マツダCX-3 XDツーリング 内装はデミオに上質感がプラスされているものの・・・(2/9)

DJデミオとほぼ同じ内装

CX-3の内装は、ほぼDJデミオがベースになっている。

マツダCX-3 XD ツーリング 内装

デミオ自体の評価がすごく高く、コンパクトクラス最強と言われていたが、そのまま持ってきたのはちょっと意外だった。
マツダの生産能力とか、デザインがどうとかは別にして車によって同じパーツを流用というのはよくあるけど、そのままごっそりというのはあまり例が無いように思う。

開発者の話によると、新作にせず敢えて同じにしたとどこかの記事で読みました。
デミオの完成度が高すぎたのもあるけど、もう少し差別化してほしかったな。。。

体を包み込んでくれるシート

しかし、シートはとてもよくできていると思う。CX-5のシートに比べると少し小さめで私の身長は170センチ、妻は152センチとそんなに大きくない体型であるためしっくりくる大きさで、まさに体を包み込む感じだった。

リアシートも座り心地はイイ。
私は滅多にリアシートに乗る機会は無いけどとてもよくできていると思う。
確かにスペースは広くないけど。。。
前席に普通に乗った状態での後部座席の膝のスペースは写真のように充分だと思う。

マツダCX-3 XD ツーリング リアシート
マツダCX-3 XD ツーリング リアシート

これは個人差があるところなのであまり参考にならないかもしれないけど。。。

車のグレードはXD-ツーリング。
シートは合皮だけどとても質感は高いと思う。Lパケも黒のレザーがあれば良かったのに。。。
ツーリングとLパケに標準で付く赤いレザー部、なんで赤を選んだのかは謎(´・ω・`)

メーターフードのステッチ風加飾やドア内張りなどはデミオとは差別化されている。
特にドア関連は厚みがあるので立体的になっている。ドアを開けると分かるけど、ドアはかなり分厚い。それだけデザインにスペースを振っているのが分かる。

私の家族構成は夫婦と2歳児の3人。
荷室のスペースは普段使いには充分。でもベビーカーを乗せて旅行となるとちょっと厳しい。
子供二人となるとさらに厳しいかと。。。

スポンサーリンク

Lパッケージとの違い

まずシートが本皮か合皮かの違い。本皮の方が間違いなく質感は高い。しかし、オフホワイトのシートはとても気を使いそう。またツーリングのFFはシートヒーターが付かない。
試乗車ではシートヒーターがイイ感じだったけど、こちらの地域ではAWDは不要だったのでFFにした。

インパネもLパケだと白になる。統一感を考えるととても合っている。しかし、それだと赤いレザーとのマッチングは疑問が残る。。。

ドア内張りもスエード調になり、これの質感はとてもイイと思う。
ツーリングでもオプションで選択できるので機会があれば交換したい。
あと、ドアハンドルの化粧板がヘアラインになるけど、それほど差が無いように感じる。

BOSE仕様はラゲッジの容量が減る。
元々少ない容量がさらに減る。しかし、今のところその影響は受けていない。
一度小旅行に行ったけど、アンダー部の収納は使わなかった。
そして、リアハッチには実はデミオには無い内張りが付いている。

あと、CX-5の時に採用されていたカラクリトノカバー。
あれはよく出来ていると思ったのにアテンザとCX-5にしか採用されていない。
アクセラにも付いていないけど、コストの関係かその辺りも充実させて欲しかった。

マツダCX-3 XDツーリング 内装

よくダッシュボードがソフトパッドじゃないとかを聞くけど、私は別に気にならない。
というのもCX-5はソフトパッドだったけど、埃が付着しやすかった。
ホコリキャッチャー等で拭いても滑らないせいでキレイに拭けなかった。
そして両面テープが付かない。材質上、電装品をダッシュボードに貼ってもはがれやすいのでPP、またはABS素材で充分だと思う。
ダッシュボードとドア内張りのシボ模様くらいは統一してほしかったけど。。。
ドア内張りに上部のキリカキの処理は少し残念。アテンザはキレイに仕上てあるけど、ソフトパッドかどうかの差かもしれない。

あと、納車時に気を付けたい箇所は1つ。ドア内張りに付いている赤いレザー部。

マツダCX-3 XD ツーリング

写真のようにレザーのすきまから粘着テープが出ているケースがある。
クレーム対応してくれるかどうかは分からないけど、なぜか運転席にのみ発生している。
品質管理の問題か製造場所が違うのかは分からないけど注意しておこう。

他にもいくつか不満はあるものの、質感はそんなに悪くない。
メーターやHUD辺りのメカ部分はかなり満足度は高いし、HUDは使い出すとメーターを見ることがかなり減る。それだけ視線が前方に向いていることだろう。

前車CX-5に乗っていた私からすると

  • ルームミラーが自動防眩ではない
  • バニティミラーに照明がない
  • 後部座席上の照明が単独で点灯できない
  • グローブボックスにダンパーが無い
  • アームレストがなく、収納量が圧倒的に少ない

と不満がいくつかある。
今後の年次改良でどこかが変わってくるかもしれないけど、改良の余地は充分ある。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのCX-3を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのCX-3を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

CX-3の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

CX-3を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでCX-3の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

N・マンセル

N・マンセル認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 兵庫県在住

兵庫県在住の一児のお父さんやってます。関西人だけど、人見知りの小市民です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 15日

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る