30系アルファード 2.5L S Aパッケージ 納車1年後のインプレッション~乗り心地について

我が家の30系アルファードが納車されてから早1年以上経ち、乗っていて個人的に感じることを色々お伝えするインプレッションシリーズです。
前回は、走行インプレッションについてお伝えしました。

今回は乗り心地についてのインプレッションをお伝えしたいと思います。

リヤサスペンションのダブルウィッシュボーンは上質な乗り心地

乗り心地に関しては、トヨタ車なので大きな心配はしていませんでしたが、トヨタ車特有のフワフワした感じなのかな?とは想像していました。

以前、ハリアーに乗っていたことがありましたが、車重が重かったこともあり、かなりフワフワした乗り心地でした。
まあトヨタ車ってこんなものかなぁと思いながら乗っていたという経緯もあり、トヨタ車の足回りは経験済で、今回はLクラスミニバンなのでそのあたりも覚悟はしていました。

しかし、納車されてから実際に乗ってみて、期待以上の乗り心地にちょっと感動しました。
リヤサスペンションがトーションビーム式からダブルウィッシュボーンになったというのがやはり大きな違いだと思います。

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ

以前に20系にレンタカーで借りて乗った時には、それほど乗り心地の良さを感じませんでしたが、30系のダブルウィッシュボーンはまさに上質の乗り心地で、段差での突き上げもうまく吸収してくれているといった感じです。

従来のフワフワしているという乗り心地ではなく、やわらかいんだけどやわらか過ぎず適度な硬さで、まさに上質な乗り心地という表現がぴったり当てはまります。

たまにトヨタでも他社メーカー(国産、輸入車)でも他の車を試乗する機会がありますが、試乗が終わって我が家のアルファードに乗ると、やっぱりアルファードの方がいいなと、試乗を終える度に改めて感じます。

我が家は小さな子供がいるので、走りよりは乗り心地を優先したい方なので、30系アルファードの乗り心地にはかなり満足しています。

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  車内

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  車内

スポンサーリンク

タイヤを18インチから17インチにサイズダウンで乗り心地を優先

我が家のアルファードはグレードが「2.5L S Aパッケージ」なので、標準タイヤは18インチになります。
が、少しでも乗り心地をよくしたいということで、マイナスオプションとして17インチにインチダウンをしました。

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  17インチにサイズダウンしたタイヤ&アルミホイール

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  17インチにサイズダウンしたタイヤ&アルミホイール

S Aパッケージはエアロタイプになるので、サイズが大きいタイヤになるのですが、エアロタイプではないノーマルタイプは標準で17インチのタイヤとなるので、ノーマルタイプに合わせたサイズにインチダウンとなった訳です。

しかも、S Aパッケージに標準でついていたアルミホイールより17インチのアルミホイールのデザインの方がスタイリッシュでかっこよかったこともあり、迷うことなくインチダウンしました。

なので18インチと17インチのサイズ違いでの乗り心地の違いというのは乗り比べていないので実際わかりませんが、理屈からすると標準の18インチよりは硬さはやわらいでいると思われます。

高速道路での安定性が素晴らしい

そして優秀なのは高速道路で走っている時の安定性。
ステップワゴンからの乗り換えだったので、余計に乗り心地の良さと安定した走行性能に感動しましたが、納車されて1年経った今でも乗り心地の良さには感心する程です。

高速道路ではスルスル~っと流れるような乗り心地で、それでいて運転していて安定感があるというのが、長距離でも疲れにくいということにつながっていると思います。
長距離運転が本当に楽になりました。

カーブでのロール感も少ない

よく峠道を超えることがありますが、カーブを曲がる際のロール感というのも思ったよりは少なく、それなりに走れます。
子供を乗せずに自分一人だけの乗車で運転する時は、それなりにスピードを出すこともありますが、そんな時でも意外に曲がってくれます。
もちろん無茶な運転はしませんが(笑)。

これだけの大きなボディなのでカーブでは不安定さが目立ちそうなイメージですが、以外にも安定しています。
やはりダブルウィッシュボーンでボディ剛性が高められているという点で、操縦安定性が向上しているんだと思います。

ただ、橋の上や高速道路で横風を受けると、かなり不安定です。
まあこれだけの車格なので、そういったことは仕方がないですね。

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルファードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルファードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

アルファードの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルファードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルファードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルファードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. スズキ ハスラー
    エクステリアデザインについて とにかくかわいいの一言に尽きる。コロッとしてもちっとしている。 …
  2. スズキ新型ソリオ
    ワゴンRの大きいバージョンとして誕生し、独立を果たしたスズキソリオ。 地道に売上を伸ばし、独立して…
  3. 皆さんは「EV」「電気自動車」と聞くと、どんなクルマを思い浮かべるでしょうか? 日産リーフ?テスラ…
  4. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーとデリカD5はもともとはプラットホームを共有する姉妹車という位置づけであった。 アウ…
  5. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVは通常のアウトランダーの利便性、走行性能、積載性などの快適性を、とても低いラン…
  6. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVの走行性能について掘り下げて見たいと思う。 メルセデスSクラス超えのトル…
  7. 三菱・アウトランダーPHEV
    三菱はその企業体質から、技術力が大変高いにもかかわらず不祥事が続き評価を落とし続けている。 結果的…
  8. トヨタ・C-HR
    トヨタの世界戦略車C-HR。そのチャレンジングなデザイン、パワートレーン、価格。全てが今までのトヨタ…
  9. トヨタ・C-HR
    見た目にかなりインパクトのあるトヨタのコンパクトSUV、C-HRに試乗した。 今までのトヨタにはな…
  10. マツダ・デミオ
    私の愛車DJデミオ、13S Lパッケージの総評についてお話しします。 走りを楽しみたい、且つフ…
ページ上部へ戻る