トヨタ・パッソ試乗 競合ライバル車は?ダイハツ・ブーンとの違いについて(6/8)

今回フルモデルチェンジしたトヨタのパッソですが、競合ライバル車との比較、そしてダイハツから販売されているブーンとの違いをお伝えしたいと思います。

トヨタ・パッソMODA Gパッケージ

トヨタ・パッソMODA Gパッケージ カスタマイズカー「STYLISH STYLE」

パッソの競合ライバル車は?

同じトヨタ車の中にはコンパクトカーと言えばヴィッツがあり、または日産ならマーチ、ホンダならフィット、マツダならデミオがあります。

しかし、ボディサイズで比較すると、ヴィッツ、フィット、デミオは全幅が1695mmとなっていますが、パッソは1665mmで、ライバル車より30mm小さいサイズとなっています。
全長に関しては上記3車種が3885mm~4060mmと大き目ですが、パッソは3650mmとかなり短くなります。
日産のマーチが全長が3780mmと、上記3車種よりも短いのですが、それよりでもパッソの方が230mmも短いです。

ということで、ボディサイズで言えばライバル車よりも、パッソはかなり小さいということになります。

また、エンジンの排気量でみると、1Lのエンジンは上記で挙げたコンパクトカーたちは、今はほぼ展開しておらず、同じトヨタのヴィッツだけが1Lのエンジンを展開しています。

燃費に関しても排気量が違うので単純に比較できませんが、パッソは1Lの排気量のエンジンであることを考えると、とてもいい数字が出ているのではないかと思います。

同じコンパクトカーと言えども、フィットはハイブリッドを展開していますし、マーチは2016年にフルモデルチェンジを予定していて、大きく変えてくるのではないかと予想されますので、この2車種はもはや、パッソのライバルではなくなってくるかと思われます。

デミオもサイズ的には小さいコンパクトカーではないことを考えると、パッソのライバル車は普通車ではいないのかもしれません。

ちなみに軽自動車に関しては、もちろんダイハツが軽自動車を作っていることからも意識はしているそうですが、軽自動車よりもパッソの方が構造なども強く、やはりライバルではないと言えます。

同じトヨタのヴィッツは、コンパクトカーでも高速道路の走行でストレスなく走れるように考えられているそうですが、パッソは基本的に街乗りを考えて設計されているので、そう考えると比較対象になってくるのはやり軽自動車なのではないか、と営業さんの話を聞いていて思ったりしました。

トヨタ・パッソ X Lパッケージ S

トヨタ・パッソ X Lパッケージ S

スポンサーリンク

ダイハツとトヨタ、どちらで選ぶ?

ダイハツで企画・製造された車を、トヨタが販売しているパッソですが、ダイハツからも同じタイプの車が当然ながら販売されています。
ダイハツのブーンですね。

ダイハツ・ブーン

ダイハツ・ブーン

ブーンとパッソ、何が違うのか?というと、エンブレムが違うだけです。

ダイハツ・ブーン

ダイハツ・ブーン

パッソのモーダは、ダイハツのブーンでは「シルク(CILQ)」という名称で展開されています。

他に違いがないのか?を確認しましたが、エンブレムだけ、ということで、金額的にも全く同じです。
もちろんお店によっての値引きは違うと思いますが、これまでトヨタでお付き合いがあるか、ダイハツでお付き合いがあるか?
とことん値引きを追求するなら、トヨタとダイハツで相見積りをとるか・・・ですね。

それ以外の違いと言えば、トヨタカローラの方が全国的に営業所が多いと思われるので、旅先などで何かあった時に飛びこめると考えると、トヨタを選んでもいいのかもしれません。
もちろん、ダイハツの営業所がが自宅から近いなどの理由があれば、日々のメンテナンスで便利な方で購入しても良いかと思います。

パッソのライバル車はブーンのみ

ということで、パッソには現在、ライバルというライバルがいないということになるかと思います。

他のコンパクトカーたちが大きくなっていく中で、1Lエンジンで突き詰めて勝負しているということがよくわかりました。

軽自動車は嫌だけど、小さい車が欲しいというニーズにぴったり合っているんだな、と改めて納得。
幅広いユーザー層に合わせて2タイプの設定があるというのも、しっかり考えられて開発されていますね。

パッソの競合ライバル車は、やはりダイハツのブーンということになるのではないでしょうか。

トヨタ・パッソ X Lパッケージ S

トヨタ・パッソ X Lパッケージ S

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのパッソを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのパッソを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

パッソの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

パッソを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでパッソの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る