ルノー・新型トゥインゴ試乗 試乗インプレッション(6/7)

運転してこれだけ楽しいコンパクトカーは珍しい

内外装のチェックが終わったところで、イグニッションキーを回し、エコモードを切っていよいよ試乗を開始します。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ ECOモードボタン

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ ECOモードボタン

まず感心したのはRR特有のトラクションの良さです。
アクセルを踏み込むと、若干ターボラグを感じるものの、エンジンの生み出した駆動力がダイレクトに後輪に伝わって、限られた出力でもストレスなく加速して行きます。この感覚はFWDにはない美点です。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ハンドリングも良好で、ステアリングを切る度に軽いノーズが曲がりたい方向にスッと頭を向けて行きます。
RRというと高速安定性や旋回時の安定性に難が出やすいのですが、ことトゥインゴに関してはそうした心配はほとんど感じません。
足回りが安定方向に躾けられていますし、トラクションコントロールやABSが適時介入してくれますので、安心してアクセルを踏み込むことができました。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ エンジンルーム

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ エンジンルーム

ただ、高速コーナーでハイスピードコーナリングを試みたところ、ややプッシングアンダー気味となり、車体が押し出されてノーズが外側へと膨らんで行く感覚を味わいました。

街乗りではRRのメリットをしっかり享受できました。
フロントにステアリングの切れ角を遮るものが何もなく、オーバーハングが極めて短いので、FF車が難渋するような隘路でのUターンでも切り返しをすることなく、一発でくるりと方向転換できたのには、思わず感嘆の声を挙げてしまいました(最小回転半径は4.3m)。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

広報資料には「パリの入り組んだ路地をキビキビ走るため」と書かれていましたが、この点では看板に偽りなし。
パリ同様、道路環境があまり良くない、東京や大阪といった日本の都市部でも使い勝手は極めて良さそうです。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

スポンサーリンク

足回りのセッティングは要改善

いっぽうでフランス車としては看過できない問題点をいくつか発見しました。
まず乗り心地。伝統的にフランス車は、ストロークをたっぷり採ったサスペンションを積極的に大きく動かし、ロールを許容するセッティングで、猫アシ的なしなやかさでコーナーをパスして行くのがマナーとなっています。

ところが、トゥインゴはそれに反してストロークの短いサスペンションを採用するいっぽうで、同時にフランス車らしいしなやかな乗り味を再現しようとした結果、フラットな路面はともかく、荒れた路面に行くとサスペンションが底突きしてポンポンと跳ねるかのような挙動を見せました。
とくにリアサスペンションの足さばきはひどく、石畳を走ると終始ガタガタと不快な微振動をキャビンへと伝えてきます。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

広報資料では「パリがどうした、パリがこうしたと」と、盛んにパリ市内での走りに適したキャラクターを謳っていましたが、荒れた路面や石畳のマナーがこれでは、看板に偽りありとしか言いようがありません。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ タイヤサイズ:185/60R15

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ タイヤサイズ:185/60R15

後日、姉妹車のスマート・フォーフォーに乗る機会があったのですが、こちらは短いサスペンションストロークに合せて、足回りを固めたセッティングが採られており、荒れた路面でもそれなりに上手に凹凸をいなしておりました。
こと足回りに関して両者を比較すると、スマートのほうがサスペンションの設計とセッティングのつじつまがあっており好ましい印象です。

あるいはサスペンションの設計に当たっては、ルノーよりもMCCの発言力が大きかったのかも知れません。
フランス車らしからぬショートストロークのサスペンションに何とかルノー流のセッティングを施そうとした結果、却ってまとまりが悪くなってしまった印象です。

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのトゥインゴを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのトゥインゴを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

トゥインゴの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

トゥインゴを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでトゥインゴの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

山崎 龍

山崎 龍

投稿者プロフィール

1973年1月東京生まれ。
自動車専門誌の編集を経て、現在はフリーライター。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 匿名
    • 2018年 3月 22日

    固定観念で凝り固まったオッさんが乗るとこうなる、という事がよく分かる記事で大変参考になりました。
    変化するものに対応していけない人は大変ですね。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る