三菱・デリカD5クリーンディーゼル車試乗 安心と信頼のあるボディと足回り(4/6)

本格的なオフロードミニバンとされているデリカD5ですが、ただ機能的だったり格好良いだけではいけません。
色んな場面で対応出来るだけのタフなボディが求められてきますが、デリカD5はそんな要求に答えることが可能!
むしろそれがデリカD5の特徴であり、魅力でもあります。
でも具体的にどんなものか?となるとイメージがつきにくいかもしれませんね。
こちらではデリカD5のボディ、そしてそれを支える足回りについて紹介していきたいと思います。

衝突安全性能総合評価6スター獲得のリブボーンフレーム

デリカd5の強靭なボディを備える要因の1つとなっているのが「リブボーンフレーム」というものです。
ミニバンですが、スライドドアの開口部が大きいことが原因でボディを強くすることが難しい車とされています。

デリカ D:5 D-Power package サイドビュー

デリカ D:5 D-Power package


難しさがゆえに、どうしてもボディが弱くなってしまうということみたいですね。
そのため、どうしても走行中に安定感がなかったり「ふらつき」などの場面にも遭遇しがちです。

そこで採用されたのが「リブボーンフレーム」なのです。
リブボーンとは肋骨のことになり、環状型の骨格構造になります。

デリカD:5「リブボーンフレーム」

デリカD:5「リブボーンフレーム」(PHOTO by MITSUBISHI web catalog)
ボディフレームの結合部の断面を確保することによって生まれた環状型の骨格構造。


軽くて強いボディ構造で、やはり同じように軽さと強さが求められる飛行機とも同じ構造のもの。
これを採用したことで開口部を大きくすることをキープしつつ、ボディの剛性も高めることが出来たのです。

スポンサーリンク

万が一の時にも安心できるボディ

リブボーンフレームの採用の他には、アンダーボディにクロスメンバーを採用しています。

デリカD:5「クロスメンバー」(PHOTO by MITSUBISHI web catalog)

デリカD:5「クロスメンバー」(PHOTO by MITSUBISHI web catalog)
アンダーボディには大型のクロスメンバーが採用されている。


これによってボディ全体の剛性が更に高められ、衝突安全性をはじめ高速道路やラフロードを走行する際の操舵安定性や静粛性が大きく向上!
信頼性や安定性を得る原因の1つともされています。

デリカd5のボディは、他にも万が一の時のことを考えて作られている箇所があります。

衝突安全強化ボディ「ライズ

三菱自動車独自の衝突安全強化ボディの「ライズ」とは、高エネルギー吸収構造と高耐力キャビン構造で衝突安全性を高めた三菱独自のボディです。
衝突試験のテストもしっかりと重ね、正面衝突、オフセット、側面、後面と全方向の衝突安全性が高められています。

デリカD:5「衝突安全強化ボディRISE」

デリカD:5「衝突安全強化ボディRISE」

歩行者保護ボディ

万が一の人身事故等で歩行者との接触があった場合に備えて、エンジンとボンネットの間に衝撃吸収スペースが確保されています。
また、ウインドシールド下端取り付け部にはデッキガーニッシュを変形しやすい構造にし、フェンダーパネルを樹脂化することで衝突時の柔軟性を高めています。
様々な工夫を加えることで歩行者の傷害低減を目指すための配慮がされています。

デリカD:5

デリカD:5 乗る人だけでなく歩行者の傷害低減をめざした配慮がなされている。

デリカD:5のサスペンションはどんなもの?

サスペンションですが、フロントにはマクファーソンストラット式、リヤにはトレーリングアーム式マルチリンクサスペンションを採用しています。
車が上下に動いた際や旋回の際など、様々な力が加わる時にも正しい姿勢が確保できるというもの。
これによって操舵安定性だけじゃなく、乗り心地の良さも実現しているのだそうです。

18インチの大型タイヤ+アルミホイール

タイヤ+アルミホイールは専用開発された225/55R18の大型タイプのものです。
どの席に座っても快適な乗り心地を実現すると言われています。

デリカ D:5 D-Power package 225/55R18 タイヤ・アルミホイール

デリカ D:5 D-Power package 225/55R18 タイヤ・アルミホイール

デリカD5ですが、強いボディにサスペンションによるしっかりとした足回りという車の基本が良く表現できています。
オフロードにおいての走行性、オンロードでは高速やコーナーでの安定性を得ることができているので、遠距離も近距離も常に快適で安心した状態での運転を楽しめるのではないかと思います。

走っても良し、乗っても良し、機能性も良し、安全性も良しと良いところ揃いのデリカD5です。
セールススタッフもイチオシしてましたし、私自身も充実度の高さに驚かされてばかりでした。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのデリカD:5を1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのデリカD:5を少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

デリカD:5の自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

デリカD:5を自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでデリカD:5の車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

おみりゅう

おみりゅう認定ライター

投稿者プロフィール

女性 関東地方在住

自分の趣味や関心事を大切にすることを心がけています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る