トヨタ・オーリス試乗 ハイブリッドとガソリンターボモデルの走行性を比較(1/8)

2016年4月にトヨタのオーリスにハイブリッドモデルが追加されたということで、新たに追加設定されたハイブリッド車と従来から販売されているガソリン車を比較してみようと試乗させてもらいました。

オーリスは知っている人はよくご存知の通りですが、トヨタの国際戦略車としてヨーロッパで主に力を入れて販売されている3ナンバーサイズのモデルとなります。
フォルクスワーゲンのゴルフが最大の競合車となるようですが、オーリスのガソリン車は排気量が「1.5L」「1.8L」さらには「1.2Lターボ」という3展開の珍しいモデルです。
そこに今回、新たにハイブリッド車が追加になり、さらにパワートレーンが拡大されました。

今回はエンジンのサイズの違う3種類の車に試乗してきたので、その乗り心地をお伝えしたいと思います。

まずは売れ筋グレードの1.5Lエンジンに試乗

オーリスの中で一番売れているグレードということで、まずは1.5L車に試乗してみました。

トヨタ・オーリス 150X

トヨタ・オーリス 150X

試乗車のグレードは1.5L車の「150X」、ボディカラーはレッドマイカメタリックでした。

走り出しは特に不満もなく、感想としては普通かな、という印象。
ガソリン車らしい走り、という感じです。

オーリスは走りが売り!という車なんだとは思いますが、特にそこまで面白みは感じず。
エンジンも、悪くはないとは思いましたが、かといってすごくイイ!という感じもなく、車内ももちろん静かだとは思いましたが、それはヴィッツなどのコンパクトカーと比べて、という感じです。

悪くないんだけれど、しかしそれ以上でもない、というのが正直な感想です。
車内のデザインはなかなか高級感があるとは思ったのですが、それはオーリスであれば基本的には同じようなので、他のエンジンを試してみたいと思ってしまいました。

「150X」のメーターはトリプルでしたが、ちょっと地味かな、という印象の方が強かったです。
クラシックなというか、少し古いような感じもしました。

トヨタ・オーリス 150X メーター

トヨタ・オーリス 150X メーター

スポンサーリンク

ダウンサイジングターボの120Tに試乗

続いて試乗したオーリスは、上位グレードとなるターボエンジンの「120T」です。

トヨタ・オーリス 120T

トヨタ・オーリス 120T

ボディカラーは、ちょっと珍しいカラーで「シトラスマイカメタリック」でした。

まず走り出しですが、150Xと比べて少し弱いような気がしました。
しかし、直線コースになって、少しスピードが出せる道でアクセルをぐっと踏み込んでみたところ、40キロを超えたくらいから、グンと後ろから押されるような感覚があり、
「これがターボのパワーか!!面白い!!」
と、思わず嬉しくなるほどでした。

簡単に100キロくらいは出てしまいそうな勢いだったので、すぐにブレーキでスピードは落としましたが、
これはきっと、高速を走るには面白い!
と、ワクワクするような感覚でした。

しかし、走り出しで加速が幾分ゆっくりなような感覚だったので、街中で走る時には若干ストレスを感じるかもしれないですね。
試乗でも、まっすぐのところはとても楽しく走れたのですが、住宅街に入って少し細い道を走る、信号で止まる、という時に、もうちょっとパワーが欲しいかな、とも思いました。

NA車とターボ車という性質の違うエンジンだったので、それぞれの特徴があるかと思いますが、1.5Lの「150X」と比較すると「120T」の方は、ターボの力もあってスピードがのれば気持ちよく、キビキビと走ってくれるような印象でした。

そして「120T」のメーターは、スピードメーターとタコメーターの間に、液晶のマルチインフォメーションディスプレイがあり、「150X」とはまた違うタイプのメーターとなっていました。

トヨタ・オーリス 120T メーター

トヨタ・オーリス 120T メーター

「120T」は去年のマイナーチェンジの際に追加となったモデルなので、メーターも新しいタイプのものになっているようです。

新しく追加されたハイブリッドモデルの走行性は?

そして追加モデルのハイブリッド車に試乗!
今回試乗させてもらったのは1.8L+モーターのハイブリッド車で、グレードは「Gパッケージ」でした。

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ

ボディカラーは人気色の「ホワイトパールクリスタルシャイン」です。

さて、オーリスハイブリッドの走行性ですが、もちろん走り出しがとても静かで、当然かもしれませんが、ガソリン車と車内の音が全く違いました。

しかし、走り出しで少し時間がかかるところが気になりました。
というのも、試乗中の走り出しではすぐにエンジンがかかってしまうことが多かったのです。
モーターだけの力で走り出しをセーブすると、もう少し早くスピードが出ないかしら、と思ったり。

エンジンの力が加われば馬力的には問題ないように思いますが、いずれにしても出だしはモーターだけで走り出すので、スピードが出るまでに時間がかかるような感覚がしました。

そして加速に時間がかかるような気がするので、アクセルを踏み込んでしまうから、ハイブリッドにしては燃費がそれほどよくないのでは、と思ったりもしてしまいました。
もちろんガソリン車よりは断然燃費はよくて、カタログ燃費は30.4km/Lとなっています。

そしてメーターは、「120T」と同じく真ん中にマルチインフォメーションディスプレイがあるデザインで、見てていて分かりやすかったです。

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ メーター

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ メーター

シートの座り心地は好印象

オーリスのシートの座り心地ですが、直感的に良いなと思いました。
ホールド感のあるシートで、これは長時間・長距離運転しても疲れないんじゃないか、と思わせてくれる印象。

トヨタ・オーリス 150X シート(ファブリック)

トヨタ・オーリス 150X シート(ファブリック)

シートの高さももちろん調整できるので、運転しやすいように自分で調整しましたが、運転席からは車の鼻先が少しとらえにくいかな、とも思いました。
慣れれば問題ないとも思える程度ではありますが。

オーリスはグレードによってシート素材が変わるのですが、今回試乗したハイブリッドモデルは「Gパッケージ」で、シートが本革張りでした。

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ シート(本革×ウルトラスエード)

トヨタ・オーリス ハイブリッドGパッケージ シート(本革×ウルトラスエード)

シートの形状は変わりませんが、本革張りだと座り心地がやっぱり違いますね。
一部にウルトラスエードというバックスキン素材も使われていて、座り心地も良く、上質感がありました。

ただ、少し要チェックポイントとしては上位グレードの「ハイブリッド Gパッケージ」と「120T RSパッケージ」は、他グレードよりタイヤサイズが大きく17インチとなるので、少し乗り心地が硬い印象があります。

外観的にはしっかりとした、結構ゴツイ印象だったオーリスですが、これでもトヨタの中ではコンパクトカーに分類されるんだそうです。
確かに試乗の時は、街中の右折・左折などでストレスはなく、とりまわしは比較的楽でした。。
ただ、エンジン(グレード)によって、車そのものの印象がかなり変化する車だとも感じたオーリスです。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのオーリスを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのオーリスを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

オーリスの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

オーリスを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでオーリスの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る