トヨタ・オーリス試乗 欧州車とは異なるボディ安全性能に対する考え方(2/8)

トヨタが主に欧州仕様車として開発しているオーリスですが、その安全装備はどうなっているのでしょうか?

トヨタ・オーリス

トヨタ・オーリス ハイブリッド

骨格はライバル車とは違う考え方

基本的にオーリスのライバル競合車は、やはりフォルクスワーゲンやボルボ、またはベンツやBMWなどの輸入車になるんだそうです。

そして、こういった欧州車は、基本的に車体構造がしっかりしていて、事故を起こしても壊れないように頑丈に作られているんだそうです。
確かにそういうイメージがありますよね。

しかし、トヨタのオーリスはこういった欧州車とボディの安全性能に対するコンセプトが少し違うそうです。

トヨタ車や他の日本メーカーでも、最近は事故を起こしたりしても車体が逆に壊れるように設計されています。
車体が柔らかくつぶれることで、乗車している人、そして相手の人に対してクッションになるように衝撃が軽減することをに考えて作られているそうです。

日本ではこういった衝突軽減という考え方の車が最近流行っているので、この車体構造が採用されているそうなのですが、ヨーロッパでは衝突軽減というよりは頑丈な車がメインになっているそうです。
そういった中でも、このオーリスがヨーロッパで売れているということは、日本車の衝突軽減という考え方が認められてきているともいえるのかもしれませんね。

トヨタ・オーリス ハイブリッド

トヨタ・オーリス ハイブリッド

スポンサーリンク

安全装備はトヨタセーフティーセンスCを採用

オーリスの安全装備はトヨタセーフティーセンス(Toyota Safety Sense)Cがついています。
レーザーレーダーと単眼カメラを使った安全装備がしっかり搭載されています。

トヨタ・オーリス 単眼カメラ

トヨタ・オーリス 単眼カメラ

トヨタセーフティーセンスCには、以下の4つの機能が付いています。

  • 自動ブレーキの「プリクラッシュセーフティシステム」
  • 自動でハイビームとロービームを切り替えてくれる「オートマチックハイビーム」
  • 車線逸脱警報システムの「レーンディパーチャーアラート」
  • 信号待ちなどで前の車が発進しても気付かなかった際にお知らせしてくれる「先行車発進告知機能」

試乗中でも、信号待ちで前の車が動き出すと、先行車発進告知機能のアラームが鳴りました。

他にも、120Tの試乗中にスピードが出せる道路を走らせてもらった時に、緩やかなカーブで少し車線に寄ったかな、と思った時、レーンディパーチャーアラームの警告音が鳴りました。
警告音が鳴ることで、システムがちゃんと動作しているということが分かりますね。

ただし、このレーンディパーチャーアラームはある程度のスピードが出ていないと鳴らないそうで、試乗の際に坂道からの走り出しの時、周りに車がいないことを確認して、あえて車線に寄せて走ってみたのですが、スピードがゆっくりだったせいでアラームは鳴りませんでした。

ちなみに、アラームが鳴ることでシステムが機能していることは確認できますが、何回も鳴ってウルサイと感じる可能性もありますよね。
その場合には、これらの警告音を消すことができるので、安全性能をつけたままでこのアラームのオンオフを選ぶことができます。

トヨタ・オーリス レーンディパーチャアラートON/OFF切り替えスイッチ

トヨタ・オーリス レーンディパーチャアラートON/OFF切り替えスイッチ

ハンドルについているのがレーンディパーチャーアラームのオンオフのスイッチ、そしてハンドル奥についているのがアラームのオンオフスイッチです。
このトヨタセーフティーセンスCですが、グレードによって標準で付いているものと、54000円、あるいは62640円のオプション代追加でつけるかどうかを選ぶことができます。

グレードによっては付けることもできない、という車もありますが、オーリスはどのグレードでもつけることが可能です。

エアバックもしっかり装備

基本的なSRSエアバックは、もちろんどのグレードでもちゃんと装備されています。

トヨタ・オーリス エアバッグ

トヨタ・オーリス エアバッグ

その上で、サイドエアバックとカーテンシールドエアバックがグレードによって標準装備、または追加オプションで付けることができます。

このサイドエアバックとカーテンシールドエアバックも、車のグレードによっては付けることが出来ない、または元々設定そのものがない車もありますが、オーリスにはどのグレードでも装備が可能です。
これは、オーリスが高速でしっかり走ることを想定して作られているからですね。

基本的に安全性能については、トヨタが安全装備の標準と考えているToyota Safety Sense Cをオーリスにもついていることは安心できる点だと思います。
ちなみにToyota Safety Sense Cは、カローラフィールダーやヴィッツ、シエンタなどのコンパクトカーに搭載されている装備です。

海外で売れる頑丈な車ではなく、日本では標準になってきているボディ構造(壊れることで人体を守るシステム)を採用して売り出しているということに、トヨタの衝突安全ボディの自信の高さが伺えます。

事故はもちろん起きない方がいいに決まっていますが、もし万が一という時に、Toyota Safety Sense Cの衝突回避支援と、衝突してもなるべく衝撃が少ない安全ボディで、オーリスへの安心感が高まりました。

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのオーリスを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのオーリスを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

オーリスの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

オーリスを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでオーリスの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る