ホンダ・N-ONE試乗 見積り、値引きについて(7/8)

プレミアムツアラーで見積もり作成

N-ONEを試乗して、見積もりはターボ仕様のプレミアムツアラーでとってみました。
2トーンカラーを選んでいますが、試乗したローダウンではない方のノーマルツアラーです。
駐車場が立体駐車場になる場合は、駐車場のサイズによってはLOWDAWNを選ぶ必要が出ますし、そうするとツートーンを選ぶことになるので、結果的にいろいろと金額がプラスになってしまいます。
都心の方だと、先に駐車場を決めてから見積もりを取った方がいいかもしれませんね。

私は個人的に欲しいと思ったターボ仕様の「プレミアムツアラー」で、主なオプション装備として、あんしんパッケージとナビ装着スペシャルパッケージを選びました。
あとはそれらに関係する基本的な装備をオプション付属品として追加しています。

N-ONE Premium Tourer 見積り書
諸費用込で215万円!
200万を超えたので、軽自動車としてはやはり高額ですが、安全装備も万全でターボ仕様、本革巻きハンドル、パドルシフト、クルーズコントロール付き、フルオートエアコン、カーナビ、電動格納ミラーなどなど、普通車の場合でもかなり贅沢な装備がついているので、軽自動車とはいえこの金額になるのは納得できるかと思います。

オプションの選び方

足元のフロアマットやサイドバイザーなどは、好きなものを選べばいいと思います。
私はサイドバイザーはいらないのでつけませんでした。
ホンダさんの販売の仕方は、基本的にあらかじめパッケージで装備がまとまっているグレードものから自分の希望に合うタイプを選ぶというシステムですが、付属品としてナビを選ぶ必要があります。

今回は下から2番目の価格のものを選んでいます。
ナビは道路情報を更新する必要が出てきますが、無料更新が付いているものをオススメされました。
1回の更新に有料タイプだと1回15000円以上もかかるとのことだったので、それが3回ついているものを選ぶと、とりあえず無料更新が付いていない一番下のタイプよりはお得という計算になります。
それ以外の機能については、好きなものと金額を天秤にかけることになりますね。

スポンサーリンク

支払い方法について考えてみる

車を購入する際の支払い方法について、一括払いが可能な方ならそれでいいのですが、そうはいかない場合は頭金をガッツリいれるか、頭金はほとんど入れずに毎月均等で割っていくか、という2種類のクレジットプランを考えてくれました。
そして、それとは別にホンダですごくオススメしている「残クレ」もやはり勧められました。
残クレは3年、または5年などで残価を設定して、規定の期間が過ぎたところで、自分のライフスタイルに合わせて、その車を乗り続けるのか、別の車に乗り替えるのか、または車は手放すのか、など選択ができます。
もちろんその時に、車にひどい傷などがついておらず、金額がつくことが必要条件になりますが。
ただ基本的には、残している金額分価値がつくことにはなると思うので、自分の希望で車をどうするか決められるという点では、やはり残クレは良いシステムだと思います。

N-ONE Premium Tourer 見積り書クレジットプラン

今回は、ある程度の頭金があるとして、その上でローンを組むプランと、残クレで支払う場合の2つのプランで見積りを出してもらいました。
他にも、頭金を入れずに貯金として取っておいて、残クレを組み、数年後にそのまま乗り続ける場合にはその貯金で一括で払う、というプランも進められました。
ちなみに、数年後経ったときにまだ乗り続けるという選択をした場合には、一括で残金を支払うこともできますし、もう一度ローンを組むことができます。
しかし、この2つ目のローンは組める期間に制限があるので、ちょっと注意が必要ですね。
どちらにしても、ローンを組むならばうまくローンを活用できるように相談を営業さんにすることが必要です。

値引きについて

値引きについては「9月の決算が終わったので、大きな値引きは今すぐはできませんが・・・ローンを組まない場合には、ある程度値引きができるかもしれません。」とのこと。
また、年末近くに特別仕様車が出る予定なので、それだとパッケージ的にお得なものが買えるかもしれないとのことでした。

少しでも安く買うならオートテラスで購入という手も

ホンダのオートテラスと併設しているお店で買うと、新車を新古車として買うことができて、お安く購入することができるらしいです。
今回はそうはせずに新車で見積もりをもらいましたが、何としてでも安く買いたい!、となったら、オートテラス併設店を探してみるのもいいかもしれません。
ただそうすると、エコカー減税などの優遇が受けらるなくなってしまうので、そこは注意が必要です。
それでも選ぶ車によっては安くなるので、相談してみるという手もありますね。
車の性能には違いはないのですから、考えてみる価値はあるかもしれません。

ホンダ・N-ONE Premium ツートーンカラー

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのN-ONEを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのN-ONEを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

N-ONEの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

N-ONEを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでN-ONEの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る