スバル・レヴォーグSTI Sport試乗 STIブランドについて(7/11)

今回、レヴォーグに新たなSTIモデルが追加され注目されていますが、ここではその「STI」についてお伝えします。
新しいSTIシリーズのレヴォーグは何がすごいのか?営業さんに聞いてみました。

STIは今やブランド!

スバル・レヴォーグ  STI Sport

スバル・レヴォーグ  STI Sport

まず「STI」ですが、これは「SUBARU TECNICA INTERNATIONAL」(スバル・テクニカ・インターナショナル)の略になります。
STIはスバルのモータースポーツ活動を盛り上げるために設立された会社で、モータースポーツに使う車やグッズ、カーパーツなどを扱っているところになります。

営業さんからは、STI車にはブランド力があるということを念頭に置いてほしい、と説明をされました。
STIのカーパーツだけでも付けたいという人もいるんだそうです。
確かに、STIロゴの付いたシャツを来ている人を見かけたことがあります。その時、STIって人気あるんだな、と考えたことがあるのを思い出しました。

レヴォークのSTI専用パーツ

ここで、改めてレヴォーグの2.0STI SportのSTI専用パーツを確認してみたいと思います。

まず外観エクステリアでは、STI専用フロントグリルに赤色のSTIエンブレム。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight フロントグリル

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight フロントグリル

そして、専用のメッキ加飾付きエアロパーツにLEDフォグランプでスポーティさがアップしています!

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight エアロパーツ

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight エアロパーツ

18インチのアルミホイールも専用デザインです。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight 専用18インチアルミホイール(ダークグレー+切削光輝)

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight 専用18インチアルミホイール(ダークグレー+切削光輝)

リヤにもSTIエンブレムが付き、専用のマフラーカッターが装着されています。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

内装インテリアはボルドー(ワインレッドくらいの赤)とブラックのコンビ色の本革シート、インパネ色は黒という内装になっています。ハンドルも本革巻きです。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight 内装

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight 内装


スバル・レヴォーグ  STI Sport EyeSight シート

スバル・レヴォーグ  STI Sport EyeSight シート

シートの座り心地もハンドルの握り心地も、とても良かったです。
シートにはSTIのロゴがしっかりと入っています。これがSTI好きの人にはたまらないわけですね。

STIというロゴには正直まだそれほどの興味知識がなかったのですが、内装の質感の良さにブランド力を感じずにはいられませんでした。
もちろん車内には、いろんなところにSTIのロゴを見つけることができます。

ハンドル、メーター内にも配置されています。
STI好きはきっとこれでニヤニヤしてしまうんでしょうね。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight ステアリング

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight ステアリング


スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight メーター

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight メーター

スポンサーリンク

STIはカーパーツだけではない

STI Sportモデルは、STIのパーツを使っているというのが特徴になるわけですが、見た目的にSTIパーツを使ってドレスアップしているというだけではないんです。
STI仕様車というからには、それだけではない車を作る必要がありますよね。そうじゃないと、オプションでSTIのパーツを付ければいいじゃない、となってしまいます。

ということで、STI SportはSTIの専用パーツを使っているだけではなく、足回りが専用チューニングされていたり、ステアリング性能を見直すなど、内部的にあらゆる点がSTI仕様になっているんだそうです。
試乗した時の印象は、乗り心地は固くはないけれど、柔らかすぎずという感じでしたが、営業さんから話しをきくと、結果的に標準モデルに近いくらい、乗り心地は柔らかくなっているんだそうです。

しかし運転のしやすさ、車内の静かさなどは、STI Sportの方が断然良い!とのこと。
確かに、試乗で1.6GT-Sと2.0 STI Sportを乗り比べてみて、差を感じることはできたと思います。
2.0STI Sportは運転していて、道路の感触は伝わってくるものの、柔軟性もあるように感じたので、長距離運転していてきっと体が楽だろうな、と感じました。
STI Sportの方は内装の質感も高く好印象でしたが、それよりも上質な走りの印象が強かったので、運転していて本当に良い車だな、と思いました。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight

STI Sportシートで寝れます

内装の項目でも触れましたが、レヴォーグのシートのリクライニングがほぼフラットに倒れることに感動したのですが、それはSTI Sportの試乗の時でした。

運転席と助手席の倒して寝ることができる、という話が営業さんからでて、実際に助手席を倒してもらったのですが、ここまで倒れるんです。

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight シート

スバル・レヴォーグ  2.0STI Sport EyeSight シート

そして実際に自分も横になってみましたが、STI Sportのシートの座り心地が良いので、寝心地もとても良かったんです。まるで飛行機のファーストクラスのような感覚でした。
シートのホールド具合も電動で調節ができるので、これがさらに心地良くしているのかなと思います。
レヴォーグで遠出して行った先で車中泊ということになっても、体が痛くならずに朝を迎えられるような気がします。

STIシリーズのまとめ

STI車の良さは、試乗してみるととてもよく分かると思います。
実際に標準モデルとSTIを試乗比較してみると、レヴォーグSTIは長距離を乗ってみたい!運転したい!と思わせてくれる車でした。
もちろん元々STIが好きな人には待望のモデルだと思いますが、今までSTIに興味がなかった人も、このSTI仕様車の良さを知ると、STIに乗ってみたいときっと思われるでしょう。

スバル・レヴォーグ  STI Sport

スバル・レヴォーグ  STI Sport

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのレヴォーグを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのレヴォーグを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

レヴォーグの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

レヴォーグを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでレヴォーグの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る