マツダ・CX-5 XD 外観について、フルスカイ鼓動デザインはCX-5から始まった(1/5)

CX-5は自身初めてのマツダ車でした。
その前に乗っていたのはトヨタの20型プリウスで、そろそろ買い替えたいなと思っていた時にちょうどこの車の発表が。
東京モーターショーに出展される等の情報が出る前にネットでデザインがリ-クされていて、当時からいいなと思ってました。
この時はまだディーゼルとかの情報もあまり無く、スタイルのみで見てたけど、それでも今までの国産車には無いデザインで興味を持ちました。

CX-5を発売前に予約購入

東京モーターショーの開催前にカモフラージュされたCX-5をテスト走行という企画をネットで見て、評価も悪くなかったのでかなり期待していました。
その後、東京モーターショーでお披露目となったわけですが、期待を裏切らないデザインでますます購入意欲が加速。
でも私は関西在住なので、実際に見たのは大阪モーターショーでした。
当時はまだ発売時期が未定で、金額もまだ分からなかったのでやきもきしていたのを覚えています。

マツダ・CX-5
マツダ・CX-5
(大阪モーターショーのCX-5展示車)

それからは、ずっとネットで新情報を常にチェックしながなの日々が続きました。
それと平行してプリウスの売却の計画を立てながら、もうひとつの候補であったプリウスαをチェック。
しかし、プリウスαにするならわざわざ乗り換えるメリットが少ないのに気付いて、結局はCX-5一本に絞ることに。。。

冒頭のようにマツダ車は初めてなのでディーラー探しから始まりましたが、運良くマツダディーラーの店長とつながりがある知り合いが居たため話はとんとんと進み、人生初の発売前の予約購入となりました。

スポンサーリンク

外観エクステリアについて

グレードはもちろんディーゼルで、LパケでないXD。
色は新色のジールレッド(現在は廃盤色)。
CX-5のために用意されたような色でしたが、当時はベロシティレッドも選択可能でした。
割合では3~4割の人気色だったと思います。
そのためベロシティレッドを選択する人はかなり少ないようで、結局後に廃盤になりましたが。。。
ということで、タイトルの外観(あくまで2012年式型)ですが、横からのシルエットは間違いなくかっこいいと思う。

マツダ・CX-5

ボンネットが長く、キャビンは少し後方に移動しているのでリアがどっしりしている印象。
オーバーハングもバランスが良い。
新型のハリアーは後に登場しましたが、サイドのシルエットがカッコ悪すぎです。
特にフロントタイヤから前が無駄に長い。
それに比べてCX-5は前をタテにカットしたようにデザインされています。
これが賛否両論でブタ鼻に見えるとかいう人も。。。

マツダ・CX-5

フロントから見た場合、グリルが大きめでハニカム形状なので少し不満。
コンセプトカー『勢』のような水平グリルの方が好ましい。
ネット上でもここはかなりの不満が出ていた。
実際に洗車すると水がすぐに溜まってしまう。

ヘッドライトはプロジェクター式で合格です。
HIDは一部標準ですが、OPで選べるので問題無し。

マツダ・CX-5

少し残念なのがテールランプ。
今どきこのクラスでLEDではないのは逆にめずらしい。
開発者曰く、「凝った配光なのでLEDでは再現できないから」って聞いていたけど、MCであっさりLED化したので、ここはコストカットしたとしか思えない。
凝った配光はどこへ行ったのか。。。

当時はまだ珍しかったシャークフィンアンテナ。
だいたいOP扱いとなるこの部分を標準仕様にしたのは評価します。
ガラスアンテナでも良かったけど。。。

CX-5はSUVなので無塗装樹脂パーツはボディ周りにたくさんあります。
個人的に樹脂部はそんなに嫌いではないけど、前後バンパーの無塗装樹脂部はせめてセパレートにしてほしかった。

そもそもSUV車は荒れた道も走行するのを想定して、あえて傷がついても容易に補修しやすいために樹脂パーツが採用されているって記憶があります。
なのに、バンパーは一体型をわざわざマスキングして塗り分けしています。

実は一度追突された経験がありまして、全て相手の保険で修理となったものの、リアバンパーは塗装部と無塗装部両方ダメージがあったのでバンパー交換となりました。

マツダ・CX-5 事故時
マツダ・CX-5 事故時
(CX-5 事故時)

それでサービスの方の話によると、バンパーは無塗装で在庫してあって、塗装済みは存在しないとのこと。
その都度塗装して納品されるらしい。それなら塗りわけする必要あるの?って思う。

でも、もし無塗装部が全て同色だとしたら、意外とかっこわるいのも確かですが。。。
無塗装もデザインの一部という考え方なのでしょうが、塗りわけするなら無塗装部はピアノブラックにしてほしかった。。。

最後にホイールデザイン。
とてもマッチしていると思う。
現愛車のCX-3には敵わないものの、純正ホイールとしてはとてもいいデザインだと思う。
これのブラックが選択できたら文句無しでしたが。。。

マツダ・CX-5 アルミホイール

そして、このクラスでは珍しく19インチがOPで用意されています。
しかも追金はたったの5万(笑)
迷わずオーダーしましたが、オーダー過多のため納期がだいぶかかりました。。。

外観エクステリア 総評

総評としまして、
当時2012年から鼓動デザインは始まって、2015年現在も鼓動デザインは今の日本車では一番スタイリッシュだと思う。
CX-5は鼓動第一号なので街中ではたくさん走っていますが、今も古さを感じさせないデザインです。
年次改良でさらにスタイリッシュになりましたが、今も見かけるのは初代が9割ほどです。
手放してしまった私が言うのもアレですが、CX-5はミドルクラスSUVではトップレベルのデザインだと思う。

【CX-5】のスペック
車名 CX-5 メーカー名 マツダ
グレード名 XD 車両重量 1510kg
最新モデル発売日 2015年1月7日
大幅改良(マイナーチェンジ)
全長×全幅×全高 4540× 1840× 1705mm
乗車定員 5人乗り ホイールベース 2700mm
排気量 2188cc 最小回転半径 5.5m
駆動方式 FF 最高出力
(kW[PS]/rpm)
129[175]/ 4500
ミッション 6AT 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
420[42.8]/ 2000
燃料 ディーゼル エンジン 水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ (ディーゼル)
JC08モード燃費 18.6km/L 型式 LDA-KE2FW
現行モデル発売 2012年2月~
[初代]
タイヤサイズ 225/65R17 102V
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのCX-5を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのCX-5を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

CX-5の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

CX-5を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでCX-5の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

N・マンセル

N・マンセル認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 兵庫県在住

兵庫県在住の一児のお父さんやってます。関西人だけど、人見知りの小市民です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る