ホンダ・ヴェゼルハイブリッドRS試乗 内装と車内空間について(3/7)

内装のラインナップ

ヴェゼルの内装にはブラック/パッションブラック/ジャズブラウン/ブラックレザー/ブラックレザー(ブラック×アイボリー)、そしてRS専用のウルトラスエードがあります。
この内、パッションブラック/ブラックレザーはメーカーオプションのため、実物を見るのは難しいかもしれません。

しかし、その他の内装色は標準装備での選択のため展示車等々でご覧になることは可能だと思います。
ぜひとも、実物を見てから購入を決めたいところです。

特にジャズブラウンはカタログには格好良く写っていますが、好みや飽きの問題がありますので絶対に実物を見てから検討したいところです。
今回はRSの試乗車を見てきましたので、ウルトラスエードの写真を掲載いたします!

特別な内装「ウルトラスエード」

まずは、実物をご覧ください。

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 前席シート(ウルトラスエード)

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 前席シート(ウルトラスエード)


ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 後席シート(ウルトラスエード)

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 後席シート(ウルトラスエード)

写真だとわかりづらいですが、スエード調の素材を使ったシートです。起毛していて触り心地がとても良い。
ファブリックや本革とはまた違った肌ざわりが味わえます。
このウルトラスエードをインストルメントパネル、センターアームレスト等にも張り込む徹底ぶりです!

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 内装パネル

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 内装パネル


ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 内装ドアパネル

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 内装ドアパネル


ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS アームレスト

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS アームレスト

スポンサーリンク

運転席の座り心地

運転席のシートは程よい硬さとホールド感があり、安心して運転できます。
ただ小型SUVということでアイポイントはそんなに高くないですね。
運転席からボンネット等は見えません。
(カタログにはセダンに比べて10センチ高くしたと豪語していますが・・・)

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド 運転席からの視界

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド 運転席からの視界(前方)


ホンダ・ヴェゼルハイブリッド 運転席からの視界(左前方)

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド 運転席からの視界(左前方)

左前タイヤ辺りの死角はある程度仕方ありませんね。

後部座席の座り心地

ヴェゼルで私が一番良いな!と思ったのは後部座席のゆとりです。
175センチある私に合わせた運転ポジションに運転席を下げた状態で座っても、膝回りに余裕がある。

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 後席足元スぺース

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 後席足元スぺース

さらに頭上のゆとり。クーペスタイルということで天井がちょっと下がり気味のデザインで不安でしたが、圧迫感はありません。

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS ヘッドクリアランス

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS 後席ヘッドクリアランス

カタログによると「身長185㎝の人でも、ゆったり座れる」ことを基準に設計したそうです。
カタログ通り、大人4人で遠出する時等の長時間ドライブでも快適に過ごせると思います。

荷室も広い!!

後席にゆとりがあるヴェゼルですが、荷室もしっかり確保されています。
HPによると後席を倒さなくても、9インチのゴルフバックが1個斜め積みできる広さです。

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS トランクスペース

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS トランクスペース

さらにシートアレンジすればより大きな荷物が乗せられますし、ちょっと窮屈ですが足を前席側に投げ出せば寝むれそうですね。

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS トランクスペース(右側倒し)

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS トランクスペース(右側倒し)


ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS トランクスペース(左側倒し)

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS トランクスペース(左側倒し)


ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS トランクスペース(右左両倒し)

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS トランクスペース(右左両倒し)

この他にトールモード(シート跳ね上げ)があるそうです。
写真を撮りに行ったときに知らず、取り損ねてしまいました。すいません。

いやー、本当に何と言いますか・・・「大人のための遊び車」ですね(笑)
走り・後席のゆとり・荷室のゆとり・・・楽しいところに楽しいことをしに行く楽しい車、という感じです。
カタログに拠るとこれだけの空間を作れた理由は、通常後席の下にある燃料タンクをセンター(前席下)に持って行ったことで実現できたそうです。

スペアタイヤを入れる空間はないですよ!

トランクのボードは開閉式になっていまして、写真のように開けられます。

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS トランク床下スぺース

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS トランク床下スぺース

ボードはここしか開きません。
なぜかというとリチウムイオン電池がこの向こう側にあるからです。
後部座席のドア脇に冷却用の空気口が付いています。最初、後部座席用クーラーかと思いました(笑)

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS リチウムイオン電池用空気口

ホンダ・ヴェゼルハイブリッド RS リチウムイオン電池用空気口

そういうわけでハイブリッドにはスペアタイヤを後から買って付けることが出来ません。
(申し訳ありませんが、ガソリン車では確認していません。)
ハイブリッドご購入の際は、JAFや保険会社の各種ロードサービスの加入をお勧め致します。

次の記事

Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのヴェゼルを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのヴェゼルを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

ヴェゼルの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

ヴェゼルを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでヴェゼルの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

ソリオ乗り認定ライター

投稿者プロフィール

30代 男性 九州地方在住

S社営業マン→S社本社勤務を経て、現在はトラック業界に勤務。
二児(もうすぐ三児)の父。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. ジープ・ラングラー
    ジープは厳密にはSUV(スポーツ多目的車)というより、CCV(クロスカントリー車)という方が相応しい…
  2. ジープ・ラングラー
    おそらくクルマに興味のない人にでも車名と外観が一致する数少ない一台ではないでしょうか。 ある一定の…
  3. ジープ・ラングラー
    前述の通り、ジープ・新型ラングラーアンリミテッドSportのエンジンはV型4気筒DOHCエコターボ1…
  4. ジープ・ラングラー
    さて、お楽しみの試乗ですが、ある意味このクルマもスポーツカーと同様、「極限の状況下で使われることが前…
  5. ジープ・ラングラー
    さて、ジープラングラーの内装は冒頭からこんな事を言うのもどうかとは思いますが、もしジープの購入を検討…
  6. ジープ・ラングラー
    今回、ご紹介するクルマは去る2018年11月にフルモデルチェンジしたクライスラーのSUVジープラング…
  7. トヨタ・新型カローラスポーツ
    おそらく、クラウンと並んでカローラもまた、トヨタ車の中で最も開発者が頭を悩ませる商品なのかもしれませ…
  8. トヨタ・新型カローラスポーツ
    クラウンの試乗レビューでも触れましたが、トヨタの有名なスローガン「80点+α主義」を最初に掲げたクル…
  9. トヨタ・新型カローラスポーツ
    トヨタがハイブリッド車プリウスを発売して早21年、当時は街中をプリウスで走ってるとまるでスーパーカー…
  10. トヨタ・新型カローラスポーツ
    さてお楽しみの試乗インプレッションですが、まずはEVモードを試してみようと思ったもののハイブリッド用…
ページ上部へ戻る