30系アルファード特別仕様車タイプブラック 展示車インプレッション(内装)

アルファードの特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)をじっくり見てきましたので、個人的な感想をお伝えさせて頂いています。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ホワイトパールクリスタルシャイン

前項の外観インプレッションに続き、こちらでは内装についてご紹介します。

特別仕様車タイプブラック専用シート「ウルトラスエード(パーフォレーション)+クロコ調柄合成皮革」

まず、今回の特別仕様車の装備の中で、個人的に一番コレどうなっているの!?と気になっていたのが、専用シートです。

ウルトラスエードというスエード素材に、パーフォレーションという一定間隔に開けられている打ち抜き穴が施されているという、ちょっと今までにあまりなかった仕様。

↓ こちらが特別仕様車のシート(2列目)

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用シート

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用シート

ブラックをベースにブラウンのドットがのぞいているので、一瞬見るとベンチレーション機能が備わっているのか!?と思わせるような穴。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用シート

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用シート

残念ながらベンチレーション機能は付いていませんが、スエード素材でありながらも通気性をよくするための工夫だそうです。
ウルトラスエード部分はちょうど背面と座面部分になるので、革特有のムレを防いでくれそうです。

展示車のシートに座っただけでは座り心地というのは正直わかりませんが、感触的には悪くはなかったです。
もっとバックスキン的な素材をイメージしていたのですが、ハリアーの特別仕様車で採用されているウルトラスエードとは全く違う印象で、パーフォレーションというプツプツ穴が施されているのにはちょっと驚きました。

ウルトラスエード以外の部分は合皮素材になっていて、色はブラックになります。
シートステッチはブラウンの糸を使っているので、ブラックベースにブラウンスステッチがよく似合っていると思います。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用シート

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用シート

ちなみにアームレストの部分も合皮なので、この時期、半袖なのでアームレストに直接腕を乗せると・・・ちょっと微妙な感触です。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用シート アームレスト

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用シート アームレスト

そしてさらに、シートの肩部にはブラウンの合皮がクロコ調柄になっているという少々奇抜な組み合わせ。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用シート(クロコ調柄合成)

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用シート(クロコ調柄合成)

これは好みが分かれる部分かと思います。
個人的にはバッグや財布でもクロコ柄は決して選ばない方なので、正直ちょっと・・・なデザインになります。
できれば柄無しの方が、個人的には良かったかな。

シートカラーがベースモデルのブラックからブラウンに変更になるとは聞いていましたが、ブラウンというのはこういうことかー!と、実際に展示車を見て思った次第です。
ベースカラーはブラックで、ブラウンはポイント使いみたいな感じなので、ブラック×ブラウンといったところでしょうか。

今回の特別仕様車を設定する中で、恐らくメーカーが一番力を入れたのが、この専用シートだと思います。
それぐらい特別感のあるものですが、デザイン的にユーザーの評価がどう出るか・・・。

ちなみに、ベースグレードでは黒のファブリックシートで、かなり感触の良いファブリック素材です。
触り心地、座り心地共に良く、汚れにくいという点で、個人的にはかなり気に入ってます。

↓ こちらはベースグレードとなるS“Aパッケージ”のファブリック素材のシート

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” ファブリックシート

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” ファブリックシート

ブラックというよりは濃いグレーといった色合いです。

スポンサーリンク

特別仕様車タイプブラック専用「ブラックインテリア」

車内のルーフとピラー部分ですが、ベースグレードではライトグレーだったのが、特別仕様車では「ブラック」に変更となります。

↓ こちらが特別仕様車のブラックルーフ

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ブラックルーフ

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ブラックルーフ

展示車はツインムーンルーフがメーカーオプションで付いていたのですが、もちろんムーンルーフの部分もブラックでした。

↓ そしてこちらが特別仕様車のブラックピラー

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ブラックピラー

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ブラックピラー

もちろん、アシストグリップもブラックになります。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) アシストグリップ

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) アシストグリップ

そしてもちろん、ルーフの後席エアコン吹き出し口もブラックです。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 後席エアコン吹き出し口

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 後席エアコン吹き出し口

普段、ライトグレーに慣れてしまっているので、こんなところまでブラックなのか!?
と、ちょっと感心しました。

タイプブラックはシートカラーもほぼブラックなので、内装は全てブラックに統一されたことになります。
アルファードでブラックインテリアが採用されているのは、最上位モデルの「Executive Lounge」だけになるので、やはりブラックインテリアは高級感が増すように感じますね。

↓ ちなみにこちらはベースグレードとなるS“Aパッケージ”の天井です

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” 天井

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” 天井

特別仕様車タイプブラック専用ステアリング「黒木目調」

ステアリングの素材がベースグレードでは本革巻きだったのが、特別仕様車では「本革×黒木目調」のコンビステアリングに変更となります。

↓ こちらが特別仕様車の本革×黒木目調ステアリング

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 本革×黒木目調ステアリング

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 本革×黒木目調ステアリング

上部が黒木目調になっています。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 本革×黒木目調ステアリング

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 本革×黒木目調ステアリング

このステアリングは、標準モデルのSA“Cパッケージ”[3.5L]と「S“Cパッケージ”[2.5L]に標準装備されているものと同じになります。

↓ ちなみにこちらはベースグレードとなるS“Aパッケージ”の本革巻きステアリング

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” 本革巻きステアリング

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” 本革巻きステアリング

この本革巻きステアリングは握り心地も良く、ハンドリングもしやすいので個人的にはお気に入りです。
ステアリングの木目部分はあまり好きではないので、できればオール本革巻きの方がいいのですが、どうでしょうか。

特別仕様車タイプブラック専用インサイドドアハンドル(後席)「メッキ」

スライドドアの内側ハンドルが、ベースグレードの樹脂材から、特別仕様車では「メッキ」に変更になります。

↓ こちらが特別仕様車のメッキドアハンドル(後席)

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) インサイドドアハンドル

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 後席インサイドドアハンドル

内装がブラックインテリアになったので、ワンポイントにメッキが入り、バランスが取れていると思います。

↓ ちなみにこちらはベースグレードとなるS“Aパッケージ”のドアハンドル(後席)

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” 後席インサイドドアハンドル

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” 後席インサイドドアハンドル

ちなみに前席のドアハンドルは、元々メッキになっていて、ベースグレードも特別仕様車も同じになります。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 運転席ドアハンドル(内側)

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 運転席ドアハンドル(内側)

特別仕様車タイプブラック専用スマートキー「ゴールド加飾」

スマートキーが特別仕様車では専用デザインになり、ゴールド加飾となります。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用スマートキー

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) 専用スマートキー
(Photo by TOYOTA WEBcatalog)

この専用スマートキーを見て気付いたのですが、何と特別仕様車には「ウェルカムパワースライドドア」の機能が追加されています。

営業さんからはこの情報をお聞きしていなかったのでちょっとびっくりですが、「ウェルカムパワースライドドア」はベースグレードではオプション設定すらなかったので、特別仕様車ならではということになりますね。

「ウェルカムパワースライドドア」とは、あらかじめ予約操作をしておくことで、鍵を持ってスライドドアに近づくとスライドドアのロックが解除され、しかも自動でドアがオープンしてくれるという、トヨタが開発した世界初の機能!

トヨタ・アルファード ウェルカムパワースライドドア機能

トヨタ・アルファード ウェルカムパワースライドドア機能
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

ものすごく便利ですごい機能!!なのですが、問題はその予約有効時間の短さ・・・。
予約設定をしてから20分間だけ、この機能が有効になるのですが、20分以降は使えないという残念な仕様。
コンビニで買い物する時用って感じでしょうか。

使う使わないは別として?標準で付いてくるのはありがたいですね。

↓ ちなみにこちらはベースグレードとなるS“Aパッケージ”のスマートキーです

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” スマートキー

トヨタ・アルファード S“Aパッケージ” スマートキー

以上が、特別仕様車の主だったインテリアに関する専用デザインになります。

その他の特別装備

その他の特別装備としては、以下の装備が付きます。

  • パワーバックドア
  • アクセサリーコンセント(AC100V・100W/1個)

パワーバックドアは、ベースグレードではオプション設定すらなかったので、こちらも特別仕様車ならでの装備となります。
女性にはありがたいパワーバックドアです。

トヨタ・アルファード パワーバックドア

トヨタ・アルファード パワーバックドア
(Photo by TOYOTA Webcatalog)

パワーバックドアと前述したウェルカムパワースライドドアは、基本的にセットものになっていて、標準モデルで追加する場合5万円かかるオプションになります。
ただし、この装備は特別仕様車のベースグレードとなる「S Aパッケージ」と「SA」にはオプション設定もされていません。

そして、アクセサリーコンセントはベースグレードで8000円のオプション品なので、特別仕様車ではおまけとして付いているという感じですね。

特別仕様車の値引きはどの程度いけるのか?

特別仕様車の価格ですが、ベースグレードより約17万円のアップとなっています。

  • 2.5L S“Aパッケージ” タイプブラック(TYPE BLACK):3,926,291円
  • 3.5L SA タイプブラック(TYPE BLACK):4,317,055円

(いずれも2WDの価格)

装備内容からすると、少し割高な気がしなくもないですが・・・。

そして、特別仕様車の値引きについてですが、営業さんにお尋ねしたところ、それなりにできるとのお話でした。

我が家は30系アルファードが発売されて間もなくに契約、購入しましたが、その時で値引きは車両本体とオプション品の値引きを足して20万少しでした。

発売後1年半が経ち、今回の特別仕様車が出てきましたが、去年の発売当初の時よりは値引きはできる
という具体的なお話を頂きました。

ただ、どの程度までいけるかは、具体的な詳細をつめていかないとわかりませんが、全く値引きがないということではなさそうですので、交渉の余地はあるかと思います。

以上、アルファードの特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK)のインプレッションでした。

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ・アルファード 特別仕様車タイプブラック(TYPE BLACK) ホワイトパールクリスタルシャイン

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのアルファードを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのアルファードを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

アルファードの買取相場を今すぐ知りたい方へ

【愛車の値段がその場でわかるGoo買取】をご入力下さい。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

アルファードの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

アルファードを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでアルファードの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

チビちゃん

チビちゃん認定ライター

投稿者プロフィール

40代 女性 三重県在住
ドライブ好きのアラフォー世代、一児のママ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. スズキ ハスラー
    エクステリアデザインについて とにかくかわいいの一言に尽きる。コロッとしてもちっとしている。 …
  2. スズキ新型ソリオ
    ワゴンRの大きいバージョンとして誕生し、独立を果たしたスズキソリオ。 地道に売上を伸ばし、独立して…
  3. 皆さんは「EV」「電気自動車」と聞くと、どんなクルマを思い浮かべるでしょうか? 日産リーフ?テスラ…
  4. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーとデリカD5はもともとはプラットホームを共有する姉妹車という位置づけであった。 アウ…
  5. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVは通常のアウトランダーの利便性、走行性能、積載性などの快適性を、とても低いラン…
  6. 三菱・アウトランダーPHEV
    アウトランダーPHEVの走行性能について掘り下げて見たいと思う。 メルセデスSクラス超えのトル…
  7. 三菱・アウトランダーPHEV
    三菱はその企業体質から、技術力が大変高いにもかかわらず不祥事が続き評価を落とし続けている。 結果的…
  8. トヨタ・C-HR
    トヨタの世界戦略車C-HR。そのチャレンジングなデザイン、パワートレーン、価格。全てが今までのトヨタ…
  9. トヨタ・C-HR
    見た目にかなりインパクトのあるトヨタのコンパクトSUV、C-HRに試乗した。 今までのトヨタにはな…
  10. マツダ・デミオ
    私の愛車DJデミオ、13S Lパッケージの総評についてお話しします。 走りを楽しみたい、且つフ…
ページ上部へ戻る