、残念ながらボディ色がブラックの特別仕様車の画像がないので実車を見てみないとわかりません。
ただ、紙のカタログの裏面にボディカラー全4色のタイプブラックが並んでいる写真がありますので、参考までにカタログを写真に撮ってみました。

↓ こちらが特別仕様車の「ブラック」と「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)

↓ こちらが特別仕様車の「ホワイトパールクリスタルシャイン」と「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)

↓ こちらが特別仕様車の「ブラック」のリヤビュー

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)

カタログやWEBで見ている限り、どのボディカラーもスモークメッキがやけに濃いグレーに見えるのですが、少なくとも私が実際に展示車で見たホワイトパールクリスタルシャインでは、スモークメッキはカタログの写真で見ているほどスモークではなかったという印象です。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ホワイトパールクリスタルシャイン

特別仕様車タイプブラック専用バックドアガーニッシュ「スモークメッキ」

フロントグリル同様、バックドアのメッキ部分がベースグレードのシルバーメッキから、特別仕様車のタイプブラックでは「スモークメッキ」に変更になっています。

↓ こちらが特別仕様車のバックドアガーニッシュ

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) バックドアガーニッシュ

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) バックドアガーニッシュ

↓ こちらはベースグレードのバックドアガーニッシュ

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” リヤガーニッシュ

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” バックドアガーニッシュ

このバックドアガーニッシュも、フロントグリル同様、パッと見ただけではスモークなのかどうかすぐには見分けがつかないくらいでした。

特別仕様車タイプブラック専用フロントフォグランプガーニッシュ「ダークメッキ」

フォグランプの外枠部分となるメッキガーニッシュが、ベースグレードのシルバーメッキから、特別仕様車のタイプブラックでは「ダークメッキ」に変わります。

↓ こちらが特別仕様車のダークメッキガーニッシュ

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) フォグランプメッキガーニッシュ

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) フォグランプメッキガーニッシュ

フロントグリルと合わせたグレーっぽいメッキになっていて、ベースグレードよりシックな印象です。

↓ こちらはベースグレードのフォグランプガーニッシュ

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” フォグランプメッキガーニッシュ

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” フォグランプメッキガーニッシュ

特別仕様車タイプブラック専用アルミホイール「ハイグロス塗装」

アルミホイールは18インチで、デザインそのものはベースグレードも特別仕様車も変わりはありませんが、塗装色がシルバー塗装から「ハイグロス塗装」というグレーがかったような色味の塗装に変更になります。

↓ こちらが特別仕様車のアルミホイール

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) アルミホイール

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) アルミホイール

このアルミホイールのハイグロス塗装もパッと見た感じではわかりませんが、外観エクステリアでシルバーになっている部分は全てグレーに統一されています。

外観の全体的な印象としては、スモークメッキとなるグレーっぽいメッキがそれほどグレーっぽくなく、思っていたより標準モデルと大きな差はないという感じでした。
個人的にはあまり濃いグレーもどうかな・・・と思っていたので、カタログで見るより展示車で見た印象の方がよかったです。

ただ一つ個人的に気になるのは、やはりゴールドエンブレム・・・
ここは好みが分かれるところではないでしょうか。

次項では特別仕様車タイプブラックの内装についてお伝えします。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ホワイトパールクリスタルシャイン

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルファードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルファードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルファードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルファードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルファードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る