トヨタ・パッソ試乗 外観は異なる印象の2タイプ設定(3/8)

旧モデルのパッソもコンパクトカーらしい小さくて可愛い車でしたが、今回のフルモデルチェンジでパッソの外観は一気に変わりました。
個人的には素敵なエクステリアになっていると思ったので、こちらではその外観エクステリアについてご紹介します。

タイプは2種類の設定あり

パッソには2種類のタイプに分かれていて、フロント正面の印象が全く違います。
ノーマルな顔つきの「X」、そして丸いヘッドライトの「MODA(モーダ)」という2タイプになります。

こちらがノーマルタイプの「X」です。

トヨタ・パッソ X Lパッケージ S

トヨタ・パッソ X

こちらは丸目ヘッドの「MODA(モーダ)」です。

トヨタ・パッソMODA Gパッケージ

トヨタ・パッソMODA Gパッケージ

X(ノーマル)でもMODA(モーダ)でも、どちらもコンパクトカーらしい丸さがあって、ゴツさはないですね。
フロント正面では、ヘッドライトとフロントグリルの部分が2タイプで大きく変わります。
人によって好みがあるので、どちらが良いということはないと思いますが、これだけ正面の顔が違うと、同じ車とは思えない程でちょっと驚いてしまいました。

しかし、車の機能・性能が良くても、車の顔つきがイマイチ・・・という場合もコンパクトカーでは結構あるそうで、女性が運転する為に購入する事も多いコンパクトカーでは、色の種類も多く用意していたりと、外装・内装によって選ばれることも多いようです。

ちなみに、X(ノーマル)とMODA(モーダ)の違いは、フロント正面以外に、後ろのバンバーにも違いがあります。

こちらがノーマルタイプの「X」です。

トヨタ・パッソ X Lパッケージ S

トヨタ・パッソ X

こちらは「MODA(モーダ)」です。

トヨタ・パッソMODA Gパッケージ

トヨタ・パッソMODA

フロント正面ほど大きな違いはありませんが、MODA(モーダ)の方がメッキが使われていたり、バンパーが少し凝ったデザインになっていたりと、上質感があります。
内装でもX(ノーマル)とMODA(モーダ)の違いはありますが、フロント正面の顔つきが違うことが一番大きい違いだと思います。

スポンサーリンク

グレードごとに異なるホイールデザイン

X(ノーマル)とMODA(モーダ)で別のホイールデザインということではなく、グレードの違いでホイールがアルミホイールかスチールホイールに変わります。
従って、ホイールデザインでX(ノーマル)とMODA(モーダ)を見分けることはできないということになります。

X(ノーマル)、MODA(モーダ)共に、最上位グレードにのみアルミホイールが設定されています。

トヨタ・パッソMODA Gパッケージ アルミホイール

トヨタ・パッソMODA Gパッケージ アルミホイール

その他のグレードは全てスチールホイールになります。

トヨタ・パッソ X Lパッケージ S スチールホイール

トヨタ・パッソ X Lパッケージ S スチールホイール

また、タイヤのサイズは全て14インチになります。
コンパクトカーではよくあるサイズのタイヤかと思いますが、グレードでホイールデザインが変わる場合、タイヤのサイズも変わる場合もよくありますが、パッソは全グレード14インチとタイヤサイズは統一されています。

ボディカラー展開は2トーンカラーも含め19種類あり

新型パッソのボディカラーは、基本色として12色の設定があります。
そしてツートンカラーも7色用意されているので、トータル19色の中から選ぶことができます。

ただし、X(ノーマル)ではその中で単色の9色からしか選べません。
また、MODA(モーダ)は単色のホワイトだけ、選ぶことができません。
つまり、ツートンカラーを選びたい場合にはX(ノーマル)では選べないので、自動的にMODA(モーダ)を選ぶことになってしまいます。

それでもこのボディカラーが、旧モデルのの15色展開から19色に増えているので、多くの色を用意することで、いろいろな人の好みに合うようにしていることを感じます。

コンパクトカーを選択する要素として、正面の顔つきやボディカラーが重要視されて選ばれるということがよくわかりますね。
しかしラインナップされている色が多いと、どれにしようか迷ってしまう人も多いのではないかと思いました。

営業さんにお聞きすると、人気があるカラーは、ツートンカラーの各色や、CMで使われている「ファイアークォーツレッドメタリック」や「ブラックマイカメタリック×ダークエメラルドマイカ」(モーダ)だそうです。
どちらもちょうど展示車、試乗車のカラーでした。

トヨタ・パッソ X Lパッケージ S

トヨタ・パッソ X ボディカラー「ファイアークォーツレッドメタリック」


トヨタ・パッソMODA Gパッケージ

トヨタ・パッソMODA ボディカラー「ブラックマイカメタリック×ダークエメラルドマイカ」

ツートンカラーのモーダは、ちょっと「MINI」っぽい感じで、とても可愛いと思いました。

オプションパーツで個性を演出

「MINI」みたいだな、と思ったのは、ツートンカラー以外にも試乗車がチェッカーフラッグというオプションで飾られていたということもあったと思います。

トヨタ・パッソMODA Gパッケージ

トヨタ・パッソMODA Gパッケージ カスタマイズカー「STYLISH STYLE」

試乗車はチェッカーフラッグでしたが、他にもラインというシリーズも用意されています。

トヨタ・パッソ カスタマイズカー「STYLISH STYLE」 

トヨタ・パッソ カスタマイズカー「STYLISH STYLE」 
Photo by TOYOTA Webcatalog

ただ、このような外装につけるシール的なものはMODA(モーダ)での設定が多めで、X(ノーマル)の方にはこのような個性を演出するパーツの設定がありません。

エアロパーツやフォグライトをLED化といったオプションは、X(ノーマル)、MODA(モーダ)どちらにも設定があります。
オプションに関しては、求められる方向性が違うという差を強く感じました。

新しいパッソが、X(ノーマル)、MODA(モーダ)という二つの顔を展開したというのは、コンパクトカーでは外観・エクステリアで選ぶ人が多いのだということを改めて感じました。
つまりパッソは走りが売りではなく、外見が売りともいえる車です。

ダイハツが開発、生産を担っている新型パッソですが、トヨタなら全国展開でどこにでもお店があるということも急なメンテナンスなどで便利だと思うので、そういった意味でもトヨタのパッソは安心だと思います。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのパッソを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのパッソを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

パッソの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

パッソを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでパッソの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る