トヨタ新型エスクァイア試乗 ガソリン車とハイブリッド車の比較(1/5)

エスクァイアを試乗して来ました。
まずハイブリッド車とガソリン車がある場合、どちらに先に乗るか?と考えてしまいます。
販売店の方では「先にガソリン車に乗ると後から乗るハイブリッド車の良さが分かります」と言う見解です。
ここは素人判断はせずに販売店の言う通りにさせて頂きました。

ガソリン車に試乗!2000ccのエンジンの走りは?

まずはガソリン車に試乗します。
プッシュスタートシステムが装備されているので、エンジンスタートは押すだけです。

オプティトロンメーターは視認性が良いことが特徴です。

トヨタ新型エスクァイア メーター

マルチインフォメーションディスプレイも装備されています。

トヨタ新型エスクァイア マルチインフォメーションディスプレイ

ハイブリッド車との違いの部分ですが、7速シーケンシャルシフトマチックを採用しています。

トヨタ新型エスクァイア 7速シーケンシャルシフトマチック

CVT車ではあるものの、Mポジションに入れることでマニュアル感覚を楽しむことが可能です。

エンジンは3ZR-FAE型の2000ccエンジンを搭載しています。
エンジンの燃焼率を高めることで低燃費と高出力を両立するとされる「バルブマチック」が採用されています。
更にSuper CVT-iとの組み合わせでスムーズで力強い走りの実現が可能!
ガソリン車のミニバンの中ではJC08モード走行燃費で16.0km/lという高燃費を達成していることも特徴です。

ハイブリッド車と比較すると静粛性の部分では劣りますが、アイドリングストップも装備されているので気にはなりません。
直線でアクセルを踏み込んだ加速は、ハイブリッド車よりもスムーズであると感じました。
車重などを考慮してもスタートが遅いなどと言ったことは感じません。
余裕と言う部分では十分さを感じますし、コーナーでも安定してる部分が見られます。

坂道走行もさせて頂きましたが、特にアクセルをめいっぱい踏まなくても上がります。
エンジン音が室内中に響き渡る!なんてこともなく、満足出来ると思います。
風切音くらいはあるのかな?と思いましたが、こちらも殆ど気にならない程度です。

その原因の1つがコチラ!ドアミラーの形状に工夫を加えたことにあるそうです。

トヨタ新型エスクァイア ドアミラー

ハイブリッドだけではなく、ガソリン車も細部に手抜きが無いことが試乗を通して分かりました。

ハイブリッド車に試乗!プリウスと同じハイブリッドシステム搭載

続きましてはハイブリッド車の試乗になります。
メーターはハイブリッド専用オプティトロンメーターです。

トヨタ新型エスクァイア ハイブリッド専用オプティトロンメーター

ちょうどエアコンの上にマルチインフォメーションディスプレイがあり、様々な情報が確認出来ます。

トヨタ新型エスクァイア マルチインフォメーションディスプレイ

他にガソリン車と異なる部分はエレクトロシフトマチックを採用していることです。

トヨタ新型エスクァイア エレクトロシフトマチック

Pボタンをプッシュすることで、Parkingに入ってくれます。
こちらはハイブリッド車のみの装備です。

なお、プリウスと同じハイブリッドシステムと1800cc 2ZR-FXE型のエンジンを搭載しています。
プリウスと言えばスタートが遅めであると言うことを実際に乗ってる人の声として耳にします。
車両重量が重いので、本当ならエンジンも2000ccにしたかったのかも知れません。
とは言っても、新しいパワートレーンを開発して価格の上昇を考えればプリウスを流用するのが妥当だったのでしょう。
でもいざ乗ってみると同じシステムとは思えないくらいにスムーズでした。
ガンとスタートするわけではありませんが、踏めば踏んだだけ前に出ます。
プリウスと同じであるとは、言われなければ分からないかも知れませんね。

他にはガソリン車に無い部分では、3つの走行モードが選べるということです。

  • EVモード
  • エコドライブモード
  • パワーモード

これらの3つになりますが、驚いたのがパワーモードのパワフルかつ大胆な走り!
アクセル操作に対するレスポンスが鋭くなることから、直線に坂道に俊敏な走行が可能となります。
当然ながら燃費は下がりますが、パワーが欲しい時には是非使って欲しいものです。
実際に私も切り替えてみたところ、パワーモードを使うことで走行がガラっと変わるのです。
EVモードやエコドライブモードでの静かな顔とは別の顔を持ってるということで、二面性の潜んだ車でもありますね。
走っていて違いを楽しむと言う部分でしたら、ハイブリッドが良いなと思います。

ガソリン車とハイブリッド車の試乗まとめ

まず、両車ともに運転のしやすさと言う部分には優れていると思います。
視界が良いことやハンドルの操作性、最小回転半径5.5からなるように扱いやすいです。

トヨタ新型エスクァイア

跳ね上げシートで後方の視界がさえぎられるかとの不安もありました。

トヨタ新型エスクァイア 跳ね上げシート

こちらに関しては運転席側のみの跳ね上げにしたのですが、そうすることで違和感はありませんでした。

なお、惜しい面としては自動ブレーキシステムが未導入になっております。
最近は他社でも自動ブレーキがかなり導入されてるので、その点では遅れが出ていますね。

次回のタイミングとしてはマイナーチェンジの際になる可能性が高いかと思います。
となると、まだ少し時間がかかりそうですね。
その他、安全性に関しては走行するにあたり大きな不満点などは無いかと思われます。

今回試乗した【エスクァイア】のスペック
車名 エスクァイア メーカー名 トヨタ
グレード名 Gi 車両重量 1570kg
発売日 2014年10月 全長×全幅×全高 4695×1695×1825mm
乗車定員 8人乗り ホイールベース 2850mm
排気量 1986cc 最小回転半径 5.5m
駆動方式 FF 最高出力
(kW[PS]/rpm)
112[152]6100
ミッション CVT 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
193[19.7]/3800
燃料 レギュラー エンジン 直列4気筒DOHC
JC08モード燃費 16.0km/L 型式 DBA-ZRR80G-CRXGP(T)
現行モデル発売 2014年10月~
[初代]
タイヤサイズ 195/65R15
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのエスクァイアを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのエスクァイアを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

エスクァイアの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

エスクァイアの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

エスクァイアを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでエスクァイアの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. スズキ ハスラー
    エクステリアデザインについて とにかくかわいいの一言に尽きる。コロッとしてもちっとしている。 …
  2. スズキ新型ソリオ
    ワゴンRの大きいバージョンとして誕生し、独立を果たしたスズキソリオ。 地道に売上を伸ばし、独立して…
  3. 皆さんは「EV」「電気自動車」と聞くと、どんなクルマを思い浮かべるでしょうか? 日産リーフ?テスラ…
  4. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーとデリカD5はもともとはプラットホームを共有する姉妹車という位置づけであった。 アウ…
  5. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVは通常のアウトランダーの利便性、走行性能、積載性などの快適性を、とても低いラン…
  6. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVの走行性能について掘り下げて見たいと思う。 メルセデスSクラス超えのトル…
  7. 三菱・アウトランダーPHEV
    三菱はその企業体質から、技術力が大変高いにもかかわらず不祥事が続き評価を落とし続けている。 結果的…
  8. トヨタ・C-HR
    トヨタの世界戦略車C-HR。そのチャレンジングなデザイン、パワートレーン、価格。全てが今までのトヨタ…
  9. トヨタ・C-HR
    見た目にかなりインパクトのあるトヨタのコンパクトSUV、C-HRに試乗した。 今までのトヨタにはな…
  10. マツダ・デミオ
    私の愛車DJデミオ、13S Lパッケージの総評についてお話しします。 走りを楽しみたい、且つフ…
ページ上部へ戻る