日産・デイズ試乗 内装インテリアはワンクラス上の高級感あり(4/8)

内装については、デイズは他メーカーの軽自動車よりもかなり自信があるそうです。
確かに内装については高品質な印象だったので、詳しくお伝えしていきます。

ワンランク上の居心地のよい車内空間

まず運転席に座り思ったのは、軽自動車なのにしっかりしたインテリア。

日産・デイズ ハイウェイスター 車内

日産・デイズ ハイウェイスター 車内

CMで「ワンランク上の軽」とうたっているだけあって、インテリアに高級感があります。
タイプがハイウェイスターということもあって、確かに品質は高いです。

シートのファブリックもしっかりしていて座り心地も良かったです。
ハイウェイスターだから上質のファブリックなのかとも思ったのですが、ベーシックでもスエード調クロスを使用している部分もあるそうで、一気に落ちることはないそうです。

座っていても窮屈さなどは感じず、ゆったりとした空間に感じました。
室内高が高いので、解放感もあったと思います。

後部座席の方ですが、普通に座って頭の上にはこれくらいのスペースがありました。

日産・デイズ ハイウェイスター 後席ヘッドクリアランス

日産・デイズ ハイウェイスター 後席ヘッドクリアランス


天井の方に手を付けてしまっているので分かりにくいかもしれませんが、頭と手の間にスペースがあるので、手のひらを広げた状態でもまだ余裕があったということです。

ハイウェイスターはベーシックタイプよりも外観だけでなく内装もグレードアップしているので、インパネに高級感を持たせていて、ドア部分だけでもメッキが多い印象でした。
しかし煌びやか、というわけではないので、落ち着いていて、普通乗用車の車内のような印象です。

日産・デイズ ハイウェイスター 助手席ドア

日産・デイズ ハイウェイスター 助手席ドア

他のメーカーの軽自動車に採用されているような、色パネルなどを使って個性が際立たせている、などのような楽しさや可愛さはここではなかったのですが、これなら逆に長く乗っても飽きないだろうな、と思いました。

ベーシックタイプでは、内装はアイボリーのみになりメッキ部分もなくなり、とてもシンプルになります。

日産・デイズX ベーシックタイプの内装

日産・デイズX ベーシックタイプの内装

特徴的な部分はなくなりますが、一気に高級感がなくなるというようなこともなく、これはこれでシンプルでいいと思います。

そして、ベーシックタイプとハイウェイスターとは別に、カッコイイ系の「ライダー」とかわいい系の「ボレロ」というタイプの展開もされています。

ちょうどボレロの展示車がありました。
こちらはボレロの室内です。

日産・デイズ ボレロ 内装

日産・デイズ ボレロ 内装

落ち着いた内装はキープしたうえで、パネルにポイントカラーなどを使って可愛さを出しているので、安っぽくならずこれなら素敵ですね。

スポンサーリンク

オートエアコンのパネルが先進的

オートエアコン自体は最近は珍しくなくなりましたが、それが液晶のパネルになっていて、軽自動車とは思えない装備でちょっとびっくりしました。

日産・デイズ ハイウェイスター センターパネル

日産・デイズ ハイウェイスター センターパネル

液晶のパネルは表面がツルツルでこれは指紋が残るだろうな・・・などと思いましたが、案外汚れが目立たないんだそうです。

細かい収納は一般的

車内の収納については、インテリアデザインにも調和していて、目立たないところにしっかり用意されている、という感じでした。
ただ、想像できるところに当然ある部分以上はない、つまり「こんなところにこんな収納!?」という驚きはありませんでした。

後部座席はスライド可能

後部座席に座ってみると、すごく広い!と感動したのですが、よく見るとその分後ろのラゲッジスペースがほぼありませんでした。
後部座席がスライド式で動くので調整が可能でした。

後部座席を前に動かし、座席の後ろにラゲッジスペースをある程度確保しても、後部座席がすごく狭い!ということにはなりませんでした。

日産・デイズ ハイウェイスター 後席足元スぺース

日産・デイズ ハイウェイスター 後席足元スぺース

後部座席を通常状態(一番後ろ側にある状態)だと十分余裕がありますが、しっかりラゲッジスペースを確保する為に後部座席を前に出すと、膝の前のスペースはほぼなくなります。

日産・デイズ ハイウェイスター 後席足元スぺース

日産・デイズ ハイウェイスター 後席足元スぺース(荷室スペースを優先した場合)

そして後部座席が倒せるので、大きなものを乗せたい時などには、椅子を倒してラゲッジスペースを広くできるので、使い勝手も良いですね。
後部座席は5:5で半分ずつ倒すことも出来ます。

日産・デイズ ハイウェイスター ラゲッジスペース

日産・デイズ ハイウェイスター ラゲッジスペース

後部座席を動かしてラゲッジスペースを確保するという最近の軽自動車に多いシステムのデイズですが、デイズに関してはあまりラゲッジスペースや車内の収納では勝負していないんだ、という印象もありました。

デイズの特徴は、やはり車内のインテリアに重点をおいている印象で、インパネやシートの素材感などから高級感を感じる事が出来ると思います。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのデイズを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのデイズを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

デイズの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

デイズを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでデイズの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る