トヨタ・オーリス試乗 シンプルだけど色や素材にこだわった内装インテリア(4/8)

外から見ているだけではなかなかわからない内装インテリアについてですが、オーリスはシンプルでありながらも高級感のある内装でした。
この項ではオーリスの内装についてお伝えしていきます。

トヨタ・オーリス

トヨタ・オーリス

ハイブリッドGパッケージの内装

オーリスのインテリアは基本的にシンプルですが、色や素材などに凝っている印象で、高級感が漂う感じです。

特徴的だったのは、今回新たに追加されたハイブリッドの上位グレード「Gパッケージ」は、内装カラーが白で、シートやインパネ部分が白!

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ 運転席

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ 運転席

白の内装色というのは、やはりインパクトがありますね。
基本的にオーリスの内装色はブラックがメインとなるのですが、この「ハイブリッドGパッケージ」のホワイトインテリアはブラックとはかなり印象が違いました。

こちらは内装色がブラックの「150X」のインテリア。

トヨタ・オーリス 150X 内装色ブラック

トヨタ・オーリス 150X 内装色ブラック

こちらが「ハイブリッドGパッケージ」のホワイトインテリアです。

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ 内装色ホワイト

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ 内装色ホワイト

こうして見比べると、同じオーリスとは思えない程の違いですね。

ハイブリッドのGパッケージを選ぶと、このホワイトインテリアに自動的になってしまうので、他のインテリアカラーが良い場合はGパッケージは選ばずにオプションで必要なものを追加することになります。
このホワイトインテリアを選びたいならば、ハイブリッドGパッケージを選ばないといけないということになります。

またハイブリッドGパッケージのシート素材は、本革とウルトラスエードというバックスキン素材を組み合わせた上質なシートになっているので、座り心地も他のファブリックとは違って良かったです。

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ 運転席シート(本革×ウルトラスエード)

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ 運転席シート(本革×ウルトラスエード)

120Tの内装はインパクトあり

ハイブリッドGパッケージ以外にも、ターボエンジンの「120T」の内装は、インパネ部分がオレンジの木目調でオシャレだな、と感じました。

トヨタ・オーリス 120T インストルメントパネル加飾(木目調)

トヨタ・オーリス 120T インストルメントパネル加飾(木目調)

オレンジの木目調って、ありそうでなかなかないデザインですよね。

シートのデザインもステッチ使いが好印象で、一目見てカッコイイと思いました。
この「120T」のシート素材も本革とバックスキン素材のウルトラスエードが使われていて、スポーティーかつ上質なシートとなっています。

トヨタ・オーリス 120T シート表皮(本革×ウルトラスエード×合成皮革)

トヨタ・オーリス 120T シート表皮(本革×ウルトラスエード×合成皮革)
(Photo by TOYOTA WEBcatalog)

ただ、このような「120T」や「ハイブリッドGパッケージ」のようなグレードは、内装の色使いが特徴的なので、オオッ!といった印象を受けますが、ブラックのみのオーソドックスなグレードインテリアは、特に可もなく不可もなく・・・といった感じだと思います。

スポンサーリンク

エアコンのデザインはプリウス風

オーリスのエアコンは、新型プリウスのエアコンに似たデザインのもので、シンプルだけど洗練された印象のデザインです。

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ エアコン

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ エアコン

操作性も悪くなく、直感的にすぐに使えました。

収納よりデザイン性を重視した?

オーリスの収納に付いてですが、フロント部分などの収納は基本的に少ないと感じました。
使い勝手などよりデザイン性が優先された印象です。
それがつまりスタイリッシュさにつながっているんだろう、と思いました。

インテリアのデザインはすっきりとした洗練された印象で、パネルの色やツヤが高級感を演出してるとカッコよさに驚きましたが、実際の収納に関しては、グローブボックスとコンソールボックスだけで、あまり物は入らなさそうだな、と思ったりしました。

トヨタ・オーリス グローブボックス

トヨタ・オーリス グローブボックス

コンパクトカーだとフロントパネルなどに細かな収納が多い車種もありますが、オーリスはそこを目指してはいないようですね。
ペットボトルなどのスペースはありましたが、もう少し収納があれば便利かなと思いました。

しかし、どのグレードでも作りはしっかりしていて、シンプルだけど上質感があります。

ラゲッジスペースの床下収納は2段式

オーリスのラゲッジスペースは、コンパクトカーの中では広い方だと思います。
実際に同じ排気量クラスでは、トップクラスの荷室容量で、奥行きも十分あり開口部も広いので、荷物の積み下ろしも楽にできそうな感じです。

トヨタ・オーリス ラゲッジスペース

トヨタ・オーリス ラゲッジスペース

後部座席も倒れるので、長い物も入れることができるようになります。
ただ、座席は倒れますが、完全フラットにはならず、少し段差はできてしまいます。
これはしょうがないですね。

オーリスのラゲッジスペースで良いなと思ったのは、ラゲッジスペースの下に浅い床下収納スペースがまず一段あり、

トヨタ・オーリス ラゲッジスペース 床下収納

トヨタ・オーリス ラゲッジスペース 床下収納(1段目)

さらにその下に、パンク用品など付属の工具を入れておけるという、床下収納が2段式になっているという点です。

トヨタ・オーリス ラゲッジスペース 床下収納(2段目)工具入れ

トヨタ・オーリス ラゲッジスペース 床下収納(2段目)工具入れ

通常のラゲッジスペースの下に、床下収納がまず1段あるので、そこに常時入れておきたい小物を入れておけるのが便利ですよね。
ラゲッジスペースに、中途半端に小物が転がっていることも良くあると思うので、このスペースはよく考えられて作れらていると思います。

車内の居住空間は広いか?

後部座席の居住性についていですが、座ると少し膝の前は狭いかな、という印象でした。
足元スぺースは、それほど広いという感じではありませんが、決して狭いということでもありません。

実際に座ってみると、これくらいです。

トヨタ・オーリス 後席足元スぺース

トヨタ・オーリス 後席足元スぺース

ちなみに、オーリスを見た後に、展示車のプリウスにも座ってみたのですが、実はオーリスとそんなに変わらなかったので、車内の印象の違いであまり広くないと感じたのかもしれません。

そして、頭の上のスペースはこれくらいです。

トヨタ・オーリス 後席ヘッドクリアランス

トヨタ・オーリス 後席ヘッドクリアランス

頭上もすごく広いというほどではないですが、足元スぺースと同じく、決して狭いという感じでもありません。
オーリスのボディサイズで考えれば、妥当な広さだと思いました。

オーリスの内装についてですが、営業さんのお話ではトヨタが自信をもっているとのお話をされていました。
競合ライバル車であるフォルクスワーゲンのゴルフやアウディのAクラスに対抗できるように考えられているんだそうです。
確かにそれらのメーカーの車をライバルと考えるなら、良いものにしないとヨーロッパで対抗できないですもんね。
シンプルだけど高級感のある内装は、やはり欧州車を意識してつくられているのだと、改めて感じることができました。

トヨタ・オーリス ハイブリッド

トヨタ・オーリス ハイブリッド

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのオーリスを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのオーリスを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

オーリスの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

オーリスを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでオーリスの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る