トヨタ・オーリス試乗 グレードによって異なる外観エクステリアについて(3/8)

欧州車を意識して作られたトヨタのオーリス。
外観エクステリアについて詳しく見てきましたのでお伝えします。

トヨタ・オーリス ハイブリッド

トヨタ・オーリス ハイブリッド

欧州仕様というというだけで少し大きく感じる

ヨーロッパで人気があるということがよく分かる様な、そんな顔つきをしています。
ボディサイズは
全長:4330ミリ
全幅:1760ミリ
全高:[2WD]1480ミリ、[4WD]1500ミリ
となっています。

車を目の前にすると大きく感じたのですが、数字で見ると、コンパクトカーとそこまで大きくは変わりません。

基本的に大きい鼻先。
そして新しくもあり、それでいてクラシックな顔つきをしているようにも感じました。
また、グレードによってフロントマスクの印象が変わるので、面白いですね。

「150X」のヘッドライトはハロゲンだったのですが、「120T」や「ハイブリッド」だとLEDランプになって、これだけでも印象が変わります。
そしてデイライト機能も付いています。

トヨタ・オーリス ハイブリッド LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDイルミネーション(デイライト機能付)

トヨタ・オーリス ハイブリッド LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDイルミネーション(デイライト機能付)

フロントグリルのデザインも、スポーツタイプになる「RS」と「120T RSパッケージ」ではノーマルタイプと比べるとかなり変わります。
スポーツタイプの場合には、主にフォグランプの周りのデザインが変わってきます。

トヨタ・オーリス 120T“RS Package”

トヨタ・オーリス 120T“RS Package”
(Photo by TOYOTA WEBcatalog)

こちらはノーマルタイプの「120T」。

トヨタ・オーリス 120T

トヨタ・オーリス 120T
(Photo by TOYOTA WEBcatalog)

確かにこうして比べてみると、結構違いますね。

ただ、リヤスタイルはどのグレードでも特に違いはありません。
ハッチバックタイプの可愛らしくてシンプルなデザインだと思いました。

トヨタ・オーリス ハイブリッド

トヨタ・オーリス ハイブリッド

ルーフにはシャークフィンアンテナがついています。

トヨタ・オーリス ハイブリッド シャークフィンアンテナ

トヨタ・オーリス ハイブリッド シャークフィンアンテナ

スポンサーリンク

ガラスはスーパーUVカット、パノラマルーフがオプション設定

フロントガラスと運転席・助手席のフロントサイドのガラスが、スーパーUVカットガラスになっています。
ハイブリッド車はさらに高遮音性ガラスになっているんだそうです。
確かに、ハイブリッド車を試乗した時に、車内の静粛性はかなりよかったので、高遮音性ガラスが効いているんでしょうね。

ただ残念なことに、最近の新型車には装備されていることの多いIRカットの機能は付いていません。

そして、どのグレードの車でも10万円のオプションで電動ルーフシェードを付けることができます。
運転席と助手席の上だけでなく、後席までガラスになるパノラマルーフなので、解放感があってとても気持ちいいそうです。
開閉もスイッチ操作で電動になります。

このサイズの車で、パノラマルーフにできるというのは珍しいのではないでしょうか。

トヨタ・オーリス 電動ルーフシェード(メーカーオプション)

トヨタ・オーリス 電動ルーフシェード(メーカーオプション)
(Photo by TOYOTA WEBcatalog)

グレードにより異なるタイヤサイズで乗り心地も変わる

オーリスは、グレードによってホイールが変わったりタイヤの厚さが変わります。
タイヤは3種類、ホイールは4種類の設定です。

こちらはノーマルのハイブリッド車(展示車)のタイヤで、16インチです。

トヨタ・オーリス ハイブリッド 205/55R16タイヤ&16×6 ½Jアルミホイール

トヨタ・オーリス ハイブリッド 205/55R16タイヤ&16×6 ½Jアルミホイール

このサイズがオーリスでは真ん中の標準サイズで、他には「RS」「180S」「150X “S Package”」に装備されています。

そして、こちらは試乗したハイブリッド車の上位グレード「Gパッケージ」のタイヤで、17インチです。

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ 225/45R17タイヤ&17×7Jアルミホイール

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ 225/45R17タイヤ&17×7Jアルミホイール

この17インチの薄いタイヤは、上級グレード用で、「120T RSパッケージ」と「ハイブリッド Gパッケージ」に装備されています。

ハイブリッド車の試乗がちょうどGパッケージだったので、この17インチのタイヤを体験することができました。
そんなに硬い感じはしませんでしたが、その他の通常のタイヤよりは少し路面を直に感じるような感覚がありました。
道路の感覚が伝わってきたことから、タイヤが薄いような、乗り心地が少し固いような印象でしたが、それでおしりが痛い!なんて程では決してありません。

他には15インチのスチールホイールがあり、「120T」「150X」「150X “C Package”」グレードに装備されます。

ボディカラーは7色展開、意外に売れているイエローカラー

オーリスのボディカラーは7色と特に多い種類ではありませんが、意外にカラフルなカラー展開となっています。

ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉
シルバーメタリック〈1F7〉
ブラックマイカ〈209〉
レッドマイカメタリック〈3R3〉
ブルーメタリック〈8X7〉
と、この5色は基本的なカラーかと思いますが、
あとの2色「シトラスマイカメタリック〈6W2〉」という黄色と、「オレンジメタリック〈4R8〉」という、かなり目立ちそうなボディカラーの設定があります。

こちらは試乗した「120T」のボディカラーの「シトラスマイカメタリック〈6W2〉」です。

トヨタ・オーリス 120T

トヨタ・オーリス 120T ボディカラー「シトラスマイカメタリック〈6W2〉」

そして、「オレンジメタリック〈4R8〉」だけは選択できるグレードが限られていて、スポーツタイプの「120T“RS Package”」と「RS」の2グレードのみの設定になります。

トヨタ・オーリス RS ボディカラー「オレンジメタリック〈4R8〉」

トヨタ・オーリス RS ボディカラー「オレンジメタリック〈4R8〉」
(Photo by TOYOTA WEBcatalog)

走りがウリ!だと、どちらかと言えばボディカラーは渋い目の展開になることも多いかと思うのですが、この色展開がちょっと面白いな、と思いました。

人気がある色はやはりホワイトとブラックなんだそうですが、意外なところでは、黄色のシトラスマイカも選ばれているそうです。
黄色のシトラスマイカは、一見、選ばれにくいカラーのように思いますが、実車を見て試乗で乗ってみると選ぶ人がいるようで、営業さんからも意外と出ているというお話でした。

ブリックレーンで2トーンカラーも可能

コンプリートカーのブリックレーン(Brick Lane)というカスタマイズをすることで、今人気のツートーンカラーにすることができるんだそうです。

トヨタ・オーリス Brick Lane

トヨタ・オーリス Brick Lane
(Photo by TOYOTA WEBcatalog)

ボディーカラーのラインナップを見て、トヨタで新しくモデルチェンジしている車には、ツートーンカラーの設定が多くなってきているのでオーリスには?と思い、営業さんにお尋ねしてみると、オプションでツートーンカラーにできますとのこと。

ただこのブリックレーン(Brick Lane)は架装車両になるため、持ち込み登録になってしまうので、その点だけ注意が必要なんだそうです。

オーリスの外観・エクステリアに関しては、ヨーロッパのライバル車を意識されているだけあって、日本車でありながらも欧州の雰囲気も漂っているような少し不思議な印象を受けました。

今回、3つの異なるグレードのオーリスに試乗させてもらいましたが、ボディカラーやグレードによってもそれぞれの印象が違うと感じたので、自分好みのデザインにはまると、ちょっと人とは違う車を乗っているような所有感・満足感があって大好きになりそうな車だと思います。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのオーリスを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのオーリスを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

オーリスの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

オーリスを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでオーリスの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る