日産・デイズ試乗 異なるタイプで印象がガラリと変わる外観エクステリア(3/8)

日産デイズにはボディタイプが4タイプに分かれていて、ベーシックタイプ、デイズ ハイウェイスター、ボレロ、ライダーの4タイプとなっています。
主に出ているタイプは、ベーシックタイプとハイウェイスターのいずれかで、今回試乗したのがデイズ ハイウェイスターGでした。

ということで、デイズ ハイウェイスターの外観エクステリアをチェックしていきたいと思います。

日産・デイズ ハイウェイスター

日産・デイズ ハイウェイスター

正面から見ると、ベーシックタイプと違い、比較的角張った感じです。

日産・デイズ ハイウェイスター フロント正面

日産・デイズ ハイウェイスター フロント正面


ハイウェイスターだとフロントグリルの存在感があってメッキ感も多いので、単純に見た目から軽自動車というイメージがなく、重厚感のある印象がありました。

ヘッドランプも四角いので、フロントの顔つきが普通乗用車っぽさを出しているのかもしれませんね。
ライトはアクセントランプはLED、ヘッドランプはキセノンになります。

サイドには大きくラインが入っていて、このラインの印象がとても強かったです。

日産・デイズ ハイウェイスター サイドビュー

日産・デイズ ハイウェイスター サイドビュー


このラインが目立っていてボディが大きく見えるのか、普通車に見える印象でした。

ただ、他のボディカラーで見てみると、このサイドラインが目立つものと目立たないものがあって、選ぶ色によってもかなり印象が違うんだとも思いました。
濃い色の方がサイドのラインが光を反射した時に、ボディをカッコよくみせてくれる感じがしました。
このラインのデザインはデイズ全て共通です。

ホイールはグレードによっても違います。
個人的には、ベーシックもハイウェイスターもホイールにはそこまで違いを感じず、どちらもカッコイイと感じました。
タイヤのサイズはこのハイウェイスターは15インチですが、グレードによっては14インチのタイヤになります。

日産・デイズ ハイウェイスターG 165855/R15 75Vタイヤ&15インチアルミホイール

日産・デイズ ハイウェイスターG 165855/R15 75Vタイヤ&15インチアルミホイール

後ろ姿に関しては、グレードによって変わるところがなく、共通のデザインになります。
ハイウェイスターに関しては正面はゴツくてカッコイイ系なのに、後姿はちょっと女性的な印象でした。

日産・デイズ ハイウェイスター リヤビュー

日産・デイズ ハイウェイスター リヤビュー


バックライトの下のくびれなどがそう感じさせるのかな?とも思いました。

スポンサーリンク

ベーシックタイプのエクステリアもチェック

ベーシックタイプも見ていきます。
違いがあるなと感じたところだけご紹介します!

日産・デイズ ベーシックタイプ

日産・デイズS ベーシックタイプ

ベーシックになるとハイウェイスターの印象とは違い、とたんに可愛い印象になりました。
そしてこれはボディカラーにもよりますが、軽自動車感が一気にアップしましたね。

フロントグリルのサイズが変わり、ヘッドランプのデザインが変わり、フォグランプがないだけなのですが、それが大きな違いになるんですね。
正面から見ると、まるで別の車のように違います。

そして、タイヤのサイズが14インチになります。
1インチの違いですが、ここでも軽自動車感がアップしたように感じました。

日産・デイズ ベーシックタイプ

日産・デイズS ベーシックタイプ

カラーバリエーションが豊富

さてデイズは、とにかくボディのカラーバリエーションが多いんです。
何と14色もあるんですよ。ちょっと驚きです。

選べるカラーがありすぎて逆に迷うので、どの色が人気なのか聞いてみました。
基本的に人気があるのは、ホワイト、ホワイトパール、ブラックだそうです。

プレミアムパープルという深い紫の車もしばらく前は人気があったそうですが、最近はそうでもないとか。
この辺りの色は、デイズだからというよりも、どの車でも安定して出る色だそうです。

シルバーも人気だそうですが、これは汚れが目立たない色という理由だそうです。
これらの色はどのグレードでも選べる色だということなので、人気が安定しているということだと思います。

他に、ハイウェイスターに展開されているオーシャンブルーやスカーレットという色も人気だそうですが、これらは軽自動車に見えにくいから人気なのではないか、ということでした。
確かにそういう印象はありますね。

日産・デイズ ハイウェイスター ボディカラー「オーシャンブルー」

日産・デイズ ハイウェイスター ボディカラー「オーシャンブルー」

確かに、展示されていたりする車の中でも、色によって軽自動車っぽい色というものもあるんですね。
パステルっぽい色などについては、軽自動車らしい色とも言えますが、可愛さも出てくるので、あえて選ぶ人もいるそうです。
レモンライム、シルキーローズ、アイスブルー、という色についてはハイウェイスターには展開されていない色なので、ベーシックバージョンで可愛く乗りたい人のニーズにも応えているんだそうです。

日産・デイズ ボディカラー「アイスブルー」

日産・デイズ ボディカラー「アイスブルー」

ただ、これらの色は軽自動車らしい、すなわちちょっと安く見える、ということもあるかもしれません。
その中でも今一番人気なのは、モカブラウンだそうです。
この色が人気なのは、汚れが目立たず、その上で安っぽく見えない、ということなんだそうです。
その上で個性があるというか、良くある色ではないというところが人気のようですね。

デイズという車は、幅広い年齢層にも、そして男性・女性どちらにも人気なんだそうです。
その為にこの車はボディカラーにいろいろな色を展開しているということでした。
確かにこれだけあれば、自分の気に入る色を選び出せますよね。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのデイズを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのデイズを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

デイズの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

デイズを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでデイズの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る