日産・デイズ試乗 タイプ別グレード間の違いについて(6/8)

デイズには、ベーシックのタイプにJ・S・Xという3グレードがあり、さらに高級感を高めたハイウェイスターの中でX・J、そしてGターボというグレードが用意されています。

さらにベーシックタイプにはボレロ、ハイウェイスターにはライダーというグレードも用意されています。
グレードによって金額ももちろん違いますが、機能にも違いがあります。
ここではグレードによって違う点を気になった点などをご紹介していきます。

外観エクステリア、装備の違い

やはり大きな違いは外観エクステリアのフロント正面です。
カッコイイ系(ハイウェイスター)か、可愛い系(ベーシック)か。

日産・デイズ ベーシックタイプ フロントグリル

日産・デイズ ベーシックタイプ フロントグリル


日産・デイズ ハイウェイスター フロントグリル

日産・デイズ ハイウェイスター フロントグリル

もちろん外観の違い以外にも、ヘッドランプもハイウェイスターはキセノン、ベーシックはハロゲンという違いも出てきます。

ベーシックの中でもXという上位グレードになると、装備はそれなりに充実してきます。
例えば、フロントガラスなどにUV&IRカットのガラスが使われたり、ドアミラーにライドターンランプがついたり。

ちなみにリヤサイド側の違いはこんな感じになります。

日産・デイズ ベーシックタイプ リヤサイド

日産・デイズ ベーシックタイプ リヤサイド


日産・デイズ ハイウェイスター リヤサイド

日産・デイズ ハイウェイスター リヤサイド

窓の大きさが違うように見えるのは写真を撮ったポジションが違うからで、サイズに違いはありません。
アルミホイールとタイヤのサイズが変わっているのですが、サイズについてはわかりにくいでしょうか。

ただ遠目の印象では、やはりベーシックの方が足回りが小さく感じました。
もちろん、色による視覚効果も大きいとは思いますが。

インテリアの違い

ハイウェイスターになると、選べる内装カラーが、エボニー系(ブラック・グレー系)とアイボリー系の2種類になります。

日産・デイズ ハイウェイスター 内装色「エボニー」

日産・デイズ ハイウェイスター 内装色「エボニー」


日産・デイズ ベーシックタイプ 内装色「アイボリー」

日産・デイズ ベーシックタイプ 内装色「アイボリー」

ベーシックではアイボリーのみの1種類です。
アイボリーは車内は明るくなりますが、エボニーだと引き締まって見えるので高級感がありますね。
ベーシックのアイボリーもシンプルで、シート素材がスエード調クロスでエボニー系と同じなので一気に劣るという印象は全くありませんでした。
この写真の車はXグレードなので、エアコンもタッチパネル式ですし、大きな違いは感じませんでした。

スポンサーリンク

機能でどのグレードを選ぶのか

ハイウェイスターを選べば、11月のマイナーチェンジで新しくついた機能はほとんど自動的についてきます。
ハイウェイスターでなければ、となると目立つ機能では、メーターが違うのと、ハイビームアシストが変わるということくらいでしょうか。

アイドリングストップと回生ブレーキを使ったバッテリーアシストシステムに関しては、ハイウェイスターでなくても、ベーシックのSかXを選べばついてきます。
Jという最下位グレードを選ぶ一般の人はあまりいない、ということだったので(営業車などで購入することが多いということでしょうか)、つまりこの機能はほぼ全グレードについているということになるかと思います。

ただ、アラウンドビューモニターとインテリジェントキー&プッシュエンジンスターター、そしてタッチパネル式のオートエアコンはベーシックのXでないとついていないので、Sを選ぶと鍵でエンジンを始動し、そしてマニュアルエアコンになってしまいます。

もちろんこれだと運転できない!なんてことにはならないので、選ぶ人によるとは思うのですが、せっかくだから充実した機能がついているグレードを選びたいと思いました。

ちなみに安全機能については、レーザーレーダーのセンサーが全グレードで採用されているので、エマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止のシステムは、全グレード標準装備です。

ターボ車はハイウェイスターでないと選べない

さて、可愛い顔の方がいいからベーシックタイプに、と考えた人で、でも高速を走る機会が多いからターボ車で、という選択は残念ながらできません。
ターボ車はハイウェイスターのGのグレードにしか設定されていないんです。

ボレロとライダー

デイズには前述の通り、ベーシックとハイウェイスターの2タイプ以外に、ボレロとライダーという別タイプがあります。
ボレロは2015年の12月から販売が開始されたばかりで、今までには日産の中でもマーチにしか設定がありませんでした。

ボレロについては展示車があったので、ちょうど見せて頂くことができました。

日産・デイズ ボレロ

日産・デイズ ボレロ


日産・デイズ ボレロ 内装

日産・デイズ ボレロ 内装

ボレロはベーシックのXグレードの車でしか設定がありません。
ですので、装備的には上位グレードの方ですが、ハイビームアシストなどの機能はないですし、ターボ車の設定もありません。

ただ、可愛さがメインで、内装もこだわりがあってステキだったので、ベーシックXの機能で納得できるのであれば、選ぶ価値があるかと思います。

また、ライダーの方はハイウェイスターにしかないグレードで、デイズ以外にはセレナノートにしか設定がないそうです。

日産・デイズ ライダー

日産・デイズ ライダー
(Photo by NISSAN Web Catalog)

通常のデイズと違って、展開している色は4色だけ、エクステリア的にもメッキ部分が増えてホイールも専用になり、カッコイイ系のちょっと派手なデザインになります。
特徴的なのは日産のエンブレムがない、ということでしょうか。

以前に他の車種のライダーを見たことがありますが、日産のロゴがないだけでかなり印象が違いました。
できればデイズのライダーも見てみたかったです。
ちなみにインテリアのデザインは通常のハイウェイスターと変わらないということでした。

デイズは外観が全く異なる4つのタイプがあって、パッと見ただけでは同じデイズとはわからないくらいの違いがあります。
デイズはこのタイプグレード展開の豊富さが、幅広い客層に支持されていると自信を持って勧めてくる理由だと十分納得させられました。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのデイズを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのデイズを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

デイズの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

デイズを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでデイズの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る