スバル・レヴォーグSTI Sport試乗 GTシリーズについて(9/11)

レヴォーグには現在、GTシリーズに4グレード、さらにSTIシリーズに2グレードの設定があり、トータル6グレードの中から選択することができます。
STIについては別項にてご紹介させて頂きましたが、ここでは主にGTシリーズのグレードについてご紹介します。

ファミリー層に人気「1.6GT」

1.6GTグレードはレヴォーグの中で一番価格が安いため、購入する人が多いグレードです。

スバル・レヴォーグ  1.6GT EyeSight

スバル・レヴォーグ  1.6GT EyeSight
(Photo by SUBARU Webcatalog)

タイヤは215/50R17サイズで17インチアルミホイールが標準装備となっています。
他のグレードよりもタイヤの扁平率が厚くなっているなっているなめ、乗り心地は他のグレードよりも柔らかく感じるそうです。
営業さんによるとSTIくらい柔らかいそうですが、STIシリーズは足回りのサスペンションなどをGTシリーズとは変えているので柔らかいということになります。

そして、内装はシートがファブリックになり、インテリアカラーは全体的にブラックになります。
レヴォーグの中では一番シンプルな装備になるので、ファミリー層が購入する事が多いそうです。
金額的にはインプレッサのハイグレードと勝負する価格帯になるそうで、どちらを選ぶか悩む人も多いそうです。

レヴォーグの中では一番人気「1.6GT-S」

1.6GT-Sグレードは、価格で言えばGTシリーズの中では上から二つ目になります。

スバル・レヴォーグ  1.6GT-S EyeSight

スバル・レヴォーグ  1.6GT-S EyeSight
(Photo by SUBARU Webcatalog)

ヘッドランプの周りが黒くなったり、グリルの色が変わっていたりする上に、ホイールも18インチになり、タイヤも薄くなるので、外観は1.6GTとはまた違って、比べて見ると締まった印象になります。

運転してみると、タイヤが薄いこともあってゴツゴツとした乗り心地になるけれど、その分スポーティーさが増す、と営業さんは話していました。

また、内装ではフロントパネルのオーナメントパネルがシルバーになったり、アクセル・ブレーキ・サイドブレーキのペダルがアルミパッド仕様のスポーツペダルになります。
さらに試乗の時に感動した電動パワーシートが、運転席と助手席の両方に装備されています。
この1.6GT-Sがレヴォーグの中では一番人気なんだそうです。

スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight

スバル・レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight

中間グレード「1.6GT S-style」

1.6GT S-styleは、1.6GTとGT-Sの間のグレードになります。

スバル・レヴォーグ  1.6GT EyeSight S-style

スバル・レヴォーグ  1.6GT EyeSight S-style
(Photo by SUBARU Webcatalog)

ヘッドランプやグリルの色はGT-Sと同じになっていますし、足回りも同じなので、外観はGT-Sと同じになります。
しかし内装はGTと同じになっています。シートはファブリックで、パネルも黒で内装は黒色になります。
両グレードのいいとこどりといったところですね。

スポンサーリンク

走りをこだわるなら「2.0GT-S」

1.6GT-Sをベースにしたモデルでエンジンが2.0リッターになるのが2.0GT-Sになります。

スバル・レヴォーグ  2.0GT-S EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0GT-S EyeSight
(Photo by SUBARU Webcatalog)

内装と外装に関してはGT-Sと同じになります。
2.0リッターエンジンは300馬力のトルク400ということで、1.6リッターよりも走行性能は格段に上がります。
しかしその分、1.6リッターエンジンには適用されているエコカー減税がなくなってしまいます。

レヴォーグのライバル競合車は?

レヴォーグのライバル競合車についてですが、意外とないんですね。
ライバルに当たるような、同じようなコンセプトの車が国産車では他にはないと言えます。
もちろんサイズが似ている車はあっても、走りが売りではなかったり、逆に走りが売りではあるけれどサイズがレヴォーグよりも大きくなってしまう、という状況なんだそうです。

スバル・レヴォーグ  STI Sport

スバル・レヴォーグ  STI Sport

その中でも大きなカテゴリーでライバルかな?と考えられているのが、マツダのアテンザやホンダのオデッセイ、または輸入車ならボルボのV40、フォルクスワーゲンのゴルフなどになるんだそうです。

ボディサイズが比較的近い車だったり、例えばボルボV40ならターボエンジン車だったりするので馬力やトルクが近かったりする、ということなんだそうですが、レヴォーグと同じような車であるわけではないようです。

レヴォーグを選ぶ人は、基本的にはレヴォーグ!と思っているユーザーさんがほとんどなので、他車との比較はあまり意味がないのかもしれないですね。

レヴォーグを求めている人は、元々レヴォーグしか見ていないので、どちらかというとレヴォーグの中でグレード選択に悩むだけなのかもしれない、とライバル車のお話を聞きながら感じました。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのレヴォーグを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのレヴォーグを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

レヴォーグの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

レヴォーグを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでレヴォーグの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る