日産・リーフ試乗 充電費用はガソリン代よりお得?(4/7)

リーフは電気自動車なので、ガソリン代ではなく充電するための電気代がかかります。
充電費用は一体どのくらいかかるのでしょうか。
「意外とお金はかかりません、オトクなんです!」と営業さんがオススメするので、充電についてご紹介します。

充電ステーションは意外といろいろなところにある

試乗の時に給電口を見せてもらいましたが、普通の充電と急速充電の口が付いているんですね。

日産・リーフ 給電口

日産・リーフ 給電口

その為、充電ステーションも普通充電のところと、急速充電ができるところとあるのだそうです。
市役所やデパートなどの商業施設、あとはファミリーマートなどに普通の充電スポットは設置されていることが多いらしいです。
急速充電できるところ、となると数はもう少し減るそうですが、それでも結構ありますよ、と。

試乗時に、ナビを操作してみると近くにあるステーションがあることはすぐわかりましたが、行った先で充電できる場所があるのか先に知りたい場合は、HPでどの辺りにどれくらい設置されているか見てみることもできます。
電気自動車用充電スタンド検索
ちなみに、普通の充電スポットも表示すると、本当にたくさん表示されるので、急速充電だけでも見てみてください!と、自信満々で話していらっしゃいました。

日産・リーフ 充電スポット検索

日産・リーフ 充電スポット検索

スポンサーリンク

充電はガソリンよりお金がかからない?

例えば充電を夜間に行ったとしたら、自宅の電気代に上乗せになるくらいで、数百円単位ですよ、とのこと。
しかし、自宅で充電ができる人ならいいですが、そうもいかない人も多いですよね。
一戸建てなら自宅の駐車場でケーブルを引っ張って充電できるかもしれないけれど、マンション住まいという人もいます。
または新しいマンションなら充電スポットがついているのかもしれませんが、古いマンションにはそんなものありません、なんてあり得ることです。
駐車場が空いているだけでも御の字だったり。
そんな時には近くで充電すればいいのですが、その為に、新車購入時にサポートプログラムというのに入って充電用のカードを作るんだそうです。
月額3000円強(スタンダードプラン)払うと、どこで充電スポットを使っても無料で利用できるんだそうです。
ちなみに月額1500円強で済むお手軽なライトプランというのもありますが、こっちは充電できる場所が限られるそうです。
でも範囲に入っていない場所での充電は幾らか支払えば使えるそうです。
150円くらいとのことでしたが、実際の金額はその場じゃないとわからない、とのこと。
ちなみに、この150円、電気代と表記はされないそうなので、ちょっとおもしろいです。
3000円のスタンダードプランの方は、どこでもこのカードで充電ができます、とのこと。

このカードには点検費も含まれているのでさらにオトクです!と営業さんはお勧めしていました。
自宅で充電できて近くに日産のお店がある、みたいな人はライトプランでもいいかもしれませんが、自宅で充電はできない人はスタンダードプランを選んでおくと良いそうです。
このプランの選択は車を買った時にしか選べません!とのことだったので、自分がどういう風に使うのか先に考えないといけませんね。

実際どれくらいの距離を走れるのか?

24kWhのバッテリーの車で最高240キロメートル走ることができていたのが、今回のマイナーチェンジにより30kWhのバッテリーになることとで最高280キロメートルまで走行距離が延びた、ということですが、実際どれくらい走るのでしょうか。
実際にはこれ以上走ることもあるし、逆に走らない場合もあります、とのこと。
結局、エアコンの電力も走行バッテリーから取っているので、冬場にエアコンをガンガン使って、街中であまりバッテリーを回生させないで走っていれば、280キロなんて走れないとのことですし、逆にたとえば高速などで条件が良くてどんどん回生しながら走っていれば、けっこう距離稼げますよ、とのこと。

しかし、その前に・・・「280キロ、というのがどれくらいの距離なのか、目安になるものが今までの経験にないので判断しにくい」と言ってみたところ、
「では例えば友人と遠出する、ということになった時にどの辺まで行きますか?」と営業さんから。
「(ここが神奈川県なので)千葉の鴨川とか、静岡の御殿場とか、もっと遠くで宇都宮とか、ですかね」と答えると、「千葉なら、木更津だったら行って帰ってこれちゃいますね(アクアラインを使用して渋滞していない場合)、鴨川だと行った先で一回充電すると安心ですかね。御殿場も高速で飛ばせれば行って帰ってこれちゃいますが、行った先で1回充電すると安心、くらいです。というか、だいたい行った先で1回充電すれば安心ですよ」とのこと。
なるほど、そうですか。

では街乗りだったら?
「そんなに乗らないんだったら、数日に1回高速充電という手もありますね。ご自宅で充電できなかったとしても、コンビニで一休みしながら充電、なんてことができますよ」とのこと。

電気自動車ランニングコストシミュレーターでリサーチ

営業さんはトータル的にみると安くなりますよ!とはオススメしてくださいましたが、本当にガソリン代よりお得なのかどうか正直よくわからないなと思っていたところ、日産のHPから「電気自動車ランニングコストシミュレーター」でリーフにするとどれくらいランニングコストがかかるのか計算できますよ、とのこと。

自宅で落ち着いて、本当にお得なのか考えてみてください、とのお話でした。
確かに、点検費までサポートプログラムに入っていて、その上ガソリン代よりは電気代の方が安く済む、とは思っていても、数字で出してもらえるともっとわかりやすいかもしれませんね。

日産・リーフ

日産・リーフ 全国の充電インフラは日々拡大してますます便利に

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのリーフを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのリーフを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

リーフの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

リーフを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでリーフの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る