30系アルファード 2.5L S Aパッケージ 納車1年後のインプレッション~少し気になる点

我が家の30系アルファードが納車されて早1年、走行距離は既に3万キロ近くも走ってしまいました(苦笑)。
この1年間乗っていて、個人的に感じることを色々お伝えするインプレッションシリーズ第三弾です。
これまで走りと乗り心地についてお伝えしてきました。


第三弾の今回は、乗っていて少し気になる点をお伝えします。

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ

ECOモードはどれだけECOなのか?走りの違いは?

アルファードにはエコモードというスイッチがあり、エコドライブができるよう駆動力やエアコンの効きを抑えて走行するというモードになります。

シフトレバーの右横一番下に「ECO MODE」スイッチがあります。

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  ECOモードスイッチ

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  ECOモードスイッチ

普段、街乗りでの走行では基本的にECOモードにしていますが、
ECOモードにすることによりどれだけ燃費向上に貢献してくれているか?
については、計測した訳ではないので正直定かではありません。

実燃費としては、基本ECOモードの状態で
街乗りで8~10km/L
長距離で11~13km/L
といった感じです。

走りに関してはECOモード状態でもそれほどのストレス感はなく、街乗りなら何ら問題ないので、普段はECOモードで走っています。

少しエアコンの効きが悪いようなきもしますが、これもほとんど気にならない程度なので、普段はECOモードで問題ありません。

ちなみにECOモードON時はメーター内中央のマルチインフォメーションディスプレイに緑色で「ECO MODE」と表示され、ギヤ位置を示す「D」マークの周りにブルーのイルミネーションが光っています。

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  マルチインフォメーションディスプレイ

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  マルチインフォメーションディスプレイ

普段はECOモードですが、峠道などの上り坂などで思い出せばECOモードをOFFにすることもあります。
ECOモードをOFFにすることで、加速感が増すといった走りへの影響があるか?
と言えば、ほとんど変わらないというのが正直な印象ではありますが、多少エンジンの回転数が変わるような気がします。

タコメーターを見ていると、少し回転数が上がっているような時もありますが・・・
走っている速度によると思いますが、基本的に回転数はほとんど変わらないです。

気持ちの問題かもしれませんが、ECOモードOFFで多少は走りに軽快さが出るような気もします。
が、しつこいようですが本当にほとんどわからない程度です。

担当の営業さんのお話ではECOモードはエアコンの効き具合が少し落ちる程度のものなので、走行性には関係ないとおっしゃってましたが・・・
私個人的には少しだけ加速感が増すような気がしています。
ただウチの旦那さんは、モードのON/OFFで走りは何も変わらないと言ってます(笑)。

アルファードの前はホンダのステップワゴンに乗っていて、「S」ボタンというスポーツモードになるスイッチがあり、それを押した時のパワーがすごかったので、どうしてもその印象が強烈に残っています。
SボタンとECOモードの概念は全く違うのですが、ECOモードとは別にできればSボタン的なパワーモードがあればよかったのになーと思います。
ただ、もしパワーボタンが付いていたとしても、アルファードではそれほど活用するような場面はないかもしれませんが・・・。

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ

スポンサーリンク

助手席スーパーロングスライドシートの実用性は?

この30系アルファードは助手席がロングスライドする!というのがこれまでにない世界初の新しい機能として装備されました。

トヨタ・アルファード 助手席スーパーロングスライドシート

トヨタ・アルファード 助手席スーパーロングスライドシート
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

シートスライドの量は1メーター以上という長さ!

ただし、グレードによる設定なのでロングスライドシートの設定がないグレードもあります。
我が家の「S Aパッケージ」の他には「G(7人乗り)」「SA」のみの設定で、ハイブリッドや他のグレードにはオプションの設定もありません。

さて、この世界初の新機能スーパーロングスライドシート。
購入前に思ったのは、
この機能は実際に使うのかどうか・・・?
というのが気になっていました。

そして、実際に乗り始めてロングスライドを使うかというと・・・
この1年間、我が家ではめったに使っていません。
まあ想定内といったところです(笑)。

というか、我が家は3人家族で子供がまだ小さいので、助手席に座ることすらほとんどないのですが(汗)。

最初は子供のチャイルドシートを助手席につけて、スパーロングスライドで一番後ろまで下げれば、
運転席にパパ、助手席に子供、後席右側にママ
という感じでトライアングル状態で座ることができるなー
なんて想像していたのですが、現実問題、やっぱり後席にチャイルドシートを付ける方が乗り降りさせやすいですし、何より安全です。

でもせっかくの機能なので、ごくたまーにスーパーロングスライドを活用して助手席を一番後ろまで下げることもあります。

ちなみにスライドをしていない通常位置の助手席はこちら ↓

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  助手席(通常位置)

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  助手席(通常位置)

そして、ロングスライドするとこうなります ↓

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  助手席(ロングスライド位置)

トヨタ・アルファード 2.5L S Aパッケージ  助手席(ロングスライド位置)

ちょっとありえない程の足元スぺースが出来上がります(笑)。

ただ、構造上仕方がないと思うのですが、助手席のアームレストが左側(ドア側)には付いていないので、右側だけにしかアームレストがないという状態に。

ロングスライドしなければ左側にはドアがあるのでアームレストがないのは別に気にならないのですが、ロングスライドすると左側は助手席ドアと後席のスライドドアの間くらいの位置します。
せっかくロングスライドして足元広々、オットマンも出して超くつろぎ体勢~♪
になっても、アームレストが片方ない・・・
という微妙な感じに。

まあでも珍しい機能なので、たまに活用するとおもしろいですね。
普段乗りには使いませんが、長距離だと色々シートポジションを変えて楽しむこともできます。

ということで、今回は「ECOモード」と「スーパーロングスライドシート」の気になる点をお伝えしました。

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルファードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルファードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

アルファードの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルファードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルファードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルファードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. スズキ ハスラー
    エクステリアデザインについて とにかくかわいいの一言に尽きる。コロッとしてもちっとしている。 …
  2. スズキ新型ソリオ
    ワゴンRの大きいバージョンとして誕生し、独立を果たしたスズキソリオ。 地道に売上を伸ばし、独立して…
  3. 皆さんは「EV」「電気自動車」と聞くと、どんなクルマを思い浮かべるでしょうか? 日産リーフ?テスラ…
  4. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーとデリカD5はもともとはプラットホームを共有する姉妹車という位置づけであった。 アウ…
  5. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVは通常のアウトランダーの利便性、走行性能、積載性などの快適性を、とても低いラン…
  6. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVの走行性能について掘り下げて見たいと思う。 メルセデスSクラス超えのトル…
  7. 三菱・アウトランダーPHEV
    三菱はその企業体質から、技術力が大変高いにもかかわらず不祥事が続き評価を落とし続けている。 結果的…
  8. トヨタ・C-HR
    トヨタの世界戦略車C-HR。そのチャレンジングなデザイン、パワートレーン、価格。全てが今までのトヨタ…
  9. トヨタ・C-HR
    見た目にかなりインパクトのあるトヨタのコンパクトSUV、C-HRに試乗した。 今までのトヨタにはな…
  10. マツダ・デミオ
    私の愛車DJデミオ、13S Lパッケージの総評についてお話しします。 走りを楽しみたい、且つフ…
ページ上部へ戻る