新型レクサスRX450h version L試乗インプレッション~走行編(3/6)

AWD=四輪駆動は必要か?

レクサスRX200tに続いてRX450hバージョンLにも試乗しました。こちらはFFです。Fスポーツを選択するとガソリン車、ハイブリッド車にかかわらずAWDになります。

レクサス・新型RX450hバージョンL

レクサス・新型RX450hバージョンL 試乗車

レクサスNXはFスポーツでもFFとAWDを選択できましたが、Fスポーツの2WDの需要がほとんどなかったということでしょうか。

正直なところ、雨天ではありましたが、街中ではAWDの恩恵はよくわかりませんでした。きっと試乗では後輪に駆動力が伝わることはほとんどなかったのだと思います。

そうなるとAWDはただ80キロ程度重くなっているだけで、大人1人余分に運んでいる感じになりますね。

スポーツ走行をしない場合、北海道や東北・北陸地方のように雪が積もる地域でなければFFで十分なのかもしれません。といっても、SUVでスポーツ走行なんて誰もしませんよね。。。

とりあえず、2時間程度の試乗では、濡れた路面であっても四駆のメリットを感じなかったということです。

3.5リッター+モーターのハイブリッドはパワフル

ハリアーやNXに搭載されている2.5リッター+モーターのハイブリッドシステムに比べると、RXに搭載された3.5リッターハイブリッドは若干パワフルに感じました。

150キロほどの重くなっているにもかかわらずパワフルに感じます。

ただし、重いです。RX200hで感じた軽快感はみじんも感じられません。これはハリアーハイブリッドに乗った時も感じましたし、NX300hでも同じ印象です。

あと、発進時に若干違和感がありました。これはモーターのトルクが立ち上がりから最大になるためでしょうが、グッと押し出される感じです。ガソリン車の発進とは明らかに違います。きっと、発進時にもたつかないように調整されているのでしょうが、私には不自然に感じました。まあ慣れの問題でしょうが。

ドライブモードをSPORTもしくはSPORT+にセッティングすると、モーターにかかる電圧も高くなるようで、さらにパワフルになります。

重さを感じることにはかわりありませんが、これだけパワフルだと峠道を走るのも楽しいでしょうし、高速道路でも余裕をもって追い越し加速できるでしょう。

レクサス・新型RX450hバージョンL

レクサス・新型RX450hバージョンL 3.5リッター+モーターのハイブリッドはパワフルだ

スポンサーリンク

燃費はたいして良くない

RX450h version Lのカタログ燃費は18.8 km/Lで、RX200t F SPORTのほうは11.8です。

試乗車のメーターに表示されていた燃費は正確には覚えていませんが、ハイブリッド車のほうが10弱で、ガソリン車のほうが8弱だったと思います。

おそらく、高速道路だと両車の燃費はさらに近づくでしょう。

そうなるとハイブリッド車の137万円高(F SPORTでの比較)はガソリン代では当然埋まりません。まあこれはRXだけでなくトヨタ車にも当てはまることです。

ですが、ハイブリッド車のメリットは静粛性にあると考えています。とにかく静かです。私はどちらかというとエンジン音を聞きたい派ですが、レクサスのハイブリッド車はとにかく静かで、長時間乗っていても疲れないと思います。

あとは、二酸化炭素や窒素酸化物の排出量やガソリンの消費量が少ないということで、地球環境に貢献しているという気持ちの問題や、ハイブリッド車に乗っているというステータスを感じるところでしょうか。

レクサス・新型RX450hバージョンL

レクサス・新型RX450hバージョンL 静粛性はバツグンのハイブリッド車だが、燃費が・・・

回生ブレーキの不自然さは解消された

1年前にレクサスNX300hとハリアーハイブリッドに試乗したときに感じたブレーキング時の違和感は、RX450hでは感じませんでした。

たまたま個体差があったのか、自然な感じにチューニングされたのかはわかりませんが、試乗時には回生ブレーキの違和感は全くありませんでした。

ハイブリッド車かガソリン車か?

欧州ではハイブリッド車はあまり普及していないそうです。理由は、向こうに方は高速で長距離乗ることが多いらしくハイブリッドによる燃費の恩恵があまりないからのようです。

向こうでは、クリーンディーゼルエンジンやダウンサイジングターボのほうが普及しています。ただし、2015年9月に発覚したフォルクスワーゲン社の排ガス不正問題によって、ハイブリッド車が見直されはじめているようです。

日本に輸出された車両にはこういったディフィートデバイスは装着されていないようですが、知らない間に地球環境を汚染してしまいたくはないですから、やはり気にはなりますね。

で、どちらにするか選べと言われれば、私なら間違いなくRX200tのFスポーツにします。やっぱり、ガソリン車のほうが運転していて楽しいですし、特にダウンサイジングターボのフィーリングは好みです。

ハイブリッド車は重いですが、重量増以上にパワフルで、重い分だけ乗り心地はガソリン車よりも上です。

それに、今後どんどんハイブリッド化が進んでいって、いずれ近い将来、FCVや電気自動車だけになってしまうかもしれませんから、今のうちにガソリン車を楽しんでおきたいというのもあります。

レクサス・新型RX450hバージョンL

レクサス・新型RX450hバージョンL ハイブリッド車はパワフルかつステータス

満足度評価
【RX450h/version L】
総合評価 ★★★★★
外観 ★★★★☆ 乗り心地 ★★★★★
内装 ★★★★☆ 安全装備 ★★★★★
エンジン ★★★★☆ 燃費 ★★★★☆
走り ★★★☆☆ 価格 ★★★☆☆
今回試乗した【レクサス・RX】のスペック
車名 RX メーカー名 レクサス
グレード名 450h version L 車両重量 2,070kg
発売日 2015年10月22日
フルモデルチェンジ
全長×全幅×全高 4890× 1895× 1710mm
乗車定員 5人乗り ホイールベース 2790mm
排気量 3456cc 最小回転半径 5.9m
駆動方式 FF 最高出力
(kW[PS]/rpm)
175[238]/ 4800-5600
ミッション CVT 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
335[34.2]/ 4600
燃料 ハイオク エンジン V型6気筒DOHC+モーター
JC08モード燃費 18.8km/L 型式 DAA-GYL20W-AWXGB(L)
現行モデル発売 2015年10月~
[2代目]
タイヤサイズ 235/55R20 102V
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのRXを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのRXを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

RXの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

RXの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

RXを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでRXの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ゼロ

ゼロ認定ライター

投稿者プロフィール

40代 男性 奈良県出身、京都府在住
クルマ大好き人間です。乗り心地に強い拘りを持っています。スポーツカーからミニバンへ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る