ホンダ・N-ONEターボ車試乗 静粛性に優れた車内、パワフルなターボエンジン(1/8)

2015年7月にマイナーチェンジしてカッコよくなったという噂のN-ONEを試乗してきました。
まずはその走り心地と乗り心地についてインプレッションをお届けします。

ホンダ・N-ONE Premium Tourer ローダウン

ターボ仕様のPremium Tourer ローダウンに試乗

私が今回試乗したのは、N-ONE Premium Tourer、さらにLOWDOWNバージョンでターボ車でした。
このマイナーチェンジで新たに追加されたモデルとなります。
N-ONEの中でもグレードや車高などの組み合わせでいろいろあるタイプがある中、最上位モデルを試乗することができました。

これまで個人的には普通車にしか乗ってこなかったので、実は軽自動車に乗るのはほぼ初めて。
「軽は走りがイマイチなんじゃないか・・・」と勝手な思いこみがあったのは事実です。
軽くて小さくて安い、その分走りも非力ではないかと思っていました。
そんな思い込みもありながらも・・・早速試乗です。

まずはスマートキー。
軽だと基本的にキー自体もレベルが下がるのかと思いきや、今や軽もスマートキーが基本になってきているとのこと。
ホンダ・N-ONE Premium Tourer ローダウン スマートキー
デザインもかわいらしいですね。

そして、エンジン始動!
ホンダ・N-ONE Premium Tourer ローダウン メーター

エンジンをかけると車内の音は静か!
そして走り出しもスムーズ!
小さい車体で可愛くて、そして小回りもきいて走りやすい。
運転席からの視界も良好で、普通車と違いをあまり感じないほどでした。
N-ONEは軽なので660CCのエンジンですが、今回試乗したPremium Tourerにはターボが付いているので、走りの力強さも感じました。
十分走る!! 走り心地すごくイイ!! 
軽だからエンジンが非力・・・なんて全く感じませんでした!
走りに関しては、普通車を運転している感覚と変わらないというくらい、満足できるものでした。

アップダウンのない平坦な道ではハンドルも安定していてとてもスムーズで、しっかりとした走りをしてくれていました。
アクセルを踏んでスピードがあげていっても、無理しているような感じもなく回転数も一気に上がることはありませんでした。
軽はスピードアップでエンジンフル回転でしょ・・・と思っていたので(苦笑)、安定した加速に感心するほど。
エコドライブができるようになっている「E」という機能も付いているので、エコ運転もしやすい。
運転していてとにかくとても走りやすい!と感じました。

ホンダ・N-ONE Premium Tourer ローダウン

スポンサーリンク

驚くほど静かな車内

そしてN-ONEは静粛性にこだわっているそうで、防音性も高めてあるのだとか。
確かに、その車内の静かさにとても驚いたんです。
「こんなに軽自動車って静かなんですか?」と営業さんにお聞きしたら、「N-ONEだからです!」とのこと。
最近の軽自動車が静かになっているという訳ではなく、N-ONEが静かだということですね。
しかし本当に驚くほど静かでした。
今回試乗したのはターボ車でしたが、ノンターボ車だともっと静かだそうです。

小回りもきいて走りもとてもスムーズでしたが、坂道になったらやっぱり少し馬力が足らないとかなるんでしょ・・・?と思っていたので、試乗で坂道を走らせてもらいました。
結構急な坂道を上ってみたのですが、これまた予想に反して全然大丈夫でした。
むしろ力強さを感じたくらい。
坂道を上っていても一気に回転数が上がることがなく、今回はターボ車だったのでそのパワーのおかげもあるとは思いますが、坂道も変わらず走りやすくて、しかも車内は静かでした。

そして、ブレーキの感触に関しては、普通車と変わらないような踏み心地でしっかり効いていました。
少し踏むだけで結構効く感じです。(車重が軽いからかな?)
ガックンとなるような感じとかではなく、しっかり止まってくれるという感じで、安心感のあるブレーキでした。

そしてシートについてですが、運転席の座り心地も良かったです。
車内の静かさはもうお伝えした通りですが、視界が広い。
屋根と車体の間の柱をサイドミラー側に寄せて、広い視界を作ったんだそうです。
ホンダ・N-ONE Premium Tourer ローダウン 内装

視界が広く周りもよく見えたので、スピードを出していて気持ち良く、運転をしていて楽しくなりました。
今回試乗したN-ONE、デザインが可愛くて走りも良くて、運転していて楽しくなりました☆

今回試乗した【N-ONE】のスペック
車名 N-ONE メーカー名 ホンダ
グレード名 Premium Tourer ローダウン 車両重量 870kg
発売日 2015年7月17日
新モデルとして追加
全長×全幅×全高 3395× 1475× 1545mm
乗車定員 4人乗り ホイールベース 2520mm
排気量 658cc 最小回転半径 4.7m
駆動方式 FF 最高出力
(kW[PS]/rpm)
47[64]/ 6000
ミッション CVT 最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
104[10.6]/ 2600
燃料 レギュラーガソリン エンジン 水冷直列3気筒DOHC12バルブターボ
JC08モード燃費 23.6km/L 型式 DBA-JG1
現行モデル発売 2012年11月~
[初代]
タイヤサイズ 165/55R15 75V
Facebook コメント
あなたの愛車にとんでもない価値があるかも!

古い年式でも、走行距離が10万キロ以上のクルマであっても意外な値段で売れることがよくあります。今乗っているクルマにこの値段が付くのであれば、新型に乗り換えたいな…ってなるかもしれません。

是非一度、ネットで無料一括査定をしてみることをおすすめします。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

あなたのN-ONEを1万円でも高く売りたい方へ

ディーラーに下取りを出すと損します。あなたが今お乗りのN-ONEを少しでも高く売るには、中古車一括査定サイトを利用するのがベスト。車両にもよりますが、平均するとディーラーの下取り額よりも数十万円高く売却することが可能です。

ディーラーよりもかなり高く売れる理由はカンタン。複数の中古車買取専門業者が競争するからです。こういった業者は10年以上乗った車でもバラしてパーツにして輸出したりして売るので、かなり古い車でも買取してもらえます。ディーラーだと逆に廃車費用を取られてしまいますが・・・。

新車の試乗や商談に行く前にまずは今乗っているお車の価値を把握しておくのも大切です。相場がわからないと相手(ディーラーの営業マン)のペースで商談が進んでしまいます。

そういった意味でも、次のお車を検討している方は、まず、今乗っている車を査定してもらいましょう。もちろん、以下に記した中古車一括査定サイトから申し込めば、査定は無料です。

査定の申込みは数分で完了します。今すぐお試しください。以下がおすすめの中古車一括査定サイトです。

ここでは6つ紹介しましたが、それぞれの一括査定サイトに参加している買取専門業者は異なるので、出来るだけ複数のサイトで査定申込みをしてみましょう。

状態の良い中古車をお探しの方へ

ネットで簡単に探せますよ。以下からどうぞ。

N-ONEの自動車保険を見直し検討している方へ

以下の一括見積サイトがおすすめです。比較検討して一番安く条件の良い自動車保険を探しましょう!

事故車を売却するなら・・・
廃車を売却するなら・・・
ランクル、ハイエースを探している方へ
ドライバー必携のクレジットカード・ETCカード
  • イオンカード(WAON一体型) がおススメです。入会金・年会費無料!ETCカードも発行・年会費無料、クレジットカードと同時に申し込めます。
  • ENEOSカード はドライバーズNo.1カードです。ガソリン1リットルあたり最大7円引き。最大3%還元。年1回の利用で年会費無料。初年度年会費は無料。24時間365日全国ロードサービス!
新車を購入検討している方へ

オートックワンの新車見積もりサイトは、希望しない訪問は一切ないので安心して利用できます。手続きは1分で完了、複数の車種の見積り依頼で徹底的に比較できます。

N-ONEを自分でガラスコーティングしたい方へ

ピカピカレイン プレミアム という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。女性の方でも簡単に施工できますよ。

ネットでN-ONEの車検予約したい方へ

車検一括見積がおすすめです。一番安く済む車検店舗を探しましょう!

スポンサーリンク

和知 まりあ

和知 まりあ認定ライター

投稿者プロフィール

30代 女性 神奈川県在住

猫好きの運転好きの30代晴れおんなです。いろんな車に乗るのが好きで、カーシェアーにも登録しました!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

在宅ライター募集中!

クルマ好きの方からのご応募をお待ちしております。 詳細はこちらをどうぞ。

新しいレビュー記事

  1. トヨタ・ハイラックス
    ハイラックスの比較対象となる車種ですが、ピックアップトラック自体が国産車のラインナップから消えて久し…
  2. トヨタ・ハイラックス
    実は、かつては日本にも沢山のピックアップトラックが存在しました。 キャブオーバー型トラックが一般化…
  3. トヨタ・ハイラックス
    今から15年以上前ですが、筆者が当時勤めていた会社の社用車の車検の代車で一度だけハイラックスに乗った…
  4. トヨタ・ハイラックス
    お楽しみ、ハイラックスの試乗レビューです。 このクルマもハンドリングとかレスポンスがどうのという評…
  5. トヨタ・ハイラックス
    新型ハイラックスはトラックだからといって、内装は商用車のような素っ気ない物という事はありません。 …
  6. トヨタ・ハイラックス
    近年のトヨタ車の特徴としては、往年のブランドのリバイバル路線というのがあるのではないでしょうか? …
  7. 日産・リーフ
    新型リーフの価格は3,150,360円~3,990,600円と、車格と比較すると少々高価かもしれませ…
  8. 日産・リーフ
    最近、自動車業界では何かと話題に出てくる「自動運転」、最近は自動運転の認証に向けて公道上ので実験も解…
  9. 日産・リーフ
    肝心の走りですが、スポーツカー好きや旧車好きからは不評を買ってしまった180SXと旧型リーフの競走の…
  10. 日産・リーフ
    なにしろ、電気自動車という内燃機関とは全く概念の異なる車両ゆえに、既存のガソリン車との比較が難しいた…
ページ上部へ戻る